ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間騙し装置 ( No.857 )
日時: 2013/12/07(Sat) 03:35
名前: 三割民意で実現した強権国家(2):満天下有人

予定通り特定秘密保護法案が参院でも成立してしまった。日比谷公会堂での反対集会は15,000人もが参集し、会場に入りきれない熱気であったようだが、遅きに失している。

反対派は民主主義の崩壊を叫び、選挙でこの法案を葬り去るしかないと息巻いているが、この主張に奇異なものを感じる。この投稿のタイトルに掲げたように、そもそも3割に過ぎない民意=反対が叫ぶところの民主主義は、その民意によってこのような体質の政治を既に許容していたのだから、民主主義がそれを求めたということであり、今更、民主主義の崩壊を叫ぶことに奇異なものを感じてしまう。

否、自民だけでなく公明、維新の会、みんなの党も賛成に回ったのだから、7割の民意がそれを求めたということになる。否、更に言うなれば、そもそもこの法案が動意ずいたのは、民主党政権の時に尖閣における中国漁船の体当たり事件が起こり、対中国との外交交渉に持ち込まれて漁船船長が釈放され、当時の仙谷官房長官が、体当たりのビデオが流出したことから、まずいことになって外交における機密が漏えいしたことを防御する為に、秘密保護法案設置に向けて動きが始まった。
その意味では民主党もこの法案に反対する資格は無い。とすれば彼らを選んだのも国民であるから、ほぼ100%の民意がそうさせたことになり、これは完全な民主主義が実行されたことにならないか(笑)。

法案の中身と、それに関係する過去の各行政機関同士の葛藤を勘案すれば、各省庁が各省益を他省益によって妨害されことを嫌った法案であるとの感じも拭えない。そのことが第三章「特定秘密の提供」なる条項に滲み出ている。

(我が国の安全保障上の必要による特定秘密の提供)

「特定秘密を保有する行政機関長は、他の行政機関長が我が国の安全保障に関する事務のうち、別表に掲げる事項に係るものを遂行するために当該特定秘密を利用する必要があると認めたときは、当該他の行政機関に特定秘密を提供することが出来る」。

どうも各省庁が省益を守る為に機密事項を提供しないケースが多くあるものだから、そのことを言ってるのかなとも思ったが、具体的にどういうことなのか良く分からなかったのだが、社民党前党首福嶋瑞穂と、鈴木宗雄事件で失脚させられた元外務省の佐藤優氏との週刊金曜日ニュース対談を読んで、成程と納得できた。

今回のこの法案の推進者が内閣調査会で、その背後には当然ながら公安警察が居る。例えば外務省が外国要人と会談する時も公安は、常につきまとって何を話し合っているのか情報を探る。会談が高級料亭などで持たれ、相手は高級料理を食べながらやっているのに、探る側は車の中でアンパンをかじりながら長時間張り込みを続けねばならない(笑)。外国在大使館領事館などでは高級ワインを無制限に利用して私財蓄積も謀っている。心情的にはさような感情も重なって外務省機密を何としてでも暴きたくなる(笑)。

今回法案は外交防衛に主眼がおかれているから、主要関係機関は、外務省と防衛省。
外務省の場合は、機密漏えいを怖れてメモを残さないケースが多いらしい。だが相手がメモしているケースが多く、そして外国は文書公開法があって、いくらこちらがメモを残さずとも、相手から暴露されてしまう。米外交文書公開法などによって暴露されたケースが多い事も、誰もが承知のことである。そして外交案件で二度目の会談になって、相手がある条件を出してきて、それをこちらが拒むと相手は、一回目の会談メモを取りだし、日本のいう事は第一回目と違う、ならばこのメモを公開すると言い出されて、こちらはメモ無しの機密事項にしているから公開は何としてでも阻止せねばならなくなり、そこで援助金とかの相手の言い分を飲まざるを得なくなるケースも結構あるらしい。

外務省では課長になると先ず、課長しか開けることが出来ない金庫を開けて、自分に関わるメモなどが出てくると全部焼却してしまうそうだ(笑)。

今回成立した機密保護法による非公開期間は、5年間と定めている。しかし更に必要と認めた場合は更に5年間延長出来、最高30年間としている。シンゾーの叔父・佐藤栄作首相による沖縄核抜き返還のウソも、毎日新聞西山記者によって暴露された。だが佐藤は貰ったノーベル平和賞は返還しなかった(笑)。

今回機密法案は、国家安全保障の美名の下に、各省庁が連携を取ることに主眼が置かれた気配が濃厚で、では国民一般にはどのような影響が及ぼされるのか、第12条における行政機関長による適正評価にさりげなく忍び込まされている条項解釈の如何による。

適正評価は機密を有する各行政機関職員に向けられたものではあるが、それでも処罰対象となるのは、親兄弟以外の親戚全部に疑惑が課せられる。秘密を扱うその周辺の人々をも政府が調査・管理する事が出来るということだ。12条に規定されたテロに関する共謀条項が、一般向けに拡大適用される文言になっている所がミソだ。そして何の罪で刑罰が科せられるのか、それ自体が機密なのだから、公安に引っ張られたらお終いということだ。その恐怖については前に少年時代の体験を書かせて頂いた。
今回法案の成立は、シンゾー思想的政官によるものであるとするのは、表面的な手続き論にしか過ぎない、そのような政権を実現したのは、他ならぬ国民なのである。シンゾー一派が民主主義を踏みにじったのではない。民主主義がそれを求めそうさせただけの結果であるから、今頃、民主主義を破壊したとの叫び声に、些か違和感をぬぐえない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存