ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間騙し装置 ( No.241 )
日時: 2013/05/05 09:39:24
名前: 自民党の憲法改正草案・・満天下有人

イントちゃん、現行憲法と自民党の改正草案比較の資料、どうもありがとう。これを見ると安倍どもが如何に憲法を権力側に使いやすいようにしているかが、憲法の何たるかを全然分かっていないことがよく分かります。それが追加された第102条の「憲法尊重擁護義務」によく現れています。

第102条:全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」

憲法がそもそも、国民生活者の自然生存権を国家権力が損ねないようにを監視するものであることを否定し、国家による権限強化は逆に強化する条項を散りばめている。

おっちゃんならここは、「日本国家運営に携わる者は全て、そもそも自然生存権を固有の権利として有する国民の生存を維持する義務を負うことに鑑み、国民の社会的平均的幸福を限りなく維持、拡大する努力を怠ってはならない。」さような文言にすべきだと思います。近代憲法の思想的土台となったジャン・ジャック・ルソーの天腑人権説=自然法の概念からすれば、こような規定を明確に入れるべきです。

その意味でおっちゃんも、現行憲法も敗戦占領下にあって作られた憲法は、全て改正すべきであると思います。条項の配列からしてバラバラであるし、権力を縛る憲法としても、不十分で曖昧な条項が沢山あります。

第一に、現憲法も、国家を形成しているのは誰なのか、国民の基本的人権がトップに来ないで、いきなり「天皇」から始まっていますね、これは占領軍が戦後の混乱を避けさせる為には、天皇を崇拝する国民性を無視できないとの思惑で、いきなり天皇をトップに持って来たものでしょう。

そういう意味で、フランスやアメリカ独立の憲法などがトップに人間でる国民を据えている場合は、修正憲法とか条項を加える加憲でも構わないでしょうが、我が国の場合はそもそもからして、人間国民から発想を起こした憲法制定の経験がありませんから、この際、「改正」ではなく一度、抜本的にばらしてしまって、「創憲」に挑戦すべきではないかと思いますね。

そしてトップに、良い言葉が思いつきませんが、例えば「国の構成」とか言う基本構造を冒頭に掲げて、そこで国家は自然生存権を有する国民によって構成されていること、その維持、促進は国民の厳粛なる負託によって選挙で選ばれた議員が代理でこれを行い、その義務及び違反した場合の罰則は別の下級法(国会法など)によること、違反項目として首相の支持率が落ちた場合の解散権も、現行憲法でも解散は首相の専権事項であるとの、何だかどこに規定されているのか明確でない曖昧な部分を、きちっと明確にする・・・

国家運営の実務に携わる公務員の義務及びそれに違反した場合の公務員法をより厳格にして、それに準拠すること・・・等々、先ずは国民と国家の関係としての基本精神を大きく括っておいて、そこから細部に順番に落として行く・・・
天皇の位置付も、その国家基本構造の冒頭三番目くらいで決めれば良い事です。三番目で良いと言う意味は、既に戦時中でも天皇機関説があったくらいですから、遠慮することもありません。明確に元首とするなら、元首とは何かを明確にして、国際親交外交に徹して頂くように規定すれば、それで良し。

冒頭に掲げよとする国民の自然生存権の箇所に、当然、国民の義務も入ります。現憲法では第三章12条で規定されていますが、これも冒頭に掲げる国民の自然生存権に義務も纏めるべきだと思います。

それにしても自民党の改正案では、現憲法が「公共の福祉」としているのを、「公益及び公の秩序」に言葉を変えていますね、ここにも国民の自然生存権を構成する福祉の概念を抹殺して、国家ありきの国家主義に変えようとするフアシズム的体質が出ています。それは新設条項である「国旗国歌」にモロに出ていますね・・・「日本国民は国旗及び国歌を“尊重しなければならない」、いつから中世が如き専制君主になったのか?(笑)。アメリカといえども、国旗国歌を忠誠の中心においている是非はともかくも、国歌は英国支配から独立して勝ち得た独立の精神によるものであり、国旗も連邦州が増えて行った軌跡を現しているもので、国民がそれぞれに血を流しながら勝ち取って来たものでしょう・・・尤も、原住民抹殺の歴史も含まれますが、そしてイラク戦やアフガン戦でも、勝手に相手を攻撃する時も精神の高揚の道具にしていることは、如何なものかとは思いますけど。

極め付きは第29条の財産」で、現憲法が財産権はこれを犯してはならないとしているのを、「財産権は、保障する」に変えています・・・国家権力で保障してやると言わぬばかりです。現憲法のままで良いし、あえて言葉を変えないと新鮮味が無いとでも思っているなら(笑)、国家は国民の財産権を保障せねばならない、と言うべきです。それが保障してやるではねえ〜(笑)。

極め付きの改正条項が多すぎて、また極め付きになりますが(笑)、自衛隊を国防軍に変える条項。「・・・国際社会の平和と安全を確保する為に国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し・・・」
日米同盟地位協定を守って沖縄を犠牲にし、アメリカの足りない軍事費を助ける現状からして、そして日米年次協議米要望書で求められた米軍事行動に歩調を合わせる現状からしても、これは国連による多国籍軍参加よりも、米国軍事行動に自衛隊を合わせてやる集団的自衛権以外の何物でもありませんね。

そのことは現憲法の第10章「最高法規」を全部削除して、新たに憲法の最高法規性の2で、「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に順守する」との条項に良く示されていると思います。
態々独立記念日まで設けている割には、条約としての日米地位協定を、国際条約として守ると言ってるのですから、集団的自衛権とはアメリカの戦争に参加すると言うに等しく、頭隠してシッポ丸見えの無様さです。

最後に第7章の「財政」について触れて見ます。第2項を新設して「財政の健全性は、法律の定める所によることを必要とする」とは言うものの、日銀による国債の直接引受なる禁じ手を、法律がそれで良しとすれば、それが健全なものでるとする暴論を入れようとしている。
そして何がどうなっているのか得体の知れない特別会計のことには一切触れていない。海外諸国への援助金などの支出、一般会計に於ける外務省予算でははるかに足りない海外支援金は、特別会計を明らかに、あるいは一般会計と合わせた単一会計で統一しないと実態が何も分かりません。米国債買いもそうです。

そして原発災害を含む復興予算にしても、そこからクジラ調査費や税務署建屋改修費やら自衛隊の訓練費や厨房改修費に流用されても、何の罰則も課せられていない。おっちゃんが提案する憲法冒頭に掲げよと言う国の構成とその施行に関わる権力側を縛る罰則も、冒頭で先ず縛っておけと言う趣意は、そこにあります。

現憲法といえども、規程の順序が何を基準にしているのか、いきなり天皇を持ってきたりして、ゴチャゴチャです。その意味で改正には賛成であり、否、一度ばらしてしまって「創憲」しない限り何も変わらないことでしょう。

ましてや迷彩服を着て戦車に乗って悦に入っているバカボンどもの改正案など、まともに議論する気も起りませんが、悲しいかな、言っておかないと、そのままズルズル決められてしまう恐怖感が消えないからです。
自民党政権与党の改正案には0点を付けます。まあ、よくもまあこんな本末転倒のフアシズム案を考えたものだと、そのムダな努力に対し5点くらいは上げますか(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存