ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

安倍訪米延期に見える成長の限界 ( No.15 )
日時: 2013/01/08 09:06:22
名前: 満天下有人

・・・1月訪米を打ち上げていた安倍の訪米が延期されるようだ。こちら国内で山積する諸問題の為に延期するのでなく、むしろ米側がオバマの就任式日程などの為に延期を申しれて来たようだ。

米側の本音は恐らく、ギリギリの線で財政の壁は回避したものの、財政支出削減か国債増発かの基本問題が2月まで先送りされての合意であったから、オバマとしては外交問題より内政問題で息が抜けないのであろう。
そんなことは先刻分かっていたことなのに、こちら側が1月訪米の花火を打ち上げたのだから、我が国の新首相の伝統的外交は先ず訪米から始めると言う慣例に従ったのであろう、そこに何の成長の跡も伺えない。
米国が一極集中主義でこれまで世界を闊歩していたそのツケが大きく被さって来て、とりわけ戦後のドル基軸体制の矛盾=基軸通貨であるが故にドルの際限なき印刷と多国籍金融資本による野放図なドル決済による天文学的不良債権の山に困り始めた米国なのに、それによる影響は何も無かったが如く、先ずは米国ありきの変わらぬ姿勢を示す事自体に何の意味があるのか。別にケンカせいと言ってるのではない、訪米するに際し新たな視点を持っているのかと言うことなのだ、オスプレイ12機を買いますじゃぁ、成長無き子供と同じではないか。

何やら高市早苗政調会長と野田聖子総務会長が女性の社会進出に関して法的バックアップの是非を巡ってバトルを始めたと、政界スズメを喜ばせるような記事が目につくが、別のTPP問題では高市が、参加しておいて国益に反するならば脱退すれば良いとのノー天気な発言で、180人もの自民党内参加反対者からブーイングを浴びている。そもそも聖域無き関税撤廃がTPPの主目的であり、そのことは最初から分かっている事ではないのか、TPPのどの分野を取り上げても米国が圧倒的に強い。要するに全ての規制を撤廃し、渾沌をもたらす内で米国が覇権奪回に動く戦略が見えないのであろうか・・・それに対する国内体制も強固なものしておく必要もないほど、我が国は安定しているのか。
問題が山積みにあって、あれもこれもと一気に向かって行ける程に問題の整理は成されているのか。整理整頓の手順は出来上がっているのか。それも無くてあっちもこっちも手掛けていたのでは、混乱に向かうだけだ。経済政策における「名目」と同じ手法で名目だけを追いかけてどうする積りなのだ。

対中政策にも明確なものが感じられない。そこを飛ばしてASEAN中心に向かおうとする気配は感じられ、一種の対中包囲網を創ろうとしているのか、中国は案外、日本はもう不要だと思っているかも知れない、東南アジアでいち早く覇権を創り上げ、後は韓国、台湾があればそれで十分だとの方向へ転換して行くかも知れない。ミヤンマーに対する円借款再開も対中政策の歯止め効果の狙いもあるのだろう、しかしASEANに対する総合的な青写真は既に持った上でのことか・・・

外交経済政策で「自由で豊かなアジアの実現」を掲げ、これらの国々とは二国間にとどまらずアジアと世界平和、安定、発展に寄与する幅広い協力関係を築き、ヒト、モノ、カネの流れをスムーズにしてアジア市場の「内需化」を促進する・・・TPPのアジア版促進の本音が見えて、しかし我が国の内需化はどうなるのか。

・・・何だか柔らかくて甘いだけの綿菓子を頬張る子供の気分になる(笑)、成長がストップした子供で居れば、それで満足なのか。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存