ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 貧困の構造 ( No.160 )
日時: 2017/10/29 15:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:vgkTi/JE

みずほ銀行が従業員の1/3に当たる19000人の人員削減を言い出した。
今後10年間で実施するそうである。
理由は、低金利時代が続き利益が出ない時期でもあり、業務のIT化が進み人件費の削減が必要であり、また可能と判断したかれである。

これはみずほ銀行に留まらず殆どの金融機関も考えているらしい。
金融業界だけではなく全産業分野において、雇用が喪失する。

この事は次の文章によっても以前から警鐘されている。

>ロボットが人から仕事を奪う...将来的には日本の仕事は半分がなくなる?

ITやコンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む現代社会。多くの専門家により、これまで人間にしかできないと思われていた仕事の大半は、未来の世界では人工知能(AI)を搭載したロボットなどの機械が取って替わると指摘されている。

野村総合研究所は、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボットで置き換えが可能という推計を発表しました。人工知能による仕事の置き換えについては、2013年にオックスフォード大学が発表した推計がもっとも有名で、米国の労働市場における仕事の47%が人工知能もしくはロボットで置き換えが可能だという結果でした。

イギリスでは今後20年以内に「全労働人口の3人に1人が、ロボットやコンピューターによるオートメーションに仕事を取って代わられる可能性がある」とする報告書が発表された。

報告書によると、イギリスの全労働人口の3人に1人であるおよそ1080万が、仕事を失う危険性があるという。失われる仕事の内訳としては、低賃金で単純労働の仕事が機械に取って代わられる場合が一番多い。

(引用終わり)

勿論、新しい産業は生まれているが、それで仕事を失う人々を吸収できるものではない。
高度な技術を持っていたり、知識の豊富なエリートは生き残れるであろうが、普通の人間では幾ら働く意志、能力があっても仕事に就けないことになる。

既に、その様な時代は始まっていて、多くの人が隙間産業の中で定収入の仕事にありついている。
高収入を得て、組織の中枢に残れる者と弾き出される人間。
組織自体を動かせる人間と平凡な労働者。
グローバル化によって全ての組織の集約化が進み、生き残れるのは、IT化、ロボット化に成功した組織のみ。

この様にして、日々集約化が進み、気が付くとトンデモない社会が構成されているのである。
そこではあらゆる生産、流通の組織を握ったエリート集団と、それによって弾き出された多くの生きる為のせめぎ合い。
現在言われている格差どころの話しではない。

市場主義経済の宿命、行きつく所はこのような社会。
もう、皆さんも、この様な将来が見え始めているのではないか。

これに対して国家はまるで無防備である。
TPPなど、さらなるグローバル化を目指しても、その後に来る大きな問題には見向きもしない。
今の時点で手を打たねばならないのに

景気対策だ、人手が足りないなどと極表面的な対策よりしていない。
本当に政治とは、馬鹿者、無責任者がやつことだ。

経済学者、社会学者も使命を忘れ、己の身分、立ち位置の安全ばかり守っている。
誰も啓蒙さえ発するものがいない。

貧困の構造の究極の姿は、今、現在の姿等ではなく、人類の宿命的なものであるのだ。
我欲をコントロール出来ない人間共が、死の行進をやっているのだ。

為政者も民衆も!
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存