ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1708] 憲法改正について(アメリカとドイツの憲法との比較)
日時: 2013/03/08 18:20:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1362734428

<憲法改正>96条論議が活発化 参院選後にらみ各党思惑
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000108-mai-pol

安倍晋三首相が掲げる憲法96条改正による改憲発議要件の緩和に向け、与野党の動きが活発化している。首相が会長を務める超党派の議員連盟「創生『日本』」が96条改正を視野に活動を再開し、民主、日本維新の会、みんなの3党有志も7日、勉強会の設立を決めた。改憲発議に必要な衆参両院の3分の2以上を確保する土台作りのほか、賛否両派が混在する民主党を分断する狙いもちらつく。参院選後の枠組みもにらみ、各党の思惑が入り乱れている。

(引用終わり)

馬鹿、クソ、邪宗信者、愚劣首相、安倍が憲法96条の改正を言い出した。
9条改正が目的であろうが、此処は今一度、我が国の憲法と言うものを俯瞰していただきたい。

日本国憲法全文は、次のサイトを見てください。
ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

これに対して、次に、アメリカ合衆国憲法とドイツ共和国憲法を紹介しますので、日本国憲法との違い、善し悪しを判断してください。

憲法改正論者には、アメリカが作ったから改正が必要と言うものがいますが、何処の誰が作ろうと立派なものは立派なものです。
悪く改正する必要ないと思います。

9条の文言については、慎重に検証することも必要でしょうが、アメリカが作った、云々は関係ありません。
我が国、国民としての判断が必要でしょう。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 憲法改正について(アメリカとドイツの憲法との比較) ( No.34 )
日時: 2013/07/10 00:15:20
名前: 危機感・・・ロムやん

天橋立さん、こんばんは。
御指摘のとおり、安倍と言う人物は人間性は皆無なのでしょうね。

次期衆院選を、起死回生のチャンスと捉えている政治家もいます。が、しかし
その考え方は、国民が地獄のどん底に落ちる事により、やっと目が醒めると言う
考え方であり、目が醒めれば選択肢も変わると言う考え方です。

しかし、目が醒めても、選択肢が無い。選択の自由が許されないとゆう可能性が今回
参院選で現実となるのではないかと危惧しています。

今回、橋立さんの投稿記事は、それをよく表しています。
その意味で、このスレッドは非常に重要であり、相応の覚悟を決めなければ
日本国民は、いつか来た道に引きずり戻されるのではないかと危惧しています。

彼らは、非常に巧妙であり人々に、いつでも憲法を元に戻せると言うニュアンスで
語りかけ、96条の先行改正を企んでおり国民は、危機感が非常に薄いとゆう
現実があります。

このスレッドを読まれた方々は、身近の人々に現在、進行している危機をお話して
頂ければと切に願います。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存