ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1711] 経済の話し
日時: 2013/03/12 23:22:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1363098145

最近、阿修羅掲示板に良く投稿される「あっしら」のサイトへ行ってみました。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/index-as.htm

HNは「あっしら」と名乗られているが経歴は解りませんが、資本主義経済のシステムが持っている色々な矛盾を説く解す能力豊かな、経済に強い確かな方と見受けしました。
その一部を転載します。



「供給=需要」の向こう側 <想像力から創造力へ> S子
         
「利潤なき経済社会」を興味深く、また、意義深く読ませていただ
いております。資本主義経済において、結局、私たちが見誤ったも
のは、マネーにおける「目的」と「手段」をはき違えたことにある
のは間違いないだろう。経済活動における潤滑油とはマネーであり
、そのマネーが滞ることなく流通し、循環してこそ経済の活性化を
見ることができ、個々人としての生きる活動も活発化してくる。

それはまるで私たちのからだを流れる血液のようなもので、血液が
さらさらの状態であれば私たちは健康で日々を無事に過ごすことが
できる。が、血液がどろどろ状態になり、この流れが悪くなり脳で
詰まれば脳梗塞が起き、その部分の脳組織が壊死してしまい、私た
ちは失語症になったり、半身不随になったりする。

資本主義も当初はマネーがモノを交換するための「手段」として流
通していたが、資本主義が成熟してゆくにつれて、いつの間にか「目
的」と化した。マネーの目的化はつまるところ全てを目的化させてし
まい、私たちにあらゆるものの「本質」を見る目を喪失させた。
これは事実である。

そして、それが「供給=需要」という経済活動を必然的に生じさせ
、モノに溢れた社会が誕生した。「供給=需要」という経済活動は
よくよく考えてみれば、「与えられた人生」を送ることになり、
そこには自主性や主体性はなくても私たちは「与えられたモノ」を
購入し、そこそこ無難な人生を送ることができる。

私たちが無難だと錯覚し、安心してしまうのは、周囲が皆「与えら
れたモノ」である「同じモノ」を持っているからである。つまり私
たちは「与えられた、同じモノ」を持つことによって人生の安定や
幸福の尺度をはかっていた可能性がある。「供給=需要」という経
済活動では、人間の欲求すらも本質から遠ざけてしまうということ
である。

本当に自分が欲しいモノだったのか、他人が持っているから欲しい
のか、テレビコマーシャルで見たから欲しくなったのか、売り込み
にきたから購入したのか、ないと困るほどではないがあって困るほ
どでもないので購入したのか等、心から欲しているものではなく、
供給されたから需要したという構図が自然と生まれる。それを自分
の欲求があったから買ったと、私たちは錯覚しているにすぎない。

こうして私たちは「与えられた人生」を無難に安定して生きること
で、「危機感」を抱くことなく日々を過ごし、人生を終える。人間の
三大欲求であり生きる基本の「食・性・寝」も既にこの「供給=需
要」という経済活動に組み込まれ、マネーの目的化とともに人間と
しての本能を私たちは喪失しかけている。現代人はこの自覚すらも
ないという悲しい状況におかれているのである。

しかし、マネーの目的化による「供給=需要」という経済活動では
経済成長が持続できないどころか、経済の空洞化を生み失業者を増
加させ、個人としての生きる活動が阻害されてしまう。そのことに
気づいたのが、今回の欧州連合憲法批准拒否の仏国民である。拡大
EUの存続に待ったをかけた格好となったが、「危機感」を抱いた彼
らの人間的本能はまだ廃れていないどころか、十分に健在である。


(中略)

ひるがえって日本を見れば、「供給=需要」人生が非常に行き届い
ており、大人も子供も主体性をなくし、自信喪失し、想像力にも欠
け生きる気力も無い状態に置かれている。だから米国の言いなりに
しか生きることができないのである。「供給=需要」という「与え
られた人生」を送ることは確かに楽ではある。が、そこには「自分
」というものがない。この人生を生きる「自分」がないのである。

だから真の喜びや真の悲しみを味わうことはまずないだろうし、
そこそこ無難で安定した人生を送ることで「危機感」を覚えること
もまずないだろう。実はそれこそが問題なのである。「危機感」を抱
くこともなければ、正直な話がまともに「自分」とは向き合えない。
「自分」という人間のこともわからずして終える自分の人生って一
体何??ということになる。

