ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1661] 人間成長の限界
日時: 2013/01/01 08:39:39
名前: 満天下有人 ID:1356997180

・・・目出さも
    あなた任せの
        年の明け・・・

・・・宇宙運行の神は、暮れると必ず明けを運んでくださる。
そこに棲まはせてもらっている人間ども、そろそろ自らの手で明けを運ぶことが出来るのか、21世紀もその内の13%を既に費やした、自らが創り上げて来たシステムも老朽化し限界に近づいてもいるような・・・

社会の、世界の仕組みを巨大な機械と見立てて見るに、民主主義とやら言う潤滑油も、部品にばかり油を注ぎ、この巨大な機械が果たして全人類のエンジンとして適切なものなのか、機械そのものの構造を考えて見る修理屋さんが居ないように思える。

・・・いや修理屋さんは修理が専門だから、機械の構造そのものの適否を求めるのは酷というものだ。だが大きな設計士さんが世界を見渡しても居ないことが、人間の成長の限界を予感させる・・・

ITを駆使しての今日的民主主義の表現の場を掲示板とするなら、どの巨大掲示板を見ても、部品の修理というか、ここのネジはあそこの部品屋に頼もう、いやこっちだと、部分だけの議論に終始している・・・某巨大掲示板を見てたら潤滑油にはベーシックインカムが最適だとの、未だに機械全体を爆発させてしまうような危険な論がまかり出て来ている。

一つの修理現象としてそこにも、機械全体の構造を見れていない、単なる油差しの視点しかない。

・・・新たな機械のエンジンは、エネルギーをくまなく隅々にまで送り込むものでないと、偏った構造ではいずれエンジンストップの日を迎える。人間社会を動かす巨大機械に新たなセンサーを組み込まないと爆発してしまう。新たなセンサーの哲学をどこに求めるか、人間に対する価値観なるものは何なのか、空気を吸い、食わない事には人間は生存できない。価格需給や金融分析主導の論に終始する経済も、何のために同じ論議を繰り返しているのか、経済における価値論がすっぽり抜けたままである・・・これも機械の部品いじりと同じ光景ではないか、宇宙の動かし難い元素を無視したままで、地球崩壊をあれこれ論じるに等しくなる・・・

・・・まあ、人間はただ生きている、生かされているだけの生物体で、別に価値なんぞを求めるややこしい話など不要かも知れない。ならばそれこそが「人間成長の限界」というものになる。だが、生存したいという本能が存在する限り、部品いじりを何のためにやっているのか、人間に沿った共通する価値原則をも一度振り返って見ることから始め直さないと、運行機械が爆発してしまう。

…謹賀新年、謹んでお喜びを申すべきところ・・・

目出たさも
  半ばなりけり
      年の明け・・・

各位様におかれましては、先ずは生存継続の証として新年を迎えることが出来たことに同慶を申し上げたく。  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 人間成長の限界 ( No.9 )
日時: 2013/01/05 17:06:29
名前: 天橋立の愚痴人間

始めに断っておきます。
以下、紹介する文章は、このような馬鹿がいると言う見本です。

ttp://ameblo.jp/kamiyononihon/entry-11312492551.html

「膨れ上がる日本の社会保障制度を作った真犯人は、GHQである! 」

 今回は、日本の労働政策以外の社会福祉政策とGHQの関係について述べたい。
 日本の社会保障費が30兆円を超え、毎年1兆円づつ増えていることはご承知のことと思う。今回の民主党政権と自民党や公明党など野党が合意した「税と社会保障の一体改革」によって、消費税率を10%上げたところで、社会保障全体にはその予算は回らない。それどころか消費税をさらに20%程度上げなければ、日本の医療費はもたない、というのが日本の社会保障の常識になりつつある。

 ところが、戦前の日本はそうではなかった。 福祉や介護は、基本的には「自助」として家庭で行い、その家族の周辺の親戚や近所の人々が面倒を見ていたため、いまより格段と安上がりなシステムだった。
 また年金は、その土台が「恩給」というシステムであった。恩給は、国に対して何らかの功労を行った者に支払われるある種の「公共性による見返り制度」である。

 これは基本的に、社会保障費を倹約するには打ってつけのシステムだった。天皇陛下による叙勲のシステムと同じく、「国のために役に立った」という思いが見返りになることで、多くの日本人は満足していたのである。 ところが戦後の日本の年金システムは、この「恩給」というシステムを捨ててきたため、別に国に功労があったと認められなくても、多い人で掛け金の20倍近くの年金を誰しもがもらえるようになった。そのため、日本人は「個人主義」となり、国のことより個人のことをほとんどの日本人が重要視するようになった。そのため、社会保障費はうなぎ登りになり、さほど身体が悪くなくても暇さえあれば入退院を繰り返したり、国から年金や健康保険をもらって、その金額を上げれば上げるほど、「うまくやった」と誉められるまでになったのである。

このような社会福祉の考え方のほとんどは、GHQの改悪によってもたらされたものだ。GHQの思想には、左翼の階級史観が大きく影響していたが、「個人」が「国」からぶんどるシステムが出来上がったのである。介護医療にしても、すべての個人の面倒を国に見てもらう、という西欧型の発想が日本の制度として認められたからだ。

