ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

虚偽告訴事件で有罪とは弁護人に問題あり ( No.182 )
日時: 2019/01/03 17:13
名前: 遂犯無罪 ID:3V7QFelw

虚偽告訴事件で有罪とは弁護人に問題あり 刑務所で俺は一体何をしたのだろうと考え続けていた。

暇人とはたぶん中核派だろうから知っての通り、無罪主張をすれば判決書に反省悔悟の情がないと記されて仮釈放は望めない、また死刑囚であれば刑執行の恐怖と闘わなければならず、反省や謝罪のことなど全く考えられなくなる。

接見に現れた控訴審の私選は、開口一番に「何故にパラノイアにされたの」隣接する裁判所で記録を読んでの感想である、満期出後に知るが虚偽告訴人の共謀者須崎の検事面前調書を読んで、長い不審が解かれ安堵・納得した、これでは実刑は当然至極である、このサワリを明かせば、「全く知らない男が居住する家に入り込み、寝泊り飲食や泥棒をした・・これには仰天した、もしそうであれば原田國男裁判官は被告人を簡易精神鑑定すべきであった。

しかし員面調書で須崎は、知らないこの男から八百万以上戴いている、更に二カ月前には男と海外旅行をしているとも供述している、因みにこの旅行は二年間で3回、それが家に居座った男にされ、一審実刑を見計らい損害賠償訴訟を提起、服役中の黒羽刑務所に自己競落調書を送り付けた、
暇人のせいで新春早々に、これが赦せるかと昂ぶってしまった、お前ら過激派が見たい元全学連委員長のトリック控訴趣意書の公開は当分お預けだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存