マネーが目的化されることで「供給=需要」という経済活動が必然
的に生じ、「与えられた人生」を送ることで私たちは主体性を失い
、自信を失い、生きる源泉ともいえる想像力までも失った。また、
そういう場所さえも失った。想像力を失えばこの世で実現する創造
物さえもなくなるのである。つまり来るべき未来が描けない。

「利潤なき経済社会」ではマネーを手段に転落させることで、資本主
義の論理が大きく揺らぐだけではなく、世界の構造が大きく転換し
てしまう。これまで築き上げてきたもろもろが崩壊に直面している
と言っても過言ではない。それは日本が明治維新以降追求してきた
西洋文明であるかもしれないし、合理化の名のもとに推進されてき
た科学万能主義であるかもしれないし、それを基点とした物質文明
であるかもしれない。

「供給=需要」人生で「危機感」を抱くこともなくなった私たちが
、価値観の転換をはかることは容易にできそうもないのは明白だ。
しかし、マネーの目的化による「供給=需要」経済活動では世界は
やがて行き詰まる。価値観の転換は時間も要するだろうが、案外石
油の枯渇がその契機になりはしないかと、私は密かに思っている。
その「危機感」が「自分」と真剣に向きあうことになり、それが男
女双方への理解へと向かわせる。そこから男女双方の想像力が生ま
れ、それが創造力へとつながり実現化し、新しい未来が描けるとい
うものである。

(引用終わり)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

経済の話し   新しい日本のかたち 2 ( No.148 )
日時: 2016/05/02 22:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:.8Zwuq1M

(NO 32のレス)

1000兆円もの借金を抱え、通貨危機となり預金封鎖もやむを得ないなどと言う戯けた論理がまかり通っていることは他のスレッドで検証すみ。

現行の金融理論など、クソ喰らえで、ここでは全く新しいシステムで経済を検証して行こう。

まず最初に問題にするのは、通貨発行権を国家に取り戻し、政策遂行の為の通貨の増刷は、これを認める。
通貨の増刷と言ってもインフレを誘発するような増刷は、固く禁じる。
ベイシック・インカムのように現金をバラまく事は基礎年金支援以外は固く禁じる。

さあ、何からやろうか。
まずは、1000兆円の借金の問題。

これは毎年発行する借転債(平成27年度で110兆円あまり)は全て通貨の増刷で賄う。
国債の多くは10年おのであるので、これを続けて行けば10年で借金はなくなる。

さて一般会計予算であるが平成27年度を例にとってみましょう。

各省庁で使う事業費の合計は75.8兆円
これに国債費       25.8兆円を足して
             101.6兆円が予算として計上されています。

レ レ レ 下の記事とは、つじつまが合いません。

平成27年度国債発行

建設国債       6.0兆円
特例債(赤字国債)  31.0兆円
借換債       116.0兆円

ここが国の予算の解りにくいところ、

国債についても、償還金の一部資金を調達するために、借換債(借換国債)が発行されます。借換債は、国債整理基金特別会計において発行され、その発行収入金は、この特別会計の歳入の一部となります。なお、借換債の発行に当たっては、新規財源債と異なり、国会の議決を経る必要はありません。

そうなのです。
最近数年は、借換債の発行が100兆円を超えていることは確かなのです。

一般会計における税収は、50兆円そこそこなので、一般会計の国債費(何を指すのかわからない)25兆円を含めて、106−50=56兆円は錬金術で編み出さねばならない。
56兆円だけで良いかと言えば、それもさにあらず、実質は平成27年度国債発行金額は152.兆円であるのである。

ところで、そう言うややこし話とは、もうおさらばです。
国債は、発行しないからです。

1000兆円の借金返済の為の通貨の増刷の他に、75.8−50=25.8兆円通貨の増刷をします。

つでに、24.2兆円増やして50兆円の政策遂行の為の通貨の増刷をします。

これによって、基礎年金は一人あたり月に10万円は保証され、
介護保険への支援は3兆円増やします。ヘルパーの給料が上がり介護サービスに従事したい人が殺到するでしょう。
公共事業として
老人医療施設を大増築します。
農業、漁業のインフラ整備に今までの3倍以上の金をつぎ込みます。
新幹線もドンドン作ります。

