ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ピューリタニズム補足説明 ( No.674 )
日時: 2013/10/02 03:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:IS9/hILI

NO 670 のレスのピューリタニズムの説明では、ややこしくてはっきりしない部分があると思いますので掻い摘んで補足説明します。

ローマ時代のキリスト教は、キリストの教えが全てであり、宗教国家として魔女狩りなども横行し、人間性と言う意味ではキリスト教の意に反して暗黒の時代でありました。

さしものローマ帝国が内部崩壊の形で崩れると、入れ替わりにルネッサンス運動が始まり、宗教的にも雁字搦めにされていた、人間性の見直しが始まりました。それは新しい文学、絵画と言うものから現れてきました。
同じ頃、キリスト教自体も宗教改革の時代を迎え、従来と異なる神と人間の関係が模索されてきました。
代表的なものがルター、カルビンの宗教改革です。

彼等の改革は、宗教的には、飽くまでもプロテスタント、ギリシャ正教など、宗教的な分派活動でしたが、近世の社会のシステムは、キリスト教を純粋宗教の枠から見るだけではなく、王権神授説などにも利用され、新しい形で政治と絡んで展開しました。

ところで、宗教改革は、もう一つの発展の仕方をしていたのです。
それは、神(キリスト)と人間の関係に新しい可能性を見つけ出す事により、人間の精神を神から独立できると言う観念が発達して行ったのです。

何を隠そう、それが民主主義の源泉となり、人間の神からの開放、要するに利己心の開放が許される事になったのです。
ピューリタニズムとは、この過程で、ルター、カルビンの宗教内改革を、社会の人間のありようまで広げて行ったのです。

先に紹介した文章の中に

>ピューリタニズムの社会のなかに契約社会をつくっていったことが特筆される。すでにメイフラワー契約にもそれはあらわれていたが・・・

契約と言う言葉が出てきます。
これは神を意識して、キリスト教の三位一体の関係から脱する理由付けに、社会契約と言う概念を当てはめたのでしょう。
ある種の契約の範囲以内であれば、人間は神から開放されて、利己心を追及する事が許されるという発想です。
現代社会では、その様な言い訳など必要ないものと思いますが、当時は、そうではなかったのでしょう。

中世に終わりを告げ、新しい社会の形を形作る、概念の象徴が、民主主義、資本主義であったのです。
そうして、それを最初に実践したのがピューリタンと言う事になります。

最も、その時は、はっきりとした(今日の様な)民主主義、資本主義の概念には至っていなかったでしょうが。
ピューリタニズムとは、メイフラワー号でアメリカに渡った人たち特有の思考のようにも見えますが、実は、これを契機に近世以降のヨーロッパ文明、現実的には世界を席巻している現代文明を生んだといえましょう。

まあ、ユダヤとの関連でも、ここ100年〜200年の間に、その総本山がアメリカに移ったことも確かなようです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存