ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

赤い華僑・・・ ( No.77 )
日時: 2013/02/02 11:20:24
名前: 満天下有人

・・・ほんとに、何やら歴史の勉強会みたいになって来ました(笑)、まあ意味の無いことでもありませんし、華僑まで出て来ましたので復習を続けることにしますか。華僑の進出とゲルマン民族の移動では、後者が西欧諸国家形成の原動力となって文明史に与えた影響面でスケールが違い過ぎます。華僑も食い詰めて貿易で稼ごうとしたのでしょうか、東南アジア方面への進出から始まったようですね。

・・・3世紀頃、そもそも牧畜、農耕で生活していたゲルマン民族が、農耕の安定化と共に人口が増加して居住域を広げねばならなくなり、同時に中央アジアの騎馬民族フン族(匈奴)による侵入によって欧州内移動を開始、大ざっぱには、西ゲルマンのサクソン族が英国の原型、フランク族がフランスの原型、スエヴィ族がポルトガルの原型、西ゴート族がブルガリアの原型、東ゴート族がイタリアの原型となっています。

プロイセン→ドイツは元々ゲルマン族の居住地です。この大移動は古代ヨーローッパを中世ヨーロッパに転換させる文明史上の大転換点になっています。ここが華僑との大きな違いでしょう。

華僑については、チャイナタウンで飯を食う程度の知識しか持ち合わせていませんので(笑)、分からない事が多いのですが、華僑の「僑」の意味が仮住まいとしても南太平洋諸島にまでみついているのですね。交易の為に海外へ出た側面もあるのでしょうが、明時代に重税とやはりゲルマン族と同じように人口増加が原因で外に出たと言うのが移動の原因かなと思います。

現在でも労働力の提供の側面から外に出る、余剰労働力約2億人と言われ、建設労働者として95年の550万人の移動が05年の3100万人にまで急増しているようです(中国公安庁調べ)。アヘン戦争時にも高騰する重税に苦しむ労働者が海外資本と結託した中国人買弁によって売られ、黒人奴隷に代わる安価な労働力(苦力・クーリー)としてアメリカにも人間輸出を行なっていたようです。カリフオルニアの北東部にワイン産地のナパ・ヴァレイという所がありますが、ワイン蔵の入り口に巨大な岩がデンと座っています。どうやって積み上げたのかと聞くと、中国人苦力たちが持ち上げたとのこと。

これは下級労働者のことで、華僑一般としては商売で成功し、外に居ても中国方言分類での結束が固く、当該国でもその扱いに苦慮するほどの物のようです。タイトルに「赤い」華僑と冠を付けたのもその意味合いを含めてのことですが、昨今では一段と本国との連携が強化されているようです。

昨年、こちらが尖閣諸島問題で揉めている時にヒラリー米国務長官が、ニュージーランド・クック諸島のラロトンガ島を公式訪問している記事が目に止まり、何でまたあのような小島を米国務長官が訪問するのか怪訝に思ったものです。どうやら南太平洋諸島の華僑が現地政治にワイロなどで相当食い込み始めている、ソロモン諸島では新首相が華僑から貰ったワイロで当選したことに現地人が怒って、チャイナタウンを襲撃、トンガでは国王・ツボウ4世の王宮に1万人の大衆が、電気代値上げに怒ってなだれ込み、江沢民から寄贈された王様の銅像が倒される事件がありました。加えて元々トンガは台湾と親交が深かったのに、長女の人工衛星事業が失敗し、それを救ってくれたのが中国で、台湾とは断交してしまったものだから、民衆が激怒したようです。
<(ユダヤ金融資本)この様な奴等に対抗できる連中として華僑は如何かと思うのですが、これに関しても考察がいただきたいですね。とかく、中国人と言うのは、物を言わない(思想が感じられない)だけに扱いにくいですね。>・・・

華僑財閥どもも、同じ穴のムジナですから、対抗するどころか手を組む方に走るでしょう。EUが金融破綻した時も、中国詣は頻繁でしたからね。昨年12月に産経が中国新聞社の記事を転載しておりましたが、ロスチャイルドのアジア本部である香港ロスチャイルド有限公司が、中国政府とタイアップして、中国本土である天津にも本部を開しております。海外の華僑も今や「赤い」華僑になっていますから、本国との連携を一層強化して行くことでしょう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存