ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1711] 経済の話し
日時: 2013/03/12 23:22:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1363098145

最近、阿修羅掲示板に良く投稿される「あっしら」のサイトへ行ってみました。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/index-as.htm

HNは「あっしら」と名乗られているが経歴は解りませんが、資本主義経済のシステムが持っている色々な矛盾を説く解す能力豊かな、経済に強い確かな方と見受けしました。
その一部を転載します。



「供給=需要」の向こう側 <想像力から創造力へ> S子
         
「利潤なき経済社会」を興味深く、また、意義深く読ませていただ
いております。資本主義経済において、結局、私たちが見誤ったも
のは、マネーにおける「目的」と「手段」をはき違えたことにある
のは間違いないだろう。経済活動における潤滑油とはマネーであり
、そのマネーが滞ることなく流通し、循環してこそ経済の活性化を
見ることができ、個々人としての生きる活動も活発化してくる。

それはまるで私たちのからだを流れる血液のようなもので、血液が
さらさらの状態であれば私たちは健康で日々を無事に過ごすことが
できる。が、血液がどろどろ状態になり、この流れが悪くなり脳で
詰まれば脳梗塞が起き、その部分の脳組織が壊死してしまい、私た
ちは失語症になったり、半身不随になったりする。

資本主義も当初はマネーがモノを交換するための「手段」として流
通していたが、資本主義が成熟してゆくにつれて、いつの間にか「目
的」と化した。マネーの目的化はつまるところ全てを目的化させてし
まい、私たちにあらゆるものの「本質」を見る目を喪失させた。
これは事実である。

そして、それが「供給=需要」という経済活動を必然的に生じさせ
、モノに溢れた社会が誕生した。「供給=需要」という経済活動は
よくよく考えてみれば、「与えられた人生」を送ることになり、
そこには自主性や主体性はなくても私たちは「与えられたモノ」を
購入し、そこそこ無難な人生を送ることができる。

私たちが無難だと錯覚し、安心してしまうのは、周囲が皆「与えら
れたモノ」である「同じモノ」を持っているからである。つまり私
たちは「与えられた、同じモノ」を持つことによって人生の安定や
幸福の尺度をはかっていた可能性がある。「供給=需要」という経
済活動では、人間の欲求すらも本質から遠ざけてしまうということ
である。

本当に自分が欲しいモノだったのか、他人が持っているから欲しい
のか、テレビコマーシャルで見たから欲しくなったのか、売り込み
にきたから購入したのか、ないと困るほどではないがあって困るほ
どでもないので購入したのか等、心から欲しているものではなく、
供給されたから需要したという構図が自然と生まれる。それを自分
の欲求があったから買ったと、私たちは錯覚しているにすぎない。

こうして私たちは「与えられた人生」を無難に安定して生きること
で、「危機感」を抱くことなく日々を過ごし、人生を終える。人間の
三大欲求であり生きる基本の「食・性・寝」も既にこの「供給=需
要」という経済活動に組み込まれ、マネーの目的化とともに人間と
しての本能を私たちは喪失しかけている。現代人はこの自覚すらも
ないという悲しい状況におかれているのである。

しかし、マネーの目的化による「供給=需要」という経済活動では
経済成長が持続できないどころか、経済の空洞化を生み失業者を増
加させ、個人としての生きる活動が阻害されてしまう。そのことに
気づいたのが、今回の欧州連合憲法批准拒否の仏国民である。拡大
EUの存続に待ったをかけた格好となったが、「危機感」を抱いた彼
らの人間的本能はまだ廃れていないどころか、十分に健在である。


(中略)

ひるがえって日本を見れば、「供給=需要」人生が非常に行き届い
ており、大人も子供も主体性をなくし、自信喪失し、想像力にも欠
け生きる気力も無い状態に置かれている。だから米国の言いなりに
しか生きることができないのである。「供給=需要」という「与え
られた人生」を送ることは確かに楽ではある。が、そこには「自分
」というものがない。この人生を生きる「自分」がないのである。

だから真の喜びや真の悲しみを味わうことはまずないだろうし、
そこそこ無難で安定した人生を送ることで「危機感」を覚えること
もまずないだろう。実はそれこそが問題なのである。「危機感」を抱
くこともなければ、正直な話がまともに「自分」とは向き合えない。
「自分」という人間のこともわからずして終える自分の人生って一
体何??ということになる。

マネーが目的化されることで「供給=需要」という経済活動が必然
的に生じ、「与えられた人生」を送ることで私たちは主体性を失い
、自信を失い、生きる源泉ともいえる想像力までも失った。また、
そういう場所さえも失った。想像力を失えばこの世で実現する創造
物さえもなくなるのである。つまり来るべき未来が描けない。

