ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.148 )
日時: 2013/03/19 07:52:09
名前: 遂犯無罪

当再審裁判では、実体的真実に基づいた裁判を要求・主張する

刑事6部の棄却決定書には、検察官及び請求人の意見を聴き決定した・・とあるが、請求人としては、検察側の意見書の内容が知りたい。
一次再審請求事由のひとつに、検察官の偽造署名を挙げているが、これに対しての反論に関心がある、またこの高橋真訴訟は上告継続中であり、最高裁の検面調書偽造に対する違憲判断が待たれる。

再審裁判ゆえに、裁判の効率・迅速化、また可能な限り真相に近い事実(実体的真実)を追求する観点からも、申立人は、上記、八王子支部・平成10年(ワ)第1957号訴訟に関与した、4人の弁護士に対して、裁判所は求意見されたい。


刑事一審 国選弁護人・津山斎
刑事二審 私選弁護人・原和良 佐藤仁志

民事 原告代理人 赤沼康弘・西山弘子
    被告代理人 山下正祐 ・渡邊良隆

ttp://www.suihanmuzai.com/130318.jpg.html


※ 事件相談した弁護士が敵性になり虚偽告訴幇助をした、これも解決を困難にしている。
  手抜き国選が作る冤罪事件は多発している。               
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存