ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1762] 現代日本の裏裁判で裁かれる仕置人たち
日時: 2013/06/28 05:26:27
名前: 遂犯無罪 ID:1372364787

一昨日に結審した北詰訴訟の被告北詰は原田國男裁判長により逆転無罪判決を得た、拘置1年10月にも関わらず全く報道されず、また「逆転無罪の認定 原田國男の軌跡」これらの著作、またネット上でも北詰の逆転無罪に関する記事はない

原田國男の逆転無罪は8年間に24件とされているが、最近は20件程と曖昧な記述になっている、北詰のクレーマー振りは狂気迫るものがあり、もしかしたら松尾智子検事は被害者の検事面前調書を捏造して起訴した、これに裁判所は煩い北詰に裏裁判で執行猶予付き有罪判決を言い渡して、これを原田が裏控訴審で逆転無罪にした
ttp://www.suihanmuzai.com/130628.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 現代日本の裏裁判で裁かれる仕置人たち ( No.2 )
日時: 2013/06/28 14:15:04
名前: 我が前に道が拓かれる 遂犯無罪

我が事件の主張論点は”適正な法の手続き”です、世界共通のdue process of lawが日本ではされず、野蛮な偽装裁判がされている。

逮捕から18年、獄中から違法刑事手続きを訴え続けてきたが、未だに孤立無援の鬱憤晴らし訴訟沙汰に明け暮れている。

この目的はネット公開にあり、為すべきことはアクセス稼ぎ、アクセス元・検索などから法曹らの動静を覗う、まるで煙突から空模様を覗いているようなものだが、理解者皆無の身にはこれが有効です。

こうしたネット活用の成果として、近日中に記事にするが、先日に届いた原田國男訴訟の判決書には、棄却ではあるが「第4号証及び第5号証が、何れも断片的な書類であることを一応置くとしても」 この判断は嘗て無い新規性があり、原告にとっては勝利への”萌芽”である。

サイコパス坪井隆作は塀の中に送り、続く北詰淳司、また柏市戸籍改ざん事件の二人組も覚悟は付いているだろう。
これらの”際物”をネット告発することで、アクセスは急増して、4月からは月10万を超えて、今月は15万ほどが見込まれる。
そして更にトラタヌであるが、この二つのスクラップ訴訟から、もしかしたら果実もせしめられる、そんなことよりも、程よい緊張感や健康志向には喧嘩相手がいるのが好ましいのです。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存