岐阜3区 2003年 衆議院議員 小選挙区
2005年衆議院選挙当選者全員    岐阜3区の2005年衆議院選挙結果     岐阜3区の現在までの選挙結果
武藤 嘉文 むとう、かぶん 岐阜3区
武藤 嘉文 衆議院 小選挙区 岐阜3区
1926年11月18日生 77歳(2003年11月20日現在)
当選時:自由民主党   前  当選回数 13回
最終学歴:京大
議員になる前:
大臣歴:農林水産大臣(昭和54年),通産大臣(平成2年),外務大臣(平成5年),
総務庁長官(平成8年)
個人ホームページ:http://homepage2.nifty.com/610-kabun/
党行革推進本部最高顧問
農相、通産相、外相、総務庁長官
=公保推薦
世襲議員 祖父は武藤嘉門で県知事、父親は武藤嘉一 2003年 衆議院
 岐阜3区(関市◇美濃市◇羽島市◇各務原市◇羽島郡川島町,岐南町,笠松町,柳津町◇本巣郡北方町,本巣町,穂積町など◇山県郡高・町,伊自良村,美山町◇武儀郡洞戸村,板取村,武芸川町,武儀町,上之保村)
      2003年選挙得票
1 武藤嘉文 自民党 当選 115,221
2 園田康博 民主党 比当 110,796
3 宮川勝義 共産党 15,278
武藤氏派選挙違反 票まとめで現金渡す 逮捕の後援会幹部が供述 連座制適用を視野
(2000.07.08 中日新聞 朝刊社会面)

 衆院総選挙岐阜3区で当選した武藤嘉文氏(自民)の後援会「嘉友会」幹部による選挙違反事件で、買収の疑いで岐阜県警に逮捕された羽島郡嘉友会連合会長、松原登士弘容疑者(73)が七日までに、連合会傘下の町後援会長に渡した現金各十万円について、「選挙運動に使うために渡した」と票の取りまとめの趣旨があったことを認める供述を始めた。松原容疑者は町後援会長に選挙運動の指示をする立場にあり、岐阜地検は拡大連座制適用を視野に入れて、来週にも名古屋高検との協議に入る。

 同県警捜査二課などの調べで、松原容疑者は総選挙で武藤氏の苦戦を予想し、有権者への電話作戦を強化するよう町後援会長に指示を出していた。さらに公示日ごろに「電話代にしてくれ」などと、同郡柳津、川島、岐南の三町の後援会長に事務所などで現金十万円ずつを手渡したとされる。柳津町の場合、後援会長の自宅まで出向いて現金を渡していたことも分かった。現金を受け取った各町嘉友会長も趣旨を認めている。

 一九九五(平成七)年に施行された改正公選法では連座制を強化。後援会の支部など組織的な選挙運動の計画立案や監督をする立場の者を「組織的選挙運動管理者」としている。岐阜地検は名古屋高検と協議し、松原容疑者が管理者に当たるかを判断する方針だ。

 同法では組織的選挙運動管理者が悪質な選挙違反を犯し、禁固刑以上の有罪が確定したのを受け、高検が高裁に連座制を適用するよう行政訴訟を起こす手続きになっている。認定されれば当選が無効となり、五年間、衆院選で同一選挙区からの立候補が禁止される。中日新聞社

連座制適用を断念 武藤氏派選挙違反 幹部の1人を起訴 岐阜地検など
(2000.07.15 中日新聞 朝刊社会面)

 衆院選岐阜3区で当選した武藤嘉文氏(73)=自民=の後援会「嘉友会」幹部の選挙違反事件で、岐阜地検は十四日、公職選挙法違反(買収)の罪で、羽島郡嘉友会連合会長で同郡笠松町商工会長の松原登士弘容疑者(73)=笠松町中野=を起訴した。しかし、拡大連座制の適用を検討していた名古屋高検と同地検は、裁判所側に起訴から百日以内に判決を出すように求める「百日裁判」の通知書類を提出せず、事実上、武藤氏が当選無効になる連座制適用を断念した。

 松原被告について、岐阜地検と名古屋高検は今週に入り、公選法の拡大連座制の適用について協議してきた。しかし、▽羽島郡嘉友会連合会は独自の収入や活動、会員がなく、組織性が弱い▽などとし、同被告を連座制適用対象となる「組織的選挙運動管理者」には当たらないと判断した。松原被告は十四日、保釈金五百万円で保釈された。

 岐阜地検の関本倫敬次席検事は「選挙運動の電話作戦については、六月二日に開かれた羽島郡の自民党と嘉友会の役員会議で決定されたが、松原被告は欠席していた。武藤氏との意思疎通の面でも接点がなかった」と説明した。

 柳津町嘉友会会長で元同町議の浅野和男(76)=柳津町本郷、川島町嘉友会会長で前同町議長の熊沢英夫(60)=川島町松原町、岐南町嘉友会会長で農業杉江利雄(73)=岐南町伏屋、同会幹事長で岐南町議華井真志(68)=同町下印食=の四容疑者については、岐阜区検が公選法違反(被買収など)の罪で略式起訴。岐阜簡裁はそれぞれ罰金五十万円、公民権停止五年などの略式命令を下した。

 起訴状によると、松原被告は六月十三、十四の両日、岐南町の羽島郡嘉友会連合会事務所などで、浅野、熊沢、杉江の三被告に投票とりまとめなど選挙運動への報酬として、現金十万円を手渡した。杉江被告は同事務所で華井被告に現金十万円を手渡した。   中日新聞
1 区 2 区 3 区 4 区 5 区
糾弾トップ 衆議院選挙マップ 糾弾の趣旨と提言 何でもデータ 前ページに戻る

糾弾掲示板にご意見をお書きください。