ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1332] 偽証に基づく北詰淳司の逆転無罪事件
日時: 2019/08/21 09:56
名前: 遂犯無罪 ID:9JWiMjbE
参照: http://suihanmuzai.com/

裁判被害者は、往々にして自分の傷しか見えない、事件は個々でも偽装裁判には共通した偽装手口が存在する、この構造腐敗を検証・追及する運動が求められるが、被告はこの連帯する裁判被害者を憎悪・敵対、誰彼構わず刑事告訴すると脅しを掛ける。
  
被告の異常な顕示欲・自己愛は他者の存在を認めない、この狂犬を打倒して裁判沙汰とは決別したい、またネット社会からも遠ざかりたい。
投獄から16年が過ぎて、やっと光明が見えてきた、最後の公益表現に鬼畜・被告を蘇生不能までに叩き潰して、幕を下ろせ、道化は終わった・・としたいもの。
http://suihanmuzai.com/120315.jpg.html


刑事一審で確定した殆どの前科者は自分の判決書を見ていない、大半の刑事事件は自白事件であり、被告人の関心は執行猶予が付くか、刑期はどの位か、面倒な訴訟手続よりも手打ちで終えて一日も早く娑婆に戻りたい。

検察は証拠カードという中身の無い証拠の標目を証拠提出する、弁護人はこの標目を有罪証拠とすることに同意する、裁判所はこの偽装証拠調べを公判調書にする、被告人を法廷のお飾りにして即日結審する。

判決書の証拠の標目と、弁護人の証拠調請求書を対照すれば、この偽装裁判の手口が判る、12年前に某反権力組織にこの偽装裁判の手口を通報した、この組織が北詰の事件支援した?
被害女性への暴行は成立しているが、捏造公判調書・判決原本の不存在などから逆転無罪となった、従ってこの被害女性の消息は不明であり、当方の事件同様に国策拉致されている。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

仲間の偽証との整合に北詰淳司のしどろもどろ答弁 ( No.24 )
日時: 2017/08/05 14:07
名前: 遂犯無罪 ID:sDyOXPfE
参照: http://www.suihanmuzai.com


北詰尋問調書を転写したが、以下のとおりの痴呆振りで、裁判官・賢察官からも質問に答えよと言われても、意味不明な発言に終始、一年公判を続けても起訴事実の認否すらしない。
北詰は、巫グループの橋本等の偽証と捏造メモで弁論を混乱させて、事件は河野宅で起きた河野からの暴行と主張している、起訴事実である河川敷の車の中で起きた暴行を弱弱しく否認、とにかく原田國男の事実認定は明確に誤認、こんなものの清書はバカバカしいが、追って裁判官の主たる質問等を公開してゆく。

弁護人
若干、事件のことあなたに、ある程度話して貰ったんだけれども、少し補充して私から訊きたいと思いますが。
北詰
いやいや申し訳ないけれども、そこやると今言っている、充分解っているし、経緯も言って、私のあなたに対する、言っているでしょう、私は怒ったて反省すれば、だから今、あなたの質問を受けると、私が今、言ったいたことが、何もなくなっちゃう。
あなた方、違法して、何でそこまで言って、私が、そこままで、今までやってきたんだけれど、これをやったらお人好しだし、私は自分の主張していたから、今、せっかく、止めてよ。
弁護人
せっかくそこまで話をして貰ったので、私のほうであなたに、若干、聞きたいと思うんだけれども。
北詰
止めてください・
弁護人
答えないの。
北詰
だって、今、私の気持ちと、違法の、それでも私は拒否するんじゃないよという形で、なぜ今までの経緯と私の気持ちと、ここに至ったけれども、私が言いたくてしょうがない、だから、最初、裁判官にも言った訳です、言ってもいいけれど、それは自分に不利になったなりますよと言った訳なんです。
だけれど、私は少し言おうとした、知ったっていいいと思ったんだけれど、刑事裁判というの知らないから、だから、さっき言ったように、裁判官が一日あるから、一日である程度、行いましょうと言ったんです、行けたんです、はっきり言って。
弁護人
被告人、いい。
北詰
駄目だよ、それは駄目だよ、そこまで止めてよ、駄目だ、駄目だ。
弁護人
いろいろあったけれど。
北詰
だから、この前に。(弁護人の話を遮って話させない)
弁護人
ちょっと、黙って聞いてくれない質問を。
北詰
それは私が言いたい言葉、この証拠、寄こしちゃ駄目だ、だから何で寄こししたんだって、言ったじゃない、だから解任、新たに、これで書いたんでしょう、これだけ止めたんだ、一回反省していると思って、だから駄目ですって、それはもう譲れない、一年間私があなた方に譲って、こんなに今言ったように、違法ですから、それでも我慢してやって、それでもまたそれでも、それでも持って来たけど、だから、いつか早く切り替えようと、だって今、私の気持ちと、追い方の、それでも私は拒否するんじゃないよという形で、なぜ、今までの経緯と私の気持ちと、ここに至ったけれども、私が言いたくてしょうがない。

だから、妻子裁判官に言って訳なんです、言ってもいいけれど、それは自分の不利になりますよと言った訳なんです、だけれども、私は少し言おうとした、知ったっていいと思ったんだけれども、刑事裁判というの知らないから、だから、さっき言ったように、裁判官が一日あるから、一日である程度行なっちゃいましょうと言ったんです、行けたんで、はっきりと。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存