ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1202] 糾弾掲示板のありようについて
日時: 2011/10/06 21:27
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さんのスレッドで、糾弾掲示板のありようについて問答があります。
私たち投稿者は、それぞれの思いで、何とか、より大切な認識を広めようと頑張っているのですが、期待するほどネットの恩恵があるとは思ってないのが実情です。

それで、つい阿修羅のような巨大サイトを思うのですが、阿修羅掲示板は、いろいろな情報が集まることにかけては貴重なサイトでありますが、正論を吐く記事は非常に少なく、数名の方が一生懸命に書き込んでいますが、多くは注目を集めず、500〜1000のアクセスで数日後には誰も見ない状況(スレッド数が膨大なので)へ落ち込んで行きます。

阿修羅掲示板で1万以上のアクセス(時には1日であります)を集まる記事は、ニュース性の高いものばかりなのです。
スレッドの表題も、それを計算したものか、著名なブロガー、評論家の名前を添付することでなければ多くの方の注目を集めません。

ですので、糾弾サイトへのアクセスは、阿修羅とは比べものにならないとしても、日が経てば、結局は注目のスレッドへのサクセスは、数千、数万にも上がっています。

このようなところに糾弾サイトの利点があります。
ただし、せっかくの糾弾サイトが、もっと多くの影響力が発揮出来るようには考えなければなりません。

また個人のブログを見ていますと、立派な意見を書き続けている方が沢山います。
ですが、やはり知名度の悲しさ、その意見が埋もれています。
出来ましたら、糾弾サイトが中心になって、そういうブログと連携し、相乗効果で互いの意見が拡散するように図りたいものです。

ネットでのこういった啓蒙は、現在では、まだまだ体制が整っていませんが、何時かは社会を考える上で多くの方がアクセスしてくれる習慣がつくくらいにしたいと思います。

最も、管理人さんが、それまで元気でいていただけるかも問題ですが、ここで結果が得られなくても、そういう方向性は示したいものですね。

それから、常連の皆様に希望いたします。
随分と長く続くスレッドがあり、それはそれで好ましいのですが、その中で話されている話題を、後で検索したり、引用しようと思いますと、探すのが大変難儀です。

せっかくのすばらしい意見が、何時でも取り出せるように、もう少しスレッドを増やしていただければ、ROM専のかたも助かると思います。

そのうちに、スレッドの分類整理のことも必要にはなってくるでしょうが。
最後に、以前から言っていますが、まとまった意見を「私の主張欄」に掲載していただくことを勧めます。
今は不十分な「私の主張欄」こそ、1000を超える意見で多くの人の期待に対応できるものと考えています。

現在は、あまり人も訪れず閑散としているようです。
一度、管理人さんに伺おうと思っていたのですが、各意見後毎に今までのアクセスの集計はどれくらいになっているのでしょう。


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 糾弾掲示板のありようについて ( No.8 )
日時: 2011/10/12 21:01
名前: 天橋立の愚痴人間

その後も糾弾掲示板のありようについて考えていました。

一つのシステムで多様な要求に答えることは、ども道大変であり、規則を作れば、それだけ、投稿する方の負担にもなります。

それで、提案ですが、糾弾掲示板は従来のままとして、その中で、まとまった意見、残して置きたい意見を「私の主張欄」へも載せていただくことにすればよいでしょう。

その中は、大きな問題でも小さな問題でも良いではありませんか。
見出しによって読者が選択して見ればよいと思います。

長文になる場合には、管理人さんが分割して掲載されます。
私の主張欄は、このサイトが続く限り永久保存版になるので、皆さんが躊躇されているのか、あまり書き込んでくれる人がいません。
実質の書き込み者は数人であります(特にここ5年間は私一人です、他の多くの記事は管理人さんがごうを煮やして掲示板の記事をそのまま、転載されているのです。

後で訂正があれば、管理人さんへ御願すれば可能と思います。
「私の主張欄」の投稿方法は、欄の後ろに書いてあります。

ぜひとも、多くの方が書き込んで頂くように御願いします。
かた苦しく思われないで、掲示板の分類表示と思ってください。

繰り返します。
大きなテーマでなくても良いのです。
この欄を1000〜2000の記事で埋めることが出来れば、どんなに良いものになるでしょう。

これは投稿される皆さんの為ではなく
読者の為であり、国の為であるのです。

(追伸)
私がネットを始めたきっかけは、小泉の劇場型選挙のおり、余りにも無責任な報道を目の辺りにし、真実をなんらかの方法で報せねば成らないと思いました。

それで一番初めに考えたのが「私の主張」と言う形で訴えることでした。
ところが「私の主張」と言う言葉で検索してみると、テンテンバラバラ、記事を投稿しても、とても私の言うテーマに行きつくことが(検索出来ないこと)が出来ないことが解かりました。

そうこうしているうちに、このサイトとかヤフーの掲示板に行き当たり、投稿を始めた次第です。
糾弾掲示板の「私の主張欄」は糾弾サイトさえ知っていただいて入れば、アクセスされる確率が高くなります。
また糾弾サイトの「私の主張欄」は検索で「私の主張」と入れるだけで見ることが出来ます。
一つ一つの主張が解からなくても、このこの言葉で糾弾の「私の主張欄」を開いてくれるならば、もう、しめたものです。

この様な形の展開を望んでいますが、今までは殆ど記事の追加がなくて死んでしまっているようなコーナーでした。
それゆえ、多くの読者が離れているとも思います。
他のサイトでは、この様なカテゴリーはありません。

ぜひとも「私の主張欄」を充実させたいものです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存