ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1101] 貧困の構造
日時: 2011/06/15 10:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dsDdpM5o



ここに人口減少県の推移を上げる。

1920〜25年   2
1925〜30年   0
1930〜35年   3
1935〜40年   22
1940〜47年   3
1947〜50年   1
1950〜55年   7
1955〜60年   26
1960〜65年   25
1965〜70年   20
1970〜75年   5
1975〜80年   0
1980〜85年   1
1985〜90年   18
1990〜95年   13
1995〜00年   24
2000〜05年   32

これは人口が流出した都道府県の数であり、人数をあらわしているものではない。
年配の方ならこれが示す意味を御分かりでしょう。

1955〜70年の時代は、それこそ我が国の経済も行け行けドンドンの時期であり、都市部の人手不足を解消するため、都市部で働くために人口の大きな移動が続いた。
ところが、1985〜現在に至る都市部への人口の集中は、我が国の生産体制が海外へシフトを始めた時期であり、労働を求められて移動していた時代と様相が異なる。
さらに、地方からの人口の流出は年々激しい勢いで増している。
2000〜05年に至る過程は異常な数値となっている。

これが意味するところは、1985年頃に起きた「前川レポート」の論理に基づいて、この頃から地方の切捨てが始められ、地方で職がない人が、都市部を頼って流出した事になる。
都市部でネットカフェに宿泊する人間や、公園を住居にする人たちが目立ち始めた頃とも一致する。

ワーキングプアは現実に存在するのである。
5年に一度、国政調査を行いこのような統計も掴みながら、政策に何の反映もしてこなかった、自民党政権の本質は、年金問題に留まらず斯くのごときものである。
都市部のタクシーが異常に増え、少ない給料で働く運転手のことなどを、規制緩和の影響などと、話をそらして平然としている奴等を一刻も政権に留めておくことはならないのだ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

現代社会の 貧困の構造 ( No.166 )
日時: 2018/11/19 11:07
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:yiRl4QOw

政府は、貧困の問題を考える上に、景気の話で誤魔化しています。

好景気が続けば、人々の生活は豊かになり貧困問題は小さくなる。

確かに、神武景気となどと言っていた時代は、好景気のおかげで大方の人々は職にあり付け、収入も、それなりに確保できていた。
1億、総中流と思っていた時代である。

グローバル化が進んだ現在、政府が発表する好景気と貧困の問題は別のものである事を、認識しようとしない。
人々も、昔の事を思いだし、景気が良くなればおのずと自分たちの生活も楽になるものと思い込んでいる。

一昔前と違って産業構造が変わっていることを安易に考えている。
随分と昔、人類が繰り返していた困窮は、干ばつなど天候の加減で農作物が出来なくなり飢饉に陥ることであった。

現在では生産技術の発達で先進国においては飢饉などは発生しない。
当時は労働者の8割は農民で農作物さえ採れれば飢餓は避けられた。

現在、農民は労働人口の3%、200万人を切っている。
殆どの人々は就労による現金収入が無ければ生きては行けない。
要するに食べるものはあっても購入する事が出来ない。
購入出来なければ昔のような飢饉と同じである。

幸いな事に社会福祉があるので餓死する人はあまり出ていない。
最も、現代社会において食べることだけならば、せいぜい毎月、5万円もあれば生きていける時代でもある。
でも、困った事に現代社会では食べる事の他に、住宅、自動車、生活の為の通信の費用がかさんでくるので5万円では生きては行けない。

実質、生死の間を彷徨うような状態で生活する事を強いられている。
その昔、天災におびえながら生活していたのと同じである。

特に都市部に住んでいては大変である。
山川で植物を採取することも出来ず、周囲で菜園を作る事も出来ず、生き延びる方法はない。
結局はホームレスとなる以外にないのである。

この様な人々が生活保護で生き延びられても、それは普通の生活ではない。
人間として自立して生きているとは言えない。

貧困とは、何であろう!

近代国家とは、大半の国民が安心して生活できる事を目的とした行政組織ではなかったのか。
その近代国家が、多くの国民が疲弊し、生きて行くこと自体に不安を感じていても、それを認識しようとはしない。

現代社会の貧困は、天災地変での天候のせいでもなく、我々人間自身の行動が招いた結果であり、何時まで待っていても改善は期待できないばかりか、ますます酷くなる傾向である。

政府は人で不足と嘯くが、実際には若年労働者に限ってのこと。
生きるための職場は、グローバル化の影響で、段々と統合され、大手企業か、その系列に属さねばならず、機械化が進んだその企業出は手作業に従事する労働者など求めていない。

人生80年と言う高齢化社会で、一旦、職を離れた高齢労働者は、収入に不安を抱えながら数十年を生きねばならない。
老いも若きも、身近に何かの仕事が見付けられた昔の環境とは異なってきているのである。

この様な産業構造の変化を軽く見ている傾向がある。
もちろん、生産技術の発達の恩恵もありグローバル化は避けられない方向である事は認める。

しかしながら、人知はこれを克服できるはずであり、しなければならない。
生活保護などで人々を飼い殺しするのが社会ではない、国家ではない。

少なくとも現代の国家は、このような観点から施策を検討しているとは思えない。
すぐさま良案が浮かぶとも言わないが、最悪の事態になるまでに打つ手を考えなばならないことは確かである。






メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存