ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1868] 日本年金機構の東日本大震災の対応について
日時: 2013/10/12 17:03
名前: 被災事業主 ID:HmEK0xfo

日本年金機構に対して憤りを感じていることがあり、この事実を広く知ってもらい、
このような事が二度起こらないようにと投稿します。
 記憶に新しい東日本大震災、被災地の惨状は酷く日本中が不安に包まれていた時に、
旧社会保険庁の数々の失態の反省からか、日本年金機構は平成23年2月〜5月分の
社会保険料の納付期限を同年7月29日まで延長する救済措置を行いました。
 過去の負のイメージを払拭させるためか、素早い対応と思いきや、やはりお役所仕事
なのか、救済どころかその逆に被災者に謂れのない負担を掛ける事態にが起こっています。

 事の発端は、日本年金機構が被災者救済のための納付期限延長のために、銀行引落を
納付者の同意もなく勝手に停止したことからです。
 「被災者は大変な目に合っていて保険料の納付どころではない」と勝手に判断し、
「良かれと思い」自動引落を停止して、その時期にあった住宅ローンや公共料金等の
返済猶予など風潮にただ乗っかっただけの措置でした。

 当時、私の会社も被災し顧客の多くも被災者でその対応に追われてました。当然、
自分の事より顧客を優先していたので、事務所内の片付けを後回しになっていて、
日本年金機構からの納付期限延長のお知らせを見ておりませんでした。保険料に関しては
いつも通りに自動引落になっていると思っていました。
 そして同年の8月に「2月〜5月分の督促状」と「振込用紙」が年金機構から届きました。
銀行引落なのに何かの間違いと思い問い合わせて初めて2月〜5月分が引落しされていない
事が分かりました。
 私がおかしいと思ったのは2月〜5月分の保険料に未納の延滞金がついていたことです。
「勝手に引落を停止して延滞金がつくのはおかしくか」と問い合わせ所の回答は、
「自動引渡し停止の通知は送ってあります。」でした。
確かに通知は届いてありましたが、こちらは被災で大変忙しく目を通せてませんでした。
「それなら、引落停止期間終了して2〜5月分を引落してくれれば延滞しなくて済んだではないか」
というと
 「自動引落はその月の保険料しかできない仕組みで、2〜5月分は送付した振込用紙でお願いしています」
との事。
 確かに年金機構からの封書は届いていましたが、いつもの自動引落の結果のお知らせだと思い
なかを見ていませんでした。(実際、被災でそれどころで無かったのですが)

 被災者救済をするのはいいことですが、救済措置を一方的に押し付け、その後のフォローが
一切出来ていません。過去の社会保険庁と同じく申請主義のお役所仕事的な対応です。
 被災で大変なのにわざわざ面倒な振込にして、封書による通知で電話の一本もなく、かと言って
広く延長措置を周知していたわけでもなく、救済措置が逆に被災者に負担を掛ける事になっている
ではないでしょうか。(まさに小さな親切、大きなお世話です。)
 確かに、操業がままならず延長措置で助かる事業者も多いと思いますが、保険料を払える事業者
も多いはずです。たとえば、震災直後に引落できずに延滞している事業者のみ納付延長を行えば
私のような事例が出ないと思います。又はお得意の申請主義で延長希望者は申請すれば延長するで
出もいいでしょう。本当に被災者救済の心があれば、もっと違った方法があるはずです。もっと言えば
延長期間も1年ぐらいあってもいいし、被災で大変で私の様に気付かない人が出ることは予測できる
ので電話連絡ぐらいは出来ると思います。

 結局納得がいかず、何度も抗議しましたが埒があかず、延滞金を除いて保険料だけ納付しました。
 その後も、保険料に関しては一切未納はしていませんが、相変わらず当時の延滞金の通知が
届いて、そのたびに抗議していました。大した金額でないのですがどうしても納得がいきません。

 何度抗議しても「年金機構に落ち度はなく正当な延滞金である」との見解は変わらず、とうとう
銀行口座の差押えの通知が来ました。
 高々一万数千円に対してこれだけ積極的で、一方では年金未納者が何万にもいるのそちらは
対応が遅いのは、少額だら強行に行っても大事にならないと思っての行動としか思えません。
結局、延滞金はとられてしまうのでしょうが、このような態度は許せず、これからも戦っていこうと思います。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本年金機構の東日本大震災の対応について ( No.5 )
日時: 2013/10/12 21:18
名前: 北の国から ID:C0lE.qNs

 善意の担当者であっても「大きい声をださなくても聞こえています」「あなたと議論
するつもりはありません」「なかの方でお話をうかがいます」などと対応されます。

 ボクは、あくまでも最高にていねいなことば使いで「誰だって自分の社会保険のごく
基本的権利の問題に、不親切な扱いには怒りがこみあげてくるものです。あなたはそう
いう経験はないのですか」「あなたは議論したくなくても、被保険者としての意見をこ
の場で述べるために休みをとってきているのですよ」「中に入らなくても結構です。誰
にも迷惑をかけていませんし、威圧してるわけでもない」と対応しています。

 問題は、被災事業主さんが指摘されてるように、「年金機構として、保険料をコツコ
ツはらってきた被保険者のさまざまな権利について、親切な説明がなされているかどう
か」「現実に、たくさんの被保険者がとまどったり、不利益を被っている事例は無数に
あるのですよ」ということですね。

 そういえば、最近中央の機構から「雇用保険と年金調整について、説明を十分わかり
やすくするように」という通達が出ています。
 「(不親切説明の)被害にあっているのはボクだけではないいんだ」と思いました。

 被災事業主さんの「延帯利息」など、もってのほか。
 そんな通知を、あのたいへんな状況のなか「被保険者は間違いなく読んでいるだろう
」などと考えること自体、これはとてつもなく異常、とてつもなく不親切なことです。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存