ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

労働生産性 ( No.153 )
日時: 2017/01/12 19:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tAcyNJuQ

労働の生産性という言葉をご存知でしょうか。
その国の労働者一人当たりの付加価値(GDP)の生産力の事です。
今日の新聞に、日本のそれは世界で35番目となっている。
その順位を下記にあげますが、一見、日本人はそんなに怠け者であったかと耳を疑います。


1 マカオ 223,713
2 ルクセンブルク 201,457
3 カタール 199,059
4 ブルネイ 148,911
5 シンガポール 143,801
6 サウジアラビア 136,077
7 クウェート 134,093
8 ノルウェー 125,114
9 プエルトリコ 117,064
10 アイルランド 113,311
11 米国 111,083
12 香港 104,104
13 ベルギー 101,395
14 スイス 98,381
15 アラブ首長国連邦 97,245
16 フランス 96,242
17 イタリア 92,868
18 オランダ 91,813
19 スウェーデン 90,770
20 オーストリア 90,696
21 デンマーク 89,533
22 ドイツ 88,036
23 オーストラリア 87,992
24 フィンランド 87,138
25 スペイン 86,855
26 カナダ 83,402
27 バーレーン 82,969
28 イギリス 78,637
29 アイスランド 76,011
30 ガボン 75,383
31 イスラエル 74,254
32 マルタ 73,760
33 ニューカレドニア 73,127
34 ギリシャ 72,292
35 日本 72,110
36 オマーン 70,536
37 チャンネル諸島 70,324
38 仏領ポリネシア 69,636
39 韓国 68,873
40 ニュージーランド 68,015
41 スロベニア 64,510
42 イラク 63,380

(中略)
63 キューバ 46,470
64 パナマ 45,945
65 ロシア 45,929
66 ヨルダン 45,624
67 モンテネグロ 45,174

(中略)

102 スワジランド 25,127
103 タイ 24,431
104 エクアドル 24,303
105 中国 23,866
106 セントルシア 23,426
107 サモア 23,175
137 パキスタン 14,225
(中略)

150 ガーナ 8,952
151 コートジボワール 8,902
152 ケニア 8,260
153 レソト 8,173
154 キルギス 8,020
155 ソロモン諸島 7,745
156 セネガル 7,664
157 バングラデシュ 7,492

(中略)
188 コンゴ民主共和国 1,922
189 マラウイ 1,908
190 ブルンジ 1,453
191 ソマリア 1,421
192 中央アフリカ 1,336

999 世界計 33,191

まあ、よくもこれだけ調べたものですね。
世界の200か国から見れば、35位はそれなりのものですが、先進国の中では最下位に近いです。

ところで皆さん、こんな数値で嘆かれることはありません。
労働生産性=GDP÷就労者の数ですが、ここに失業者は入っていません。

また、大企業に連なる企業で働く人は労働生産性が高くても中小零細企業で働く人はあまり高くありません。

北欧など小さな国で労働生産性が高いのは、その国の企業が平均して高度な生産体制の下に動いているからです。
日本のような大きな国では、国全体の底上げは難しくなります。
アメリカなどの労働生産性が高いのは、アメリカの大企業のGDPの合計が格段に大きいからです。

またフランスのように、外国から移住してきた労働者を自国の就労者にカウントしてない国もあります。
ギリシャの生産性が日本と同じくらい高いのは、ギリシャの多くの失業者を分母としての就労者に入れていません。

ここでお分かりと思います。
失業者が多いと、その分労働生産性が高く評価されるのです。

我が国では、日本の労働生産性が低いことを憂いて改善を求めているようですが、簡単に言えば中小零細企業を破たんに追い込み失業者を増やせば労働生産性は上がることになります。

労働生産性を問題にするときには、その国の産業構造に触れなくてはいけません。
無理に労働生産性の結果を求めることは、ますます構造的格差を拡大することにつながります。
労働生産性の順位になどこだわらず、格差の少ない産業構造を構築を考えねばなりません。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存