ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

いつか来た途を・・ ( No.22 )
日時: 2013/01/11 07:46:04
名前: 満天下有人

安倍内閣は大手を振って歩き出した。日本を取り戻すとは、要するに安倍→麻生内閣がやった政治によって以前の日本のようにするということだから、至極当然の話ではある。小泉進次郎青年部会長は、これまでの自民党とは違うと盛んに宣伝していたが、一体、どこが違うのか。緊急を要する国民経済について20兆円の補正予算が組まれる。中身は借金してそれをばら撒くだけの内容だが、それを借金としない為の方策を、同じ名前でまた出ました「骨太の方針」とやらで、6月までにまとめると言う。

竹中平蔵が安倍の強力な推薦で産業競争力会議に名を連ねた。あの骨太の方針を創った本人である。小泉内閣時代に経済諮問会議の議長になった竹中、一ツ橋大の後輩のよしみで委員にした太田弘子、そういえば新年のNHK討論で骨太の方針を復活させるべきだと露払いしていたが、案の定である。

当時の骨太の方針の巧妙なゴマカシとは何であったか、思いだして見るが良い、名目成長率3%にして悪化する財政のプライマリーバランスを0にするというものであった。プライマリーバランス0とは、要するに発行国債の利払いはしょうがない、それ以前の財政収支を赤字にしないと言うことなのである。官僚養い費用はそのままにして果たして、3%の名目成長が達成されたとしてもプライマリーバランスを0に出来るのか、出来る筈が無い、当時でも行政問題が国会で紛糾し、晩年の麻生は天下り禁止は絶対に実行するとか言ったまま、内閣は追い込まれて総辞職。

出来もしない当時のプライマリーバランス0論に隠されていたものは何か、消費税増税が既に巧妙に隠されていたということである。ウソの算用であったということである。も一つ、借金によろうと何であろうと利息だけは払っておけば良いと言う考えの根底にあるものは、巷でよく言われるように、金融なるものは、要するに利息が利益の源泉であるから、利息さえ払っておけば、元金のことは後回しにしても文句はさほど言われないという考えである。しかし変動為替制度の下では、そのことが中長期にわたって財政と通貨価値に影響して来る。

・・・何故さようなことを言い出したかと言うと、官民基金なるものが立ち上げられたからである。オカネはジャブついているのに市中金融機関が積極的に融資に踏み切らない。要するにリスクを怖れている、ならば政官がそのリスクを取ってやれば良いではないか、市中金融機関に融資を催促しそれが後で不良債権化し、結局公的資金を投入せねばならないなら、最初から政官がリスクを取れば良い、民間単独での不良債権化となると社会問題となるが、予め政官がリスクを取れば、帳簿上で如何とも操作が可能になる。

さような発想と同時に、民間をも巻き込んで、しかし実質政官主導による融資分野を広げておけば、そこへ天下りの途を広げることも出来る。官民フアンドの運用分野には外債への積極投資もあり、そんな有利なものなら民間は最初から投資する筈であろうに、それを態々政官主導にする所に、別の匂いがフンプンとして来る。

晩年、何も出来なくなった麻生内閣、人気回復に行政改革に本気度を出したが時既に遅く、内閣崩壊となってしまったが、その麻生が今度は財務大臣として復活、それが官民基金などと言う官僚主導の金融を始める・・・安倍はあの竹中を復活させる、いつか来た道のオンパレードが始った・・・。

見よ!緊急経済対策としての20兆円の補正予算の中に含まれる防衛省のミサイル購入費1805億円、経済対策にはミサイルも要するらしい(笑)、見よ!経産省による原発立地への約6億円の支援継続、中身は原発見学も含む当該地域の観光誘致支援費である(笑)。社会構造機械の入れ替えではなく部品にばかりまたオカネを使う、これでプライマリーバランスを0にすると言われても、オヘソが茶を沸かす効果しかない、結局増税の露払いの茶釜を用意しておいて、増税の湯沸しを始めたに過ぎない。

・・・そんな政権を国民は選択したのではない、1000万票の不正行為によるものだとは言え、比例区では自公維新で59.7%、小選挙区では56%の支持を国民は与えた。これに対し純粋野党に与えた支持はせいぜい15%である。いや、維新の会に期待したという向きもあるようだが、その維新の橋下と安倍が今日会談する。選挙後は一緒にやろうとする予めの計画通りに事が運ぶ。

異様な神経は成長し、正常なものはいつまで経っても成長しない。それが社会と言うものの構造なのであろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存