 しかし、そのような個人を甘やかすだけのシステムが長続きするわけがない。
少子高齢化で社会保障費がかさみ、子供は親を賄えなくなった。GHQは、日本人から「誇り」を失わさせることを目標にしていたため、次第に子供は働かず、労働で額に汗を流してお金を稼ぎ、それを親に自分を育ててくれた恩返しとして返そうという気持ちがなくなって行った。GHQは、日本人が数万年以来持ち続けた「勤勉性」という誇るべき民族性をあくまで壊そうとしたわけである。

 戦前までの日本人は、それほどまでに日本人は脅威であった。自己犠牲の精神が旺盛で、勤勉性が高く、社会福祉についても自分たちで自己完結する素晴らしいシステムを持っている。それを壊すことが、GHQ労政局による「日本の改革」とされたわけだ。

 ところが戦後67年間経って、そのシステムはものの見事に国家を破壊する要因となった。日本人は誰しもが個人のことを大事にし、公のために自己犠牲を払うことなど、基本的になくなった。その制度の中で生きてきたのが団塊の世代以降の戦後日本人である。

 将来の日本は、目先の対策として消費税を上げることよりも、社会保障費をどう安上がりにするか、というかつての素晴らしい制度を見直すことがどうしても重要になる。
 そのためには、GHQの行った「改悪」をいつまでも後生大事に守るのではなく、日本人を劣化させる「悪のシステム」をぶっ壊すことが是が非でも必要なのである。

(引用終わり)

今でも、アメリカを嫌悪し、我が国をGHQの被害者のように言う身勝手な輩が増えていますので、少し、GHQとは何であったか調べて見ました。

上記の文章の通り、現在につながる日本の社会保障制度は、GHQの指導の下に確立されました。
社会保険制度(医療)も年金制度もすでに日本にはありましたが、大正の終わりに作られた社会保険制度は、今で言えば正規雇用の人間のみを対象としたものであり、国民皆保険が実現したのは昭和38年でした。
年金は戦時中(1942年)軍費の徴収の為といわれていますが、これも一部の人間を対象に始められていたものを、国民皆保健として1959年(昭和34年)に国民年金制度どして確立されました。
厚生年金は、それに少し遅れて始まる事になります。
国民年金を創設した時の総理大臣は岸信介であり、社会保険を創設したのは池田隼人です。

これらの理念となっているのは、日本国憲法であることは説明しなくても良いでしょう。
また、敗戦国日本を十数年で立ち直らせたのは、GHQの施策によるものであり、その施策の主だったものを挙げて見ますと以下の様なものがあります。

農地改革…地主の農地を国が買い上げ、小作農家に安く売り渡すことにより、農家の生活を安定させる。

財閥解体…独占禁止法を成立させ、持株会社を禁止し、四大財閥などのコンツェルンがそれぞれ数百社の会社に分割される。

労働組合の育成…労働組合の活動を活発にさせることにより、労働者の賃金水準、労働環境を改善させる。


また戦争直後、日本が受けた被害は大きく、戦死者は約200万人で、国富の4分の1が空襲などで消失しました。そんなボロボロの状態の日本経済がGHQ(アメリカ軍)主導のもと、立て直されていきます。まずは資金面の援助として、アメリカからの敗戦国の生活救済資金であるガリオア資金と、敗戦国の産業復興資金であるエロア資金が提供され、ガリオアは国民の生活向上、エロアは工場の再整備に役立ちました。その上で実施されたのが上の政策です。

戦争直度、日本がインフレに苦しんでいた1949年、一人のアメリカ人が日本にやってきました。その名をジョセフ・ドッジといいます。デトロイト銀行の頭取(社長)でした。GHQは日本の急激なインフレを抑制するために、経済専門家として彼を呼び寄せました。ドッジはこのしゃれにならないインフレを抑制するためにドッジ・ラインと言います。

その後に起きた朝鮮戦争の特需で日本が一気に立ち直った事は周知の事実です。

現在のアメリカ金融資本の横暴は、これとは別の問題ですが、何が何でもGHQ(アメリカ)を悪の根源とする思想は身勝手すぎるのではないでしょうか。

申し上げたいのは、

日本の諸制度は、この時から全く進歩していないと言うことです。
佐藤栄作以来、自民党の歴代内閣は、国家を忘れ、ひたすら繁栄の栄華を貪り食う事に専念し、思い上がった官僚と共に我が国を此処まで疲弊させてきたのです。

自民党政治、そのものの中で、国家のありようと対峙した人間はいるでしょうか。
言い換えれば、GHQの指導なくして政治が判らないクソばかりであったと言う事です。

そんな奴らの2世、3世に何が出来ると言うのでしょう。
取り繕いより出来ない無能者に、何を任せると言うのでしょう。

我が国は、戦後の復興まで「おんぶに抱っこ」、
GHQの批判をするまでに、何故、そのとき我々自身が気がつかなかったと反省しないのでしょう。

その後の事情の変化に、自分自身で対応することをしなかったのでしょう。
ましてや、冒頭の文章を書く奴に至っては、盗人猛々しいと言う奴です。

こういう民意が、いまだに自分自身で立ち上がることなく、不幸の原因を全て他人のせいにして救世主を待ち望む姿勢から抜け出す事が出来ないのです。

新年から、吼えてしまいました。

ごめんください。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存