ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

予算否決に見える米伝統思想の復活(4) ( No.675 )
日時: 2013/10/02 13:30
名前: 満天下有人 ID:Cqxi.LKg

世界に国家と言う枠組みがある以上、日本は誰のものかと問うた時、ためらいも無くそれは日本人のものである、日本「民族」のものであるとの答えがすぐに出て来るだろう。

だがアメリカにそれを問うた時、アメリカ人のものであると答えても、その構成は多人種国家で、それぞれの過去の思想、民族気質が違うのだから、ひとくくりで、これがアメリカ人のものだと断定できるものが無い。イメージとしては自由を標榜する国民なる共通の認識があっても、黒人やヒスパニックの自由は、職業選択やその他の面でかなり自由になったとは言え、社会的にはかなり「人種」差別が残っていることだろう。この異なる文化習俗を持つ多人種を統括するには、何かコアになるべき思想を要した。どの人種も言うなれば自由に飢える迫害を受けた難民で、それを括るものとして「自由」が共通の根本思想になったのであろう。

全米人口約3億人に占める比率が僅か2%弱のユダヤ人は、彼らの自由の為に米国政治経済に大きく関わっているのだろうか。そのパワーは、政治面ではイスラエルユダヤロビーを結成し、経済面ではユダヤ系金融資本が牛耳っているからであろう、それがまた政治のかじ取りを決めてしまう。

そのアメリカにおけるユダヤ人社会で1900年初め頃からカレンなる哲学者の主導によって、メノーラジャーナルという雑誌で、ユダヤは人種でなく「民族」であるという運動を始め、アメリカユダヤ人激増の主力であったソ連、東欧から逃れて来たアシュケナージ系ユダヤ人が、実は敬虔な信仰者でもなかったことから、宗教的側面より生活文化を取り戻すことに重点を置いて、偏見の匂いがする人種呼ばわりを止め、「民族」としてのアイデンテテイを確立する運動が広がった。

別の見方をするなら、アメリカ人というアイデンテテイとユダヤ人なるアイデンテテイのうち、アメリカを捨ててアメリカと言う国に生存している民族という事になる(笑)。それを言うと、ヒスパニックにせよアジア系にせよ全ての民族がアメリカという土地に住んでいることになり、それを詮索しても始まらない。そもそもそのような各人種がアメリカという国を創ったのだから。

だが国家である以上、現実にはその国の政治、経済がどのようになり、アメリカの場合ではその方向性を決めているのはどの民族だ、そしてその民族の過去の思想の流れはどうだったのか、その切り口でピューリタニズムがありユダヤ主義があって、その性格が現実にどのように関係して来たのか、現実問題としてそこが見えないと先も見えなくなってしまう。

中・上層部白人WASP6千万人、そして僅か520万人のユダヤ系がそれを牛耳ってしまった現実、政治面では民主党に食い込んでしまっている。初期のリンカーン保守共和党は、北部産業資本を勃興させることから着手したのに、それに要する通貨がロスチャイルドに支配されていた為にリンカーンがそれに抵抗、南北戦争末期に暗殺されてしまう。(暗殺犯人であったブースのカナダ国籍の孫娘が、後にカナダ議会に、ブースの手帳などを提出し、暗殺指令者を暴露、やはり欧州の金融資本であるが、これは真夏の夜の夢・リンカーン暗殺スレで紹介したので今回は省略)

初期民主党は南部を中心とした勢力を支持基盤に持ち、南部の農場主等の権益の擁護を中心としており、南部綿花のような国内産業保護の視点と同時に、欧州における需要に応え、その見返りに欧州の優良商品を安く輸入できる。
所が北部産業資本は南部が英国を中心にした金融資本と癒着しているとして、独自通貨も思うように発行出来ない、南部を牽制する為に輸入関税率を操作して南部の輸入恩恵を阻止したものだから、英国を中心に南部綿花の輸入禁止の報復に出た。奴隷制度が南北戦争の原因と言われるのが一般的であるが、通貨及び貿易に関わるこの南北の違いが真の原因である。

当時のユダヤ社会は、南北戦争勃発20年前に既にNYで、ブナイブリス(=契約の息子)なる世界初のユダヤ人相互扶助組織を結成しているが、南北戦争にどのように関わったかは、資料が無い。ただ迫害される黒人奴隷については同じ被迫害人種として、今でも理解しているようだ。

しかし南北戦争段階では、まだ政治的にどちらを支持するかの立場は明確ではなかったようだ。
民主党支持が鮮明になったのは、やはり1913年のFRB創設に関わる大統領選挙で、当選など出来ないと思われていた民主党のウイルソンが、ユダヤ組織による運動で大統領になってしまった時である。その年の12月23日にFRBが、ロスチャイルド系金融資本によって創設されている。

この年のも一つの注目すべき出来事に、WASP財閥の象徴と言われたモルガン財閥のJPモルガンのオーナーであったピアポンドが他界。すごい財産を残したのだろうと思われていたが、彼が保有していたモルガングループの株式保有率は19%。残りはロスチャイルド家が保有していた。その経緯もモルガンの歴史で紹介したが、WASPがユダヤ金融資本と提携しないとやって行けなかった側面から、後で再掲してみたい。

この1913年は、色んな意味で今日の米政治経済界を予想させる重要な年であった。更に見落としてならない出来事は、上記ブナイブリスの具体的組織として、アメリカロスチャイルドのジェイコブ・シフが、現在でも民主党を牛耳っているADL・ユダヤ名誉毀損防止同盟を設立したことである。何故それが重要かと言うと、この組織はブロンフマン議長によって全米500の有力企業を牛耳っているからである。世界最大の化学企業であるデユポンをも乗っ取り、南米食糧の支配者である穀物メジャー・ブンゲを支配下におき、モンサント以上の人工食糧開発を行っているフシがある。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存