ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 人間成長の限界 ( No.24 )
日時: 2013/01/12 12:53:04
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下さん

>60万人の雇用創出

と大見得を切っていますが、その数値自体、話になりません。

2000万人の雇用の確保を目指すべきであるのです。
これをしようと思えば、資本主義のシステムのありように手をつけねばできない事です。

民主党の欠点は、その事に触れないで、改革をすると踏んでいた事です。
極端に言えば、民主党の方がペテン師であったのではないかと思います。

大きな改革なしに、子供手当てを増やしたり、高校の授業料無料化などを推し進めても財政の圧迫を増大するだけでしょう。
地方分権をもてはやしていますが、こと国民経済の分野では、国ができないことを地方ができるはずはありません。
行政改革も、それでできるのは高々5〜10兆円の無駄使いの削減で、その中でも官僚の懐へ入っているのはさらに1兆円にもならないでしょう。
後は、公共事業と見れば、それをなくすということは、取りも直さず、雇用の削減となり失業者を生むばかりです。

このようなことを改革と称すること自体がマヤカシであると思います。
最近、中国の状況を映し出しているテレビを見ました。
都市のショッピングセンターを映したもので日本のそれと殆ど変わりはありません。

それに引き換え人口の2/3、8億以上の貧困層がいることと思います。
現代中国は見事な2極化社会であると思います。
それでも国家としては、GNPで世界第二位、成長率世界第一位で、資本主義のシステムでは優等生です。
日本も同じく、貧困層はそのままに、資本主義のシステムで優秀な成績を上げるために躍起となっています。

北欧諸国、ドイツのように少しは資本主義のシステムを補完するものを取り入れてない国々は、おおよそ同じような道を歩んでいます。

平安時代の貴族文化が庶民の貧困とは別の次元で栄えていたのと同じですね。
この様な根本的な課題を解決するには、民主党では幼稚園児に頼るようなものと思います。
ですが、公共事業の拡大も、それだけで解決できるものではなく、自民党も小学生低学年のそれでありましょう。

解決策は ?
と言いますと、これまた・・・の世界です。


トンネルの不良箇所調査の事に触れておられますが、これまたペテンの世界です。
何万箇所といわれているボルトの弛みは、照明器具を取り付けているボルトなどの話であり、天井版落下の問題とは全くことなるものです。

天井版を吊っているボルトは弛んだまま存在するすることはないのです。
弛み=落下なのです。
笹子トンネルのように、突然発生します。

それを多くの不良箇所を発見したと発表することで、何とか修理できるもののように、国民に納得させているのです。
「皮を切らせて骨を断つ」と言うことがありますが。奴等は
「皮を切って見せて、骨を守っている」のです。

耐震強度偽装事件」でも、同じ手法を使っています。
全国の建築士のモラルの問題にすり替え、すり替えるために法令まで改正し、以来建築士の管理を強化しています。

本当は、確認検査の時点で耐震強度のチェックを殆どしてなかったのが原因で、たまたま悪事を働いた建築士の設計した建物に問題があることをリークにより発覚しただけの事です。
良心的な建築士が、たまたま、その物件の構造計算書を見て、その筋へ訴えたのがきっかけで始まりました。
耐震強度を誤魔化した建物が実際に倒壊した話は聞かれないでしょう。
そういう机上の問題の事件であったのです。

「確認検査の時点で耐震強度のチェックを殆どしてなかった」のは、殆ど行政の窓口であり、40年も前から、建築士の間では、それは定説として知れまわっていました。
行政の検査の窓口には構造計算をチェックできる技術者は、殆どいなかったのです。
京都府で言いますと、それができる人間は京都府の中にも数人もいるか、否かであったのが現実です。

今回のトンネル事故の後始末でも、同じことを繰り返している事がお解かりと思います。
あれは、設計ミス、考え方のミスの問題です。
後打ちのケミカルアンカーでコンクリート製の天井板を吊り下げるなど、計算上は可能でも安全率ゼロのきわめて危険な手法であったといえましょう。

それを認可した、国土交通省の大失態なのです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存