ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

人間に先見性なるものは、あるのか? ( No.4 )
日時: 2013/01/03 09:47:42
名前: 満天下有人

年明け早々、世界を飛び交うニュースは、米下院が財政の崖(減税期限切れと歳出削減)を回避したことによる世界同時株高のことだ。

減税期限が切れると中間層にとっては大幅な増税となり、米景気が一層冷え込んでしまう、オバマ大統領の民主党は、低所得層及び中間層の減税継続の穴埋めを年収25万ドル以上の富裕層への増税をセットし、軍事費カットを軸にする歳出削減も求めていたが、これを共和党が飲まなかったことが年末ギリギリまでの攻めぎ合いになっていた。

問題はこれで解決された訳ではない、富裕層への増税は45万ドル以上に緩和、歳出削減案は2カ月先送りする妥協であるし、歳出削減反対は先々での米国債発行増加を伴い、借金の上限を更に増やすことになる。米経済が復活する保証も無いのに一斉に株高となる状況は、世界はいよいよ刹那的なことに頼り始めるしか手が無くなったことの表明でもあろう。

我が国では円安傾向に転換したことを慶び、安倍政策を評価する向きが多いようだが、米国による政策の通貨への反映でしかない、その米政策といえども、別に経済構造の抜本的転換を求めるものでもない。淀みに浮かぶうたかたの泡に過ぎなく、それで以って全人類が新たな安定に向かい始めたということでも無い。

米経済財政が崖っぷちまで到達することは判り切ったことであった、だが人間どもに先見性は無かった、あったとしても誰もどうする事も出来なかった、なるようにしかならないさ、という刹那的な諦観が世界を覆っているということだろう。

10年ほど前では、世界規模で地球環境問題が連日議論されていた。人口急増と共に食料と水の問題も重大事項として世界を覆っていたものだ。今や静かである、京都議定書以降、諸国は約束を実行中であるから、心配なく環境は改善されているからか、もしそうでないとするなら、このままでは成長どころの話では無くなるとして、10年前に「先見性」を発揮して議論されたものは何だったのかと言うことになる。

確かにアメリカ、カナダではシエール層天然ガスの採掘が本格化し、原発も安全基準を強化して維持する方向も見えて、CO2の排出に限って見れば、危機に対する努力はなされているのかも知れない。だがそれによって自然災害のコストは果たして削減されているのだろうか・・・

そもそもからして資本主義的生産体制は、有害なものまで産み出し、その有害なものに対する対処も成長の要素として組み込んでしまう、人間の価値観などと言う物は、二の次にしてしまう性質がある。言い換えると行き過ぎてしまう危険な要素を抱かないことには、走れないのである。利己的な企業が政治と結びついてしまうから尚更のことである。日米同盟新指針においても米国は、シエールガス供給をほのめかしながら一方で、テロに名目を被せて日米共同で行動すればとの条件を付けてくる。

我が国でも先見性なるものが失せてしまったかのようである。安倍による新規原発9基の政策にロンドン・フアイナンシャルタイムズが、これに敏感に反応して、安倍晋三氏は原発推進論者なのに大勝利を収めたことは驚きだと論評し、原発の一部が再稼働しなければ日本経済は回復しないと考えているようだと論じている。
ドイツの週刊誌シュピーゲルは「政治的安定への欲求が社会変革の希望を上回った」とし、安倍総裁は原発を進めようとしているのかと疑問を呈している。

人間社会運営の全体装置の機械がおかしな運動を始める、運転構造の原因は案外単純なものではないのか、逆回転させる操縦者は、意図的にそうしているのではないか、装置が停止しても誰かが助けてくれる、自らは生き残れる、社会保障費を削減すればどうこうこう言う議論は、問題すり替えの論にしか過ぎない。米財政の崖などと言っても、そもそも崖まで運転したのは誰かなどと世間は詮索もしないから、安泰である。世間が部品(各分野)のことでワイワイやって、根本の改造に手間取っている隙に、一握りの操縦者はその時点で既に、再び新たな逆回転の策を講じていることだろう。

・・・刹那的な部品の修理だけでは、成長出来ない限界に来ている。人類が先見性を持って、どっしりとした価値観を据えて構造の抜本入れ替えを実行できる時期は、まだ遥か先のことであるか・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存