ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.143 )
日時: 2012/11/30 06:22:09
名前: 遂犯無罪

鈴木宗男氏の再審請求の新証拠は”ブツ”であると情報が流れていた、ブツが出れば受理せざるを得ない
そのブツとは・・「検察が想定問答押しつけた」

再審を求めたのは、受託収賄とあっせん収賄の2事件。「新証拠」として、鈴木氏の公判に出廷した証人に検察側が事前に渡したとされる想定問答を提出した。証人の記憶に関係なく捜査段階で作られた調書の通りに答えるよう、検察側が証人に押しつけたと主張している。

過去の事例からこのブツは証拠価値が低いと思われるが、近時は再審請求が続出している、これは以前に西独でされたように疑わしい過去からの冤罪事件の見直しをしたところ多くの誤判が判明、司法の信頼は低下するどころか威信が高まったという。

2011年11 月に、三鷹事件の再審を遺族・弁護団が申し立て、東京高裁第四刑事部で審理されてきましたが、本年7月13 日に裁判所・検察・弁護団による第1回三者協議(進行協議)が開かれることになりました。
再審申立から8ヵ月。他の再審請求事件と比べると異例ともいうべき短期間での協議開始です。

遂犯無罪の再審請求は6月に提出、2ヵ月後には受理された、しかしこの三者協議とやらにはどうも相変わらず蚊帳の外だ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存