プラス、24.2兆円で、これくらいは楽にできるでしょう。
さあ、これで何が不都合か考えてください。

悪性インフレが起きると思いますか。
株価、為替に大問題が起きますか。

国内の景気が回復すれば、何も輸出にこだわることはありません。
大きな問題は何もない。

否、あった!
それは資金の貸出して命をつなぐ金融機関が困るのです。
金融業などは、現在の規模から縮小して、職員の年収もグット下げてやらせれば良い。
国家相手に商売するなどと、おこがましい。

ユダ菌が困るのです。
皆さんは、金融機関を支援しますか、ユダ菌を支援しますか。

それとも我々の国作りへ向いますか



(No 33のレス)

他のスレッドも使い、新しい日本のかたちの可能性を模索しています。
その前提条件となるべき通貨の問題の検証は、ある程度やってきました。
ここでは、それが可能と言う前提で、さらに論を進めようと思います。

要するに通貨発行権を国家が持ち、政策の遂行の為の通貨の増刷ができると言うシステムを作ることです。

考えて見ますと、我が国の予算も税収で賄えなくなってから随分と時間が経ちます。
現在では税収の2倍以上の予算を組んでいる状況です。

これは我が国でも年金を初めとする福祉政策の充実に伴い、予算が膨らんだからで、言われるように「小さな政府」に切り替え、明治時代当初、幕末の政治に切り替えれば、税収の範囲で国家の経営もできるでしょう。

それでは、そうすべき、と言う意見も出るでしょうが、その前に経済の本質をじっくりと考えてみましょう。
一番大きく変わっているのは、食料をはじめ、あらゆる商品が必要な量を十分に確保できる体制にあり、かつ、その生産余力は、過剰と思われる位に存在すると言うことです。

税収がないからと言って、古い、貧しい時代へ後戻りする必要はないのではないでしょうか。
その具体的な解決策は、国家による通貨の管理で行えることです。

今度は、国家と言う概念の見方を考えてみましょう。

>国家とは、国境線で区切られた領土に成立する政治組織で、地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して排他的な統治権を有する政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能による異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。


国家の役割を統治と言う意味でのみ、捉えるならば福祉政策は必要ありません。
しかしながら民主国家と言われている現在は、国民の幸せの為に充実した福祉制度を維持する事を重大に思っています。
高福祉、高負担と言う考えで従来は、それを実現してきましたが、格差が増え福祉の対照とする人々の比率が増大するとともに、高負担の限度が過ぎてしまいました。

資本主義社会を続ける限り、格差の問題はなくならず、グローバル化の進展とともに広がる一方です。
ですが、資本主義社会の原則は人類にとってなくてはならない原理でもあり、対義語の共産主義社会が良いとは決して思えません。

そこで考えたのが、増え続ける福祉の財源を、通貨の増刷で賄えないものであろうか、との考えです。
普通は、むやみな通貨の増刷は、悪性インフレを誘発するとタブーとされてきました。

ところが生産手段の発達は、何時でも必要な商品を作り出す事を可能にし、インフレが起きる条件の商品の取り合いと言うことはなくなりました。

個人的に通貨の増刷をすれば贋金作りの犯罪ですが、国家が国家の政策を実行するための通貨の増刷は制度として存在できると言うことになります。
もちろん、その限度は、別途に定める必要はあります。

実際に、過去数十年、建設国債、赤字国債の名目で年々数十兆円の通貨の増刷をし、それを国債と言う形でやった結果、1000兆円の借金ができた次第です。

平成27年度の実績では、建設国債、赤字国債を38兆円発行しています。
借換債は別として、この部分が税収不足を補う為に発行された通貨です。

実際には巨額の借換債やその金利負担など、国債でなく、単なる政府紙幣として発行するならば、38兆円ではなく、四十数兆円を発行していることになります。

それでインフレなど、起きてはいないでしょう。
この上に、30兆円を上詰みし、都合70兆円の政府紙幣による政策を実行できれば、現在課題となっているほとんごの事業は日の目を見て、予算の実行とともに国内の景気は活性化すること間違いはありません。

これができない理由は、全くないのです。
国家予算の真水部分(国債関係費を除く)の内、省庁の経費(人件費を含む)を除外した、民間に投下できる金額は、倍くらいになることを想定されれば、その様子が判るでしょう。

