ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

青少年に精神を研ぎ澄ます鍛錬を・・ ( No.29 )
日時: 2013/01/13 08:20:52
名前: 満天下有人

学校問題から後を絶たない青少年の自殺を嘆いてアメリカ在の友人が、次のようなメールを送ってくれました。

『日本人の 国民的性格か、弱いもの いじめが 好きなんです!先生と生徒/学生、体育会での先輩と後輩、大日本帝国陸軍での初年兵と下士官、総て一方的なんです。
(逆らうことなんて、出来ませんよ!)  いや〜サドマゾの世界なんです、日本人は明治以後狂ってしまった!

沖縄空手道の大家:上原 清吉(うえはら せいきち、1904年3月24日 - 2004年4月3日)

本部朝勇の高弟の一人であり、本部御殿手古武術の第12代宗家。
また弟子に対する気遣いも深く、ある武術大会で武術師範が弟子と演武をして弟子を打ったり蹴ったりして血まみれになる光景を見て気分を害し「稽古で弟子に怪我を負わせる先生と言うのは、自ら指導する力量が無いことを表してるようなものだ。」と語った。御殿手の稽古も大変厳しいが、それでもなお稽古で重大な怪我人を出していないのは弟子たちを遥かに凌駕する実力の持ち主であったからなのである。

私見ですが、日本人の道徳規範は武士道に総てがあると思います。武士道を放棄すると大正から現在に至る日本人となります。』

・・・上原氏の古武道の真髄は「稽古で弟子に怪我を負わせる先生というのは、自ら指導する力量が無いことを表しているようなものだ」、正にそのことを友人は言いたかったのでしょう。

上原氏は少年の頃、家業である醸造業が傾き、兄を頼ってフイリピンのダバオへ移住もされ、そのまま太平洋戦争勃発でジャングルでの戦闘に従事、復員後に戦闘で使った武術に嫌悪感を抱いていたと言われている。それでも占領下にある沖縄での米兵の乱暴ぶりに堪り兼ねて、已む無く武術を行使したこともある。

精神の鍛錬として我が国における武術には、空手に剣道、柔道などもあるが、軍部政治によってその精神も悪く利用されたケースも多いことであろう、武術を通じての精神の鍛錬も、奥義に達するのは常人ではなかなか難しいことでもあるが、しかしそこには何かを追及する道が存在することも確かであろう。

それを教える者がいなくなった、今では自由なサークル活動で趣味的に武術習得の場しかない。教える側も悪しき戦後総中流社会の中で教えられ、途中から芽生えた弱い者いじめの中で育ってしまっている。加えて変な競争社会に晒されて来て、教える者が自らを守ることに精を出す。
・・・極端な戦争反省から復古調であるとの批判が出ることは承知の上で、精神を研ぎ澄ますものとしての武術を、必須科目にしてはどうなのか、真髄を教える者がいない今日では、道のりも遠い事ではあるが。何か道は無いものか・・・
安倍が求める昔の日本を取り戻すこととは、全く違う方向の純粋なものとしての、精神の奥にあるものを求める道を。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存