ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1708] 憲法改正について(アメリカとドイツの憲法との比較)
日時: 2013/03/08 18:20:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1362734428

<憲法改正>96条論議が活発化 参院選後にらみ各党思惑
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000108-mai-pol

安倍晋三首相が掲げる憲法96条改正による改憲発議要件の緩和に向け、与野党の動きが活発化している。首相が会長を務める超党派の議員連盟「創生『日本』」が96条改正を視野に活動を再開し、民主、日本維新の会、みんなの3党有志も7日、勉強会の設立を決めた。改憲発議に必要な衆参両院の3分の2以上を確保する土台作りのほか、賛否両派が混在する民主党を分断する狙いもちらつく。参院選後の枠組みもにらみ、各党の思惑が入り乱れている。

(引用終わり)

馬鹿、クソ、邪宗信者、愚劣首相、安倍が憲法96条の改正を言い出した。
9条改正が目的であろうが、此処は今一度、我が国の憲法と言うものを俯瞰していただきたい。

日本国憲法全文は、次のサイトを見てください。
ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

これに対して、次に、アメリカ合衆国憲法とドイツ共和国憲法を紹介しますので、日本国憲法との違い、善し悪しを判断してください。

憲法改正論者には、アメリカが作ったから改正が必要と言うものがいますが、何処の誰が作ろうと立派なものは立派なものです。
悪く改正する必要ないと思います。

9条の文言については、慎重に検証することも必要でしょうが、アメリカが作った、云々は関係ありません。
我が国、国民としての判断が必要でしょう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 憲法改正について(アメリカとドイツの憲法との比較) ( No.44 )
日時: 2017/10/06 21:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:2cBArtzk

次に基本的人権の問題に移りましょう。

「日本憲法」

日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務

第十条【日本国民の要件】
 日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

第十一条【基本的人権の享有と性質】
 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第十二条【自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任】
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条【個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利の尊重】
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第十四条【法の下の平等、貴族制度の否認、栄典の限界】

第十八条【奴隷的拘束及び苦役からの自由】

第二十条【信教の自由、国の宗教活動の禁止】

第二十一条【集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密】

第二十二条【居住・移転・職業選択の自由、外国移住・国籍離脱の自由】

第二十三条【学問の自由】

第二十四条【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】

第二十五条【生存権、国の生存権保障義務】

第二十六条【教育を受ける権利、教育の義務、義務教育の無償】

第二十七条【労働の権利・義務、労働条件の基準、児童酷使の禁止】

第二十八条【労働者の団結権・団体交渉権その他団体行動権】

第二十九条【財産権の保障】



「アメリカ合衆国憲法」

修正第1(信教・言論・出版・集会の自由・請願権)
 連邦議会は、国教を樹立したり、宗教の自由な遂行を禁止したり、言論と出版の自由や、人民が平穏に集会し、苦痛の救済を求めるために政府に対して請願する権利を制限する法律を制定したりしてはならない。

修正第9(基本的人権の保障)
 本憲法に特定の権利を列挙したことは、人民の保有するその他の諸権利を否定したり軽視するものと解釈してはならない。



「ドイツ連邦共和国憲法」

(基本権)

第1条 [人間の尊厳、基本権による国家権力の拘束]

(1) 人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、および保護することは、すべての国家権力の義務である。
(2) ドイツ国民は、それゆえに、侵すことのできない、かつ譲り渡すことのできない人権を、世界のあらゆる人間社会、平和および正義の基礎として認める。

(3) 以下の基本権は、直接に妥当する法として、立法、執行権および司法を拘束する。

第2条 [人格の自由、人身の自由]

(1) 何人も、他人の権利を侵害せず、かつ憲法的秩序または道徳律に違反しない限り、自らの人格の自由な発展を求める権利を有する。
(2) 何人も、生命に対する権利および身体を害されない権利を有する。人身の自由は不可侵である。これらの権利は、ただ法律の根拠に基づいてのみ、侵すことができる。

第3条 [法の前の平等]

(1) すべての人は、法の前に平等である。
(2) 男女は、平等の権利を有する。国家は、男女の平等が実際に実現するように促進し、現在ある不平等の除去に向けて努力する。
(3) 何人も、その性別、門地、人種、言語、出身地および血統、信仰または宗教的もしくは政治的意見のために、差別され、または優遇されてはならない。何人も、障害を理由として差別されてはならない。

第4条 [信仰、良心および告白の自由]

第5条 [表現の自由]

第6条 [婚姻、家族、非嫡出子]

第7条 [学校制度]

第8条 [集会の自由]

第9条 [結社の自由]

第10条 [通信の秘密]

第11条 [移動の自由]

第12条[職業の自由、強制労働の禁止]


(引用終わり)

基本的人権の項目はドイツに似ているが、その内容は日本の場合の方が、余程手厚く、この面では日本国憲法は世界で一番すぐれている。
ただし安倍自民党の改正案は次の通りで、はっきりと憲法精神の後退である。
理由は解っている、財政難のおり社会福祉政策を低減させて財政的帳尻を合わせたいだけの事。
70年間も守り、尊重して来た我が国の憲法を、たかが安倍のクソ野郎の判断で汚されてはたまらない。
憲法改正と言えば、ほとんどの人が第9条の内容に目が向くであろう。
そうして第9条の改正には多くの人が同意するであろう。
しかしながら、安倍自民党は、どさくさに紛れて、このような卑劣な事を企んでいる。
絶対に許してはならない。
憲法の基本的人権の項目を弄っても、我が国の財源の問題の解決にはならない。
我が国の貧困の解決にはならない。

(基本的人権に関する現行憲法)

(基本的人権の享有)
第十一条 国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利である。

(改正案)

第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

(解説)

改正案では基本的人権の享有を妨げない、とか国民に与えられるとか、言う表現に変わり、国民にとっての権利を受動的な認識に変えている。

さらに続く、

(現行憲法)

第99条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

(改正案)

第102条(憲法尊重擁護義務)
1 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。
2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。


(解説)

憲法とは、元々国家が国民に対して負う義務の規定である。
要するに、国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員の行動の規範となることを目的に制定されている。

「立憲主義」
立憲主義とは、政府の統治を憲法に基づき行う原理で、政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれていることに依拠するという考え方。

>1 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

態々このような表現の挿入は必要なく、何の為の挿入か、もう、無茶苦茶である。
自民党には、この様な考え方をする人間が多くいるということであり、戦前の天皇中心と言うよりも、天皇を利用した神道国家へ逆戻りする要素が存在する。

それは次の言葉で明白である。国民の固有の権利を誰が与えると想定しているのか。
アメリカ、ドイツの例をとっても、国民の基本的人権について国家が保障すると言う事はあっても、与えるという言葉はない。

>基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

与えられると言う言葉は、次の文言と連動している。

>全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

可笑しいのではないか。


安倍自民党の憲法改正問題の本音を取り違えてはいけない。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存