ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1110] 消費管理政策、その他
日時: 2012/01/03 00:45
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

元経済官僚で経済学者の高橋洋一氏が政府紙幣というものを言っております。
これは0金利永久国債で日銀調達するのと同じことです。
政府紙幣を発行し、日銀に持ち込んで、日銀券と交換するというものです。
政府紙幣だろうが、0金利永久国債だろうが同じことです。
債務負担無しでお金を日銀から引き出すということです。

しかし政府紙幣には、何でそれをするのかという理念がありません。
単に経済成長のためというだけです。
これでは上手く行かないでしょう。
0金利永久国債には、マクロ的に不公正を是正するという理念があります。
こういう理念を持つから、社会の問題の解決に繋がるのです。
(ケインズはこれを知らないので失敗した)

私は供給の許す限り、信用の増大(通貨増刷)を行ってもかまわないと考えました。
これを消費管理政策と名づけました。

現在の問題は経済のメインストリート
消費→生産→設備投資、研究開発投資、雇用→消費
にお金が流れないことです。

これを消費にお金を注入することでお金を流そうということです。
政府紙幣も同じことを考えています。
何が違うのか。公正という理念を持たなければ、政策を行っているうちに
他のところに、お金が流出してしまうからです。
-----------
ギリシャ危機
腹立たしい状況が続いている。
ユーロ危機、PIGS、英国などではデモが吹き荒れている。
ギリシャはユーロ加盟のため、金融、為替政策が使えない。財政政策は激しい緊縮を求められ、デフレが渦巻いている。

こんな状態でどうやって経済を回復させるのかと、ほとんどの専門家が諦めている。打つ手が無いと。
ひたすら何もせず、ヘアーカット(債務削減)を待っている。そして落ちるところまで落ち、自然回復するのを待っている。

世界に何万人、経済学者が居るのだろう。何で解決策がわからぬのだろう。
人間とは考える動物というが、実はサル並みの知能しか持ち合わせていないのか。

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
ギリシア危機 

ギリシアのデフォルト(これは国債金融危機を引き起こす事態になっている)を避けるためにEU首脳は1200億ユーロのベイルアウトに合意した。ドイツはEU加盟国全体での拠出を主張したがイギリスはユーロ加盟国のみに限定すべきだと主張し、結局イギリス側の主張が通った。
 ただし、このベイルアウトには条件がついており、ギリシア政府による超緊縮財政の議会通過である。それによると、連帯税を課し、所得税の課税基準を引き下げる、民営化、自営業者への課税、さらに燃料への課税などが含まれている。ベイルアウトされた資金は国債の差し迫った返済に使われる。他方、超緊縮財政は強烈なデフレ策である。ギリシア経済は一掃打撃を受けるわけで、こうした方法でギリシアの問題は解決されることはない。
金融工学とは詐欺を正当化する学問か。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 消費管理政策、その他 ( No.423 )
日時: 2012/06/28 20:36:49
名前: グッキー

ttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35544
コモディティー価格の下落の意味を理解する。



れは良いニュースなのか、それとも悪いニュースなのか? コモディティー価格はここ数週間で急激に下落している。「S&P GSCI指数」は5月だけで13%落ち込み、1カ月間の下げ幅としてはこの2年間で最大となった。

 コモディティー価格の下落は、西側諸国の消費者にとっては減税と同じ意味を持つが、世界経済の成長減速を示す憂慮すべきサインである可能性もある。

続きはリンクへ
-------------------------

市場が米国のQE3を催促している。
景気が悪いぞ、早くQE3をしろとね。

何でヘッジ・ファンドなどがデリバティブ市場に参入するのか。
総体的にゼロサムゲームなら参入しないはず。投資家も資金を出さない。
総体的にプラスだからヘッジ・ファンドが参入し投資家が資金を出す。

ではそれで損をしたのは誰か、消費者と生産者。

上がっている時はデリバティブ市場で儲けた分だけ生産企業の儲けが減り、
さらに生産労働者の儲けが減る。
もちろん損をするのは消費者。

下がっている時には、デリバテイブ市場の儲けの分だけ販売企業の儲けがへり、
さらに消費者の儲けが減る。
一番損をするのは生産労働者

つまり取引が増えるごとに、消費者と生産労働者が損をする。
これは取引において強いものが強い分だけ、安く買い、高く売ることが出来るという
市場の仕組みから起きる。

値動きが激しくなれば成るほど強いものは儲けるチャンスが出来る。
で、最終的に大きく儲けた者と、大きく損をした者に分かれれば。
大きく損をした金融機関は政府が救済する。
イカサマ賭博市場。

本来はゼロサムゲームで有るべきデリバテイブ市場に、金融資本を
参入させること自体が間違い。
投機資金が参入すればするほど市場の値動きは激しくなり、
市場の安定に寄与しない。
イカサマ賭博市場を造ったのは、政府と金融業界。
実体経済から、そんな市場を造れという要望が有ったのかね???
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存