何の為に、国家が、そのような事をするかと問われたら、
それは雇用の促進であり、格差社会から追い詰められている人々の救済をして、社会に幸せをもたらす為であると言う。

ここに新しい社会うぃ現す言葉として

>生活の為に働く意志のあるもの、能力のあるもの全ては、国家が雇用を保証する。

そう言う国のかたち、は如何でしょう。



(NO 34のレス)

ほとんどの皆さんは、国家は税金で運営されているものと思っていました。

税金が足りなければ造幣局でお金を刷って、それを使おうなどとは考えもしませんでした。
そりゃ、贋金を作ることが容認されれば、働かなくても食べて行ける。
何でも買える、何でもできる。

個人的には、そうであるから国家も贋金を作るなどと思いもしませんでした。
お金とは、そう言うものと思っていました。

原則としてお金とは、そう言うものでなくてはならないでしょう。
ですが、お金と言うものを、しみじみ考えたことはありますか。

お金がいくらあっても、食べるものが変えなくては何にもならない。
お金がいくらあっても買うものがなくては意味がない。

逆に、お金がなくても食べるものが自由に手に入ればお金などいらない。
自動車でも、電気製品でも自由にもって行くことができたらお金などはいらない。
飛行機や電車も無料で乗ることができればお金などいらない。

お金が大事か、商品、サービスにどちらかを選べと言われると、ちょっと考えた結果、商品を選ぶであろう。
お金とは、そのようなものであり、商品、サービスが得られる保証があるから必要なもの。
また、商品、サービスの量に比例してお金がなくては、それが買えない人も出てきて大変だ。

お金だけがありすぎても、お金に比例して商品は買えない。
お金とは、そう言うもの。

必要な商品、サービスがあってお金が足りない場合、お金は自然と増えてくれるのであろうか。
確かに明治の初めの頃は、現在に比べ圧倒的に商品がなかった。
だが現在は、どうであろう。
ほとんどの人は個人の住居を持ち、電化製品などはフル装備でもっている。
明治時代に比べてお金が増えたのであろう。

んっ!
お金は働いたら稼げるもの、明治のはじめ、3000万人の人が働いて得るお金の総量と、現代社会で6000万人の人が得るお金の総量は2倍にも3倍にもなっているであろう。

そのお金は誰が出しているのか。
通常は会社からもらうが、会社はどこからお金を集めてきたのか。
詰まるところは明治時代以降、お金は誰かが、ドンドン増やしていたと言うことになる。

それはそれとして、別の疑問が沸いてくる。
お金が先に増えるのか、商品を買うために働く人が増えるのか(商品が増えるのか)。
卵が先か、鶏が先かの話になってくる。

面倒なことはさておき、お金とは、常に必要に応じて減ったり、増えたりするもので絶対量が決まっている訳ではない。
と言うことは解った。

元の話に帰って、

ならばお金と商品、サービスを同時に作れば話は解りやすい。
もっとも、それが出来、また許されるのは個人ではなく、国家とすれば社会に住む皆も納得できるであろう。

なら、ヤッちまえ!
何を!

公共事業でも介護サービスでも、国家事業を行うお金は、同時にお金を作って使えば良い。
実に合理的な発送ではないか。

でもね、お金がこの世に全てではないのだよ。
人間から勤労意欲をなくしてしまったら、真面目に働く人がいなくなる。
国民の大半が遊人のような社会が幸せと思いますか。
人間性が変わってしまいますよ。
それでも良い人は良いとして、私はそんな社会はまっぴら御免。
少々は貧しくても生きがいがある方が良い人生と考える。

出来れば、そう言うことは(お金の増刷)しないで済むようにすることが大事である。
それで無制限と言う訳には行かないが、必要最小限の贋金作り(少し人聞きが悪いが)は認めてもよかろう。

だが、これは国家としてやる場合だけだよ。
市町村まで、それをさせてはならない。
そのような事をすれば、社会はシッチャカ、メッチャカお金の信用がなくなり、個人も贋金を作りことになる。

まあ、このやり方は危険ではあるが、危ないものほど魅力もある。
倫理的には、税金が足りなければ政府紙幣の増刷で政策を実行することは可能である。

倫理的、道徳的に自信があれば、挑戦したら如何なものかな。

確かに、お金と言う物は、見えているより複雑なものではある。
だから、魅力があり、それを求めるのかな。




おそまつ!


続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存