ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1503] 柏市戸籍改ざん事件・行政不開示処分取消訴訟
日時: 2013/11/06 17:55
名前: 遂犯無罪 ID:PeM3Revo

原告は前訴受任弁護士、生田 暉雄先生に「これ以上裁判を続けると、貴方は本当に殺されるよ!」
と忠告されたことを、重ねて申し添えておきます。

■ 戸籍事件は家庭裁判所の所轄であり、生田弁護士が何故にこの指摘をしなかったか不審である。

民事訴訟においては、「事実」と「主張」とを明確に分ける。
即日結審後の準備書面を裁判長は陳述(主張)と認めるか、しかし陳述されても当事者尋問がされなければ事実(証拠)はないのだから、裁判長の自由心証主義の入り込む余地はない、つまり門前払いである、判決は22日
http://www.suihanmuzai.com/120721.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃 ( No.50 )
日時: 2017/07/12 09:01
名前: 遂犯無罪 ID:sBD8h44M
参照: http://www.suihanmuzai.com

小川訴訟は被告小川の勝訴になったが控訴された、この危機感から小川は隠していた、松戸地裁の被告柏市側の書面、また親族との裁判書面、更に和解調書等を控訴審に提出した、これに高裁は事件性ありとして書記官の認証印が見られる

小川達夫の保険金殺人疑惑が再燃
http://suihanmuzai.com/index5/170712.jpg.html

柏市戸籍改竄事件を騒ぐ狙いは、交通事故任意保険の一億円にあった、たいした怪我もなく死亡したが、何故か自賠責から三千数百万が支払われた、しかし任意保険から見舞金として二百万、相続関係者はこれで手打ちをした、しかし小川達夫のみが四半世紀を過ぎて、金融庁・保険会社などに強訴して騒いでいる。

小川達夫は戸籍が改竄されたと訴訟沙汰にして、多くの支援者を集めて、戸籍改竄に基因する父親の謀殺死と訴えたが、死因に不審があり、また松戸地裁で和解解決をしていることを隠していた、これに支援者は離れて詐欺師小川と、世間の評価は定まっている。

万が一に小川の父親の事故死が殺人であれば、これも北詰に続く保険金目当ての殺人事件となる、時効の撤廃から小川の事件は、注目されて魚拓されている、また小川は松戸地裁の和解調書の変造をしており、これも魚拓されている。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:PaiFtHt1Dr4J:www.suihanmuzai.com/140502.jpg.html+&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存