ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本人の限界 ( No.133 )
日時: 2013/02/23 20:37:28
名前: 満天下有人

何やら民主党からまた2名の参院議員が脱藩すると言う。民主党のていたらくに限界を感じてのものなら、それはそれで別に構わないことだが、脱藩後、自民党の補正予算に賛同し、ネジレ参院の一助にしたいそうだ。多分、もろもろの政策にも賛同し、夏の参院選での己の生き残りの為であろう。

国民新党の白見庄三郎も古巣の自民党にカムバックを要請、国民新党の代表がである(笑)、これも次期選挙で居所が無くなる恐怖が先だってのことであろう。

これは単に政界に於ける連中の生態とだけ、言い切れるものではない、日本人全体に潜む体質のようなものを感じる。食えている間は構造の歪みなどにはお構いなしで、食えなくなると信条などどうでも良く、食えれば信条などどうでも良いとする別のネグラに向かう。

例によって大手紙の調査だから、話半分としても安倍政権への支持率が70%を突破、長きに亘る自民党の原発政策を批判したあの原発事故の時の国民心情は、どこえやらである。中国の公害には厳しい姿勢を取っても、国内事故のその後の状況などには無関心が嵩じている。

オバマと安倍がTPP参加問題で共通認識に合意したそうだ、例外なき関税撤廃でなく、例外もあるという合意だ・・・これを表面的に受け入れて我が民意による安倍自民党への支持派は、一層高くなることであろう。

コメなどの関税例外に目が向いてしまい、外資受け入れの一層の自由化や毒素条項などの危険性には目が向かなくなる。遺伝子組換え種子のモンサントが、また米国農家と訴訟を起こしている。数年前のカナダにおけるモンサントの強圧的訴訟には、こんなことが認められるのかと驚いたものだ。モンサント種子が飛来し、他農家で収穫が上がったのだから利益はモンサントに還元すべきとの訴訟で、同社が勝訴。これと同じ訴訟がインデイアナ州の大豆農家との間で起こっている。

問題は、さような農業はやらなければ良い、モンサントはその時になって使わなければ良いのであって、杞憂に過ぎないとするか、だがTPPの問題は、コメを例外品目とすれば済む話では無い。資本の更なる自由化が含まれている。少子高齢化で我が国農業が衰退して行く中にあって、農業の株式会社化によって大規模営農に転化する客観情勢が進めば、当然ながら外資による集約化も例外ではなくなる。モンサントとて例外ではない。多国籍企業はいくらでも別の衣をまとって出てくるのである。

さような資本も含む規制撤廃の自由化を進めたのは、自民党である。日米同盟の強化も
株高、円安で隠れてしまったか(笑)、民衆は何となくそれでもええじゃないかとのムードに傾きつつある感じだ。まあ、民主党のテイタラクで、それに代わる受け皿が無いから、しょうがないじゃないかとのムードも強くなっているのだろう。

・・・何事も、その歪みが表面化した時に考えれば良いではないか、食えなくなったら、あるいは安全に生活出来ない状況になった、その時に考えればええじゃないか・・・日本人間の限界が見える。居場所が無くなりそうだから、今の内に強い所へ鞍替えしようとの政治家の行動は、政治家に限った気質でも無い。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存