島根1区 2003年 衆議院議員 小選挙区
2005年衆議院選挙当選者全員    島根1区の2005年衆議院選挙結果     島根1区の現在までの選挙結果
細田 博之 ほそだ、ひろゆき 島根1区 重複立候補
細田 博之 衆議院 小選挙区 島根1区
1944年4月5日生 59歳(2003年11月20日現在)
当選時:自由民主党   前  当選回数 5回
最終学歴:東大
議員になる前:通産省
大臣歴:科学技術政策担当大臣(平成14年)
個人ホームページ:http://homepage1.nifty.com/h-hosoda/
官房副長官
通産省課長、通産政次官、科学技術・IT担当相
=公保推薦
世襲議員 父親は衆議院議員(細田吉蔵)
島根1区(松江市◇安来市◇八束郡◇能義郡広瀬町,伯太町◇隠岐郡西郷町,布施村,五箇村,都万村,海士町,西ノ島町,知夫村◇平田市◇仁多郡◇大原郡)
      2003年選挙得票
1 細田博之 自民党 当選 117,897
2 浜口和久 民主党 61,071
3 上代善雄 共産党 14,237
細田議員事務所によると、96年1月から昨年12月まで日本道路興運から運転手の派遣を受け、給与の半分程度を肩代わりしてもらっていた。 同社側が負担したのは年間約400万円で、96年から昨年まで計3143万円になるという。同社とは、父親で運輸相を務めた吉蔵氏のころから付き合いがあり、同社側から00年から02年にかけて寄付やパーティー券購入で計460万円の資金提供を受けていた。

日本道路興運は、日本道路公団や官公庁を中心に運転手を派遣する「車両管理業務」の委託を受けており、道路公団が02年度に委託した総額55億円のうち19億円を受注している。役員1人を含めてOB4人が天下っている。 (Asahi 05/19)
細田官房長官を告発へ 運転手給与肩代わりで
 細田博之官房長官の運転手給与肩代わり問題で、大阪市の市民団体「政治資金オンブズマン」のメンバーらが、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の疑いで細田長官と政治資金管理団体の会計責任者を近く東京地検に告発することが11日、分かった。

 また同オンブズマンは、日本歯科医師連盟から自民党旧橋本派への1億円の献金問題でも、橋本龍太郎元首相ら2人を告発するとしている。
 告発状などによると、細田長官は1996年1月から2003年12月にかけ、日本道路公団の取引先の運転手派遣会社「日本道路興運」(東京)から運転手給与の一部約3142万円の肩代わりを受けた。

 細田長官側は今年5月、肩代わり分は献金に当たるとして、細田長官が代表を務める自民党島根県第1選挙区支部の収支報告書について、過去4年分(2000-03年)の約1500万円の修正を申告。(共同通信) [8月11日23時34分更新]
1 区 2 区
糾弾トップ 衆議院選挙マップ 糾弾の趣旨と提言 何でもデータ 前ページに戻る

糾弾掲示板にご意見をお書きください。