ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

拝啓ローマ法王様 ( No.6 )
日時: 2013/01/04 08:39:34
名前: 満天下有人

天橋立ささんが<有害なものまで産み出すことを、聖書のごとく畏敬する気持ちは捨るべきである、そういうものに、まどわかされない民意を作りたいものである。>と指摘された。

思い出したのが昨年の朝日デジタル記事で、クリスマスにちなんでローマ法王が英フアイナンシャルタイムズに人類への諭しとして寄稿された文だ。

『 【ローマ=石田博士】世界的な金融危機の中、ローマ法王ベネディクト16世は20日付の英フィナンシャル・タイムズ紙に寄稿し、クリスマスという機会に社会の課題と向き合って内省するよう呼びかけた。経済紙への法王の寄稿は極めて異例だ。

法王は「クリスマスには聖書を読んで学ぶべきだ。政治や株式市場など俗世のできごとにどう関わるべきかの啓示は、聖書の中に見つけられる」とし、「貧困と闘わなければならない。資源を公平に分かち合い、弱者を助けなければならない。強欲や搾取には反対すべきだ」と呼びかけた。
 
また今年を「多くの人にとって経済的に苦しかった年」と記し、「クリスマスはとても楽しいが、同時に深く内省すべき時でもある。私たちは(キリストが生まれた)つつましく貧しい馬小屋の光景から何を学べるだろう」とつづった。 』

・・・法王様、誠に馬小屋で生活せねばならぬ民衆が激増する気配が出ております。キリスト教圏でもあるアメリカにおいて、フードスタンプに頼る民衆が激増していると聞きます。それでもイエス様がそうであったように、何があろうとも、政治や株式市場の俗世の如きものから離れて、つつましく馬小屋で生活せよと申されているのか、現代にあっては貧困と闘うためには、実に矛盾した話ですが、我々が選んだ政治と闘わねばならぬのです。俗世のこととして看過できないのです。

聖書を読めば解ると申されても、キリスト信者でもない者には、どこがどう解るのかさっぱり解らないのです。馬鹿の一つ覚えで済まぬことですが、古来資本主義運動の計算は、本源的には利子率が目安になっております。資本の利潤率が<利子率であれば、元々怠惰な性質を持つ人間は、生産活動より利子なる不労所得で生きていたい、その方が楽だとの、本能があります。

資本主義がまだ発生していない原始的な利子概念の時代では、オカネの貸し借りで利子を取ってはならないとされていたと思います。不労所得は認めない、さような教えであったでしょう・・・旧約聖書・申命記では兄弟から利子を取ってはいけないとされています、だが、異教徒からは取っても構わないと。

旧約を母体にして生まれた新約キリスト教でも、利子は神が与えた時間を「盗むものだ」として当初は禁止していたと記憶します。貨幣はあくまでも財の交換手段であるべきなのに、それを以って貨幣を増やす行為は言語道断であると・・・家畜や食糧が時間の流れの中で増やす富は、神が与えてくれた時間があってのことで、それを利子として取り上げる行為は神の思召しに反する行為であると・・・

・・・何を申したいと言うなら、途中からその利子も神に返せば良いとの教義に変えて行ったことです。近世の初めにロスチャイルド金融資本の手助けでヴァチカン銀行が設立され、巨大な利子がヴァチカンに蓄積されていったと聞きます。蓄積に協力したイタリア最大の民間銀行・アンブロシアーノ頭取が謀殺された事件もありました。神に富を返す行為なら良い、ローマ帝政時代には、帝国への納税の是非が議論の的になり、イエス様の神の予言、カエサルのものはカエサルに、神のものは神に返しなさいという有名な一節で決着を見たようで、そこにも神なら儲けても良いとの下心が透けて見えるのです。

問題は、富を生んだ時間が盗まれた被害者は誰なのかということにあります。被害者は神だけなのか、神に返せば済むことなのか、一般庶民は被害者に含まれないのか、被害者は馬小屋でつつましく生活しておればそれで良いのか・・・法王様のクリスマスメッセージと一般庶民の価値観には、どうも大きな隔たりが感じられて仕方が無いのです。
何千年にも亘って繰り広げられて来た旧約と新約の間の争い、アメリカキリスト教原理主義者は、旧約の世界であるイラクに、大量破壊兵器が隠されているとの名分で攻め入りました。本音は、神が時間の経過と共に与えてくれた巨大資源、石油をイラクのフセインが独占するのは神の思召しに反するとの教義にあったのかも知れません・・・利子は神に貸せば良いとの教義も含めて、何教であれ多くの庶民は、神の恩恵などとは無関係な存在に置かれているのに、それを神への信仰によって償はれるという教えが、どうにもストンと胃袋に落ちて来ないのです。

・・・こちらは多神教国家ニッポンであります。多神教とは無神教と同義でもありましょうが、だが官僚制度成る強力な神が鎮座されております。キリスト教においては原子力の利用はどのように教義されているかは存じませんが、神への冒涜であるとされているのか、時折聞きます核兵器廃止の祈りを聞くと原発は止めろとも言われているのか・・・

こちらでは話が逆で、官僚神が、神のものは神へ返せとの教義でもあるのか、原発に絡んでいくらでも庶民の税を撒き上げて行くのです、命も含めて・・・

電源開発振興センターなど言う組織が、電源三法をバネに原子力立地給付金事業を22年間も独占して来て、実際の業務は電力会社に丸投げして利益だけは蓄積し、お一人様約1700万円ものお神楽代を取って官僚神の天下り先として根を張っているのです。

こちらでは神々が天上に集まって、合議の上で下界に天下られた歴史があるものですから、さような教義の下では官僚神の跋扈も認められる風土があり、キリスト教様とは些か趣が違うのですが、いずれにしても「神のものは神に返せ」との点では相通じるものがあります。

・・・宗教と言う物は、何故神だけを軸に物事の運行を考えるのか、庶民は軸にならずに、軸として取り上げられる時は必ずインチキ宗教に騙されてしまう。もし神が預言者であるとするなら、タイムマシンでもないが、古代においてどのように今を予測されていたのか、そしてこの先をどのように予測予言されているのか、知りたいものです。世界は終末を迎えるようなことは予言されてはいたようですが、何故そうなるのか、もう21世紀ですから、その原因にも目を向ける時ではないですか?政治や株式市場などの俗世から逃避して馬小屋でひっそりと暮らすのではなく、何故政治や株式市場が神の時間を盗むようなことになってしまったのか・・・軸は神にあるのではなく、そこに棲む人間庶民のエネルギーこそが軸であることからの狭義を出されるべきではありませんか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存