「利潤なき経済社会」ではマネーを手段に転落させることで、資本主
義の論理が大きく揺らぐだけではなく、世界の構造が大きく転換し
てしまう。これまで築き上げてきたもろもろが崩壊に直面している
と言っても過言ではない。それは日本が明治維新以降追求してきた
西洋文明であるかもしれないし、合理化の名のもとに推進されてき
た科学万能主義であるかもしれないし、それを基点とした物質文明
であるかもしれない。

「供給=需要」人生で「危機感」を抱くこともなくなった私たちが
、価値観の転換をはかることは容易にできそうもないのは明白だ。
しかし、マネーの目的化による「供給=需要」経済活動では世界は
やがて行き詰まる。価値観の転換は時間も要するだろうが、案外石
油の枯渇がその契機になりはしないかと、私は密かに思っている。
その「危機感」が「自分」と真剣に向きあうことになり、それが男
女双方への理解へと向かわせる。そこから男女双方の想像力が生ま
れ、それが創造力へとつながり実現化し、新しい未来が描けるとい
うものである。

(引用終わり)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

経済の歴史 2  伝統経済(古代を含む) ( No.243 )
日時: 2017/12/09 00:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:T.r4d7mc

伝統経済とは、

貨幣の流通と共に生産や分配などの主要な経済活動が慣習や文化によって大きく規定された経済である。集落や村落などの比較的に小規模な集団の経済にしばしば見られる形態であり、生産活動が個人の家柄や集団の文化によって定められているために予測可能性が高く、継続的かつ安定的な供給が維持される。
伝統経済の守備範囲は、エジプトなどに文明が興ってかた、中世の終わりに、商業が盛んになるまでをここでは中世までを取り上げたい。

それでも実際は文献が残っているギリシャ時代から取り上げることになる。

経済学とは何であるのか?このことを考えるために、ヨーロッパの思想的源流とされている紀元前3,4世紀ごろのギリシャにまで遡って、経済への問いの起源を探ってみたい。とはいえ、ここで登場する「経済学」は、今日の経済学とはかなり異質なものである。今日の経済学の特質を理解するために、経済学ならざる「経済学」を考察するのが、ここでの目的である。

ポリス社会アテネの衰退
古代ギリシャはいくつかのポリス(都市国家)からなっていた。 代表的なポリスがアテネとスパルタである。

古代ギリシャの中心であるアテネが最も栄えた時期は紀元前5世紀ごろであった。 そのころの人口は、自由民が20万人ぐらい、奴隷が10万人ぐらいであったと推定されている。ポリスの中心である都市と呼びうる部分は小さいが、アテネは全部で現在の佐賀県ぐらいの面積であった。 市民の多くは土地を所有していた。 労働は卑しいものと見なされ、労働にたずさわるのは奴隷と下層市民であった。 労働をしない市民は、政治や思索を行っていた。

奴隷といってもアメリカ南部の黒人奴隷とはだいぶ様相が異なる。 今日で言えば、農地や作業場で働く奉公人や女中などのイメージに近い。 政治に参加する権利や裁判に訴える権利などの市民権がないために「奴隷」と称されてきたが、大きな農園の管理を任されていた奴隷さえ存在していた。
紀元前5世紀末から4世紀にかけて(B.C.431-404)、古代ギリシャの2大ポリスであるアテネとスパルタは2大勢力に分かれてペロポネソス戦争を戦った。 この戦争でスパルタが勝利し、アテネの衰退がはじまる。
ペロポネソス戦争は表向きはアテネとスパルタとの戦争である。 スパルタはペルシャと同盟を組んで戦っており、戦争の実態はペルシャとアテネとの戦争であった。言い換えれば、ギリシャとオリエントの戦いである。そのために戦後、ギリシャ全体が衰退へと向かっていくことになる。
戦争の結果、アテネには貨幣経済が浸透し、外国人による土地の購入が許されたこともあって、 土地を失う市民が増え(→奴隷身分への転落)、市民間での貧富の格差が増大した。 また、食糧供給地である植民地を失ったことにより、食糧供給の制約が問題となった。

プラトンやアリストテレスは衰退期のアテネに登場したことになる。 彼らの課題は、アテネ社会の解体をいかに食いとめるか、というところにあった。 これが重要なポイント。

