ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1332] 偽証に基づく北詰淳司の逆転無罪事件
日時: 2019/08/21 09:56
名前: 遂犯無罪 ID:9JWiMjbE
参照: http://suihanmuzai.com/

裁判被害者は、往々にして自分の傷しか見えない、事件は個々でも偽装裁判には共通した偽装手口が存在する、この構造腐敗を検証・追及する運動が求められるが、被告はこの連帯する裁判被害者を憎悪・敵対、誰彼構わず刑事告訴すると脅しを掛ける。
  
被告の異常な顕示欲・自己愛は他者の存在を認めない、この狂犬を打倒して裁判沙汰とは決別したい、またネット社会からも遠ざかりたい。
投獄から16年が過ぎて、やっと光明が見えてきた、最後の公益表現に鬼畜・被告を蘇生不能までに叩き潰して、幕を下ろせ、道化は終わった・・としたいもの。
http://suihanmuzai.com/120315.jpg.html


刑事一審で確定した殆どの前科者は自分の判決書を見ていない、大半の刑事事件は自白事件であり、被告人の関心は執行猶予が付くか、刑期はどの位か、面倒な訴訟手続よりも手打ちで終えて一日も早く娑婆に戻りたい。

検察は証拠カードという中身の無い証拠の標目を証拠提出する、弁護人はこの標目を有罪証拠とすることに同意する、裁判所はこの偽装証拠調べを公判調書にする、被告人を法廷のお飾りにして即日結審する。

判決書の証拠の標目と、弁護人の証拠調請求書を対照すれば、この偽装裁判の手口が判る、12年前に某反権力組織にこの偽装裁判の手口を通報した、この組織が北詰の事件支援した?
被害女性への暴行は成立しているが、捏造公判調書・判決原本の不存在などから逆転無罪となった、従ってこの被害女性の消息は不明であり、当方の事件同様に国策拉致されている。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

告訴事実は捜査機密に怯える北詰  胸突き八丁北詰保険金殺人事件 ( No.43 )
日時: 2019/10/04 06:43
名前: 遂犯無罪 ID:lib/wPBU

原田國男裁判長は痴話喧嘩に基づく些細な暴行であり、被害女性の虚偽申告も疑われると書面審理で北詰を無罪放免にした、この事実認定の権威である原田國男裁判官の判断に疑義が生じている、一事不再理から北詰の無罪は覆すことは出来ないが、北詰には二件の虚偽告訴、有印公文書偽造等の他に保険金殺人犯の疑いがある。

告訴事実は捜査機密に怯える北詰  胸突き八丁北詰保険金殺人事件
http://suihanmuzai.com/index7/191003.jpg.html

この6月に執行猶予付き判決で釈放された北詰の控訴理由とは、原審で裁判官忌避申立を審理しなかったことが、法廷手続きに反する違憲行為と言っているようである、期日呼出状が届いたと言っている北詰だが現行犯逮捕では無理だろう、意思疎通に欠く北詰ゆえ本当のことは解からないが、最近の北詰は実名を挙げて罵倒することが少なくなっている、これは控訴とは嘘であり事実に、北詰は罰金刑を禁固で補ったと言っている、こいつの虚言癖からも捜査の手は慎重に追い詰めている。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存