ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

文明の衝突なのか、資本主義への闘争なのか(4) ( No.81 )
日時: 2013/02/04 16:27:07
名前: 満天下有人

先週たまたまGyaoの「トロイの秘法を追え」なる映画が配信されていたので見てみた。、筋書は古代ギリシャの詩人ホメロスが叙事詩イリアス=現在のトルコ北部地方トロイで、紀元前1200年に大規模なトロイ戦争があったとする叙事詩に描かれた内容は神話ではない、トロイは現実に存在したと信じたドイツ人・シュリーマンによる遺跡発掘を描いたものであった。

発掘の筋はほぼ史家の定説となっているシュリーマンの発掘の軌跡に一致していて、面白かった。この史実は誰もが「トロイの木馬」、ギリシャ軍の奸計によって勝利した故事で知る所だ。その奸計の成功は、トロイ城内に内通者が居て、ギリシャ兵が隠れている木馬を引き入れたからとされている。現代ではインターネット侵略ウイルスの一つに、トロイの木馬と呼ばれるものもある。

イントちゃんが言う所の民主党7人衆は、野党になるとまともな事を言うのも、一種のトロイの木馬でしょう。トロイ城を政権に例えれば、神のご宣託によって木馬を場内に入れない限り政権は取れない、恭しい公約神託によって政権城に入ったが、中に内通者が居てアメリカ神のご神託になびき、鳩山、小沢を排除しないと城の維持が出来ない、そこでアメリカ神に結託して内通したのが、この7人衆・・・そんなことまで連想しました(笑)。いや連想でもなく、ウイキリークスが米キャンベル国務次官補と韓国金外交通商大臣との間の会談内容をホワイトハウスに伝えた公文電を暴露、言わば誰を使った方が御し易いか、菅直人と岡田をスパイもどきに米国が使う、と・・・自民党よりこいつらの方が使いやすい(笑)。

使われる奴も先見も無くバカとしか言いようも無いけど、しかし何故アメリカはそこまでやろうとするのか、ハーバード戦略研究所長・ハンチントンが文明の衝突が起こるという論文を外交専門誌フオーリンアフエアーズに公表したのは、遠い昔のことではなく、1993年のことだ。
何と何が衝突するかと言うと、西洋文明とイスラム、そして儒教文明であると。

アメリカも一方の当事者であるなら、そのアメリカが当事者として衝突するアメリカに、どんな文明があるのだろう・・・アメリカ文化のようなものは感じるのだが、それはドル通貨による世界の席捲しかない。それを守るために正義、自由なる用語を常に前面に掲げるのもこの文化の特徴だ。席捲するためにこれまた常に鼓舞用語として掲げられるのが「勇気」である。勇気を裏付けるものが軍事力であり、それを忌避しようとすると次は「臆病者」のレッテル貼りが盛んになる。

この文脈を推し進めて行くとハンチントンの文明の衝突とは、他の文明侵入によって、つけ込まれないように西洋は、政治、経済、軍事で結束を固めるべきである、それだけであって、衝突が何故起こるのかという本質にまで頭が届かないという文明に過ぎなくなる。ドル覇権維持の側面から考えて見ると、要するにオカネの為のオカネ文明論ということになる。

この論理では、文明の衝突なるものは、文明の「崩壊」に突き進んでしまうことだろう。環境維持も共存もヘッタクレも無くなってしまう。冒頭のトロイ戦争にしても、財宝の奪い合いが衝突の原因のように見えるのだが、ギリシャが何故バルカン半島の北部に攻め入ったか、ギリシャ神話の神のご宣託による面が強調されていて良く分からないのだが、ある分析家の短い文章によると、農耕で増えた人口のはけ口を他所に求めたという箇所が、とても気になった。

文明も食えなくなると崩壊して行く。メソポタミア文明が滅びたのも発達した都市化によって農地が塩害化し、食料不足が原因で衰退に向かい、やがて滅亡してしまう。その後には強大なイスラム帝国も勃興するのだが、やはり侵略によってしか必要な資源が確保されていない。あれこれの衝突を探って行くと文明の衝突とは古来、ある文明圏の拡大の過程で起こる摩擦である。自分の所の権益や生命財産が侵害されたとして派兵による戦争として現れている。しかし「目には目を、歯には歯を」によって、文明が進化した試しがあったかな?。

NATOを通じテロ対峙にのめり込んで行く安倍政権と日本、対テロ撲滅の為の巨額拠出が自衛隊派兵の道ならしであるなら、国家対国家の紛争でも無い国家対個人戦のようなテロゲリラ戦に自らのめり込むことにならないか・・・日揮事件は実に不幸なことではあるにせよ、第一地域と第二地域での紛争の背後に横たわって来た要因を事前によく検証した上での事であったのか、その認識の軽重が、我が国のこれからの生き様に大きく影響して来る予感がする。文明の衝突の本質が、文明の崩壊を内包している以上、我が国も一緒になって崩壊の道を辿らないとは言い切れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存