不必要な欲望

欲望の拡大とそれにともなう消費の拡大こそが、今日の資本主義社会が発展するための原動力と言ってもよいだろう。これに対してプラトンは欲望が展開されていくことを批判した。プラトンは「必要な欲望」と「不必要な欲望」とが分類できるとする。後者は抑え込むべき有害な欲望とされる。例えば、パンのような栄養摂取の観点から不可欠な食事に対する欲望は「必要な欲望」、これに対して栄養としては不必要な「調味されたおかず」に対する欲望は「不必要な欲望」としている。その区分は次のようにして行っている。

「どうしても払いのけることのできない欲望は、正当に必要な欲望と呼ばれるだろう。...若いときから訓練すれば取り除くことのできるような欲望、さらにわれわれの内にあって何一つ為にならず、場合によっては害をなすことさえあるような欲望、これら全ての欲望を不必要な欲望と言うならば、正しい呼び方である。」(下巻p.208)

貨幣の使用禁止

哲学者と軍人の階級においては、私有財産や貨幣の使用が禁止された。一種の共産主義社会と言える(奴隷は貨幣の使用が容認されている)。それは土地を失ったことによる供給制約下で、社会秩序を維持する方法であったと言えよう。供給制約(ゼロサム社会)があれば、あるものが豊かになれば、必然的に他のものが没落する。それを防止する方法がプラトンの共産社会ということになる。

「神的な金銀の所有をこの世の金銀の所有によって混ぜ汚すのは神意にもとる。なぜなら、数多くの不敬虔な罪が、多くの人々の間に流通している貨幣をめぐって為されてきたのである。...国民のうちで彼らだけは金や銀の取り扱い触れることを許されない...。彼らが自ら私有の土地や、家屋や、貨幣を所有するようになるときは、...彼ら自身も他の国民も、すでに滅びの寸前にまでひた走っているのである。」(上巻p.258)
「多くの人々から幸せだと羨ましがられることに惑わされて、財貨の山を際限なく積み上げることにより、これまた際限のない災いを抱え込むようなことはしないだろう。...財産の多寡によっていささかでも国制を乱さないように、財産を増やしたり消費したりするだろう」。

婦女子の共有と人口管理

財産の共有制は婦女子の共有までも含んでいた。今日的には異様に思われるかもしれないが、家族制度を否定的に見ていたスパルタでは、親子は引き離され、子供は社会的に育てられていた。プラトンもスパルタをモデルにしているのである。

「これら女たちのすべては、これら男たちすべての共有であり、誰か一人の女が一人の男と私的に同棲することは、いかなる者もこれをしてはならないこと。さらに、子供たちもまた共有されるべきであり、親が自分の子を知ることも、子が親を知ることも許されない。」。

婦女子の共有のねらいは人口管理にあった。供給制約のある社会では人口増大の余裕はない。そのために、一定数の人口を維持せざるをえないからである。
「最もすぐれた男たちは最もすぐれた女たちと、できるだけしばしば交わらなければならないし、最も劣った男たちと最も劣った女たちは、その逆でなければならない。」。

「守護者たちが戦争や病気やすべてそれに類することを考慮しながら、これらの人々の数を可能な限り一定に保つように、そしてわれわれの国家ができるだけ大きくも小さくもならないようにするために。」(上巻p.368)
まとめ:敗戦による農地の喪失がもたらした供給制約下での社会の維持が、プラトンの理想国家には投影されている。プラトンの思想をまとめれば、社会(=ポリス)のために個人が生きなければならず、欲望の展開など許されないことになる。

アリストテレス

アリストテレスはプラトンの共有制を批判した。
「財産はある意味では共有でなければならないが、しかし一般的に言って、それは私有でなければならない。というのは、財産への配慮が各個人の間に分けられていれば、お互いに不平を言い合わない上に、各個人は自分自身のものに身を入れているように思うので、その配慮は一層増すことになるだろう。」(p.47)

必要に応じた交換
アリストテレスにおいてもプラトン同様に、欲望の有限性(必要な消費)という発想がある。

「善き生活に必要とされる財の分量は無限ではないからである。」(p.22)
必要を満たすための財の交換は許容される。
「最初の共同体(すなわち家)において、明らかに交換の術が働く余地はない。むしろその働きは共同体がすでに一層拡大してのことである。なぜなら、前者の共同体に属する人々は何でも同じものを共同で持っていたのであるが、後者の共同体の人々はいくつかの独立な家に分かれていたので、それぞれ多くの異なったものを持っていた。そしてそれらの異なったものを必要とするところに従って、今日なお野蛮な民族の多くがやっているように、物々交換によって自分のものと交換しなければならなくなったからである。...このような交換の術は自然に反したものではない。なぜならば、それは自然的な生活の自立自足にとって足らないものを充たすためにのみ成立したからである。」(p.2

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存