ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.39 )
日時: 2009/11/01 21:12
名前: 遂犯無罪

やはり当方の事件を突破口とした司法制度崩壊のシナリオは存在します 近時の冤罪事件の続出は界面下でのネットワークの成果です 布川再審開始は年内に有るかも知れません。
http://a.hatena.ne.jp/ken-kataoka/

帝銀事件などかなりあります この方をご覧下さい。

私の本当の検面調書は副検事が口述し、当時25歳位の事務官が書き取ったのです。
しかし、裁判で出てきた調書の筆跡は素人の私が見ても副検事の跡です。
もう一つの鑑定は、私の指紋と調書の指紋が完全に符合したという指紋鑑定結果でした。
しかし、後述するように、一致していませんでした。
事実は検事が調書を捏造し、自分で指印したのです。
この調書に押してある指紋は私のものではないのです。
http://www4.kcn.ne.jp/~koma/

検察の取調で「あんたの話など訊いていないよ」 たぶんこうだろう 見込み捜査をする 捜査とは必然的に冤罪を産出す要素を秘めている。
起訴したら検察は証拠の捏造をしてでも有罪に持ち込む この証拠に能力を与えるのは科警研のイカサマ鑑定。

足利再審の主たる争点は鑑定の不審にあります これを証明すれば仙台の弛緩剤事件などに影響をして 過去の多くの冤罪事件も覆ります。
かつて西独で法務大臣の命令で再審事件の見直しがされた その結果 司法の威信は高まったという。
こうした動きが確かにあります。 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存