ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1996] 漫画「美味しんぼ」の作者と原発しがみつき人間
日時: 2014/05/04 21:55
名前: 北の国から ID:B5LqWZnI

 長期連載の人気漫画「美味しんぼ」の、福島の取材にもとずいた作品の
表現が問題になっているそうです。
 作者は「しっかりとした取材などにもとずいたものであり、いろいろな
ご批判はあたらない」ときっぱり言っておられるようです。

 やれ「誤解を生む」だとか「風評被害をどうする」などのケチづけが行
われているようですが、この連載を少しでもまともに読んだことがあるな
らば、こうした作品へのケチづけが、作品そのものへと言うより原発しが
みつきという利害や背景からの意見のような気がしてなりません。

 作者は、食材や料理について相当勉強もし、おどろくほどの取材をして
作品をつくっているのは良くしられていますが、この作者はある大学で、
物理学を学び、大学院に行ったけどオーバードクターで就職難のなか、漫
画の原作者になったと聞いたことがあります。

 つまり原子力とか高エネルギー、放射線と細胞などについてもたぶんそ
の辺の「御用学者」などよりはかなり勉強しているにちがいありません。

 したがって、この作者は根拠と信念と事実のもとづいて作品を書いてい
るのでしょう。だからどんなえらそうな批判にもびくともしないのでしょ
う。

 戦争中に陸軍から原子爆弾の研究を依頼されたいかがわしい歴史をもつ
理化学研究所などとはわけがちがうようです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

チェルノブイリ事故と鼻血と対応 ( No.15 )
日時: 2014/05/13 09:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:XMRmhfHI

 東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出す描写が議論を呼んでいる漫画「美味(おい)しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)の連載漫画誌の最新号に、福島県双葉町の井戸川克隆前町長が鼻血の原因をめぐり「被ばくしたからですよ」と語る場面があることが11日、分かった。

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)の12日発売号では、主人公らとの会話の中で井戸川氏が「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いる」として、被ばくを原因に挙げた。さらに「今の福島に住んではいけないと言いたい」と発言した。

 福島大の荒木田岳准教授が除染作業の経験を基に「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと私は思います」と語る場面もある。



<美味しんぼに福島県容認できず>

2014年5月12日

 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味しんぼ」で、主人公らが東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出すなどの描写をめぐり、福島県は12日、「風評被害を助長するもので断固容認できず、極めて遺憾」とホームページにコメントを出した。

 また大阪市と大阪府は、12日発売の同誌で、震災がれきを受け入れた大阪市内の焼却場近くの住民が鼻血を出したり、目やのどに不快な症状を訴えたりしていると表現されたのは事実無根として同日、小学館に抗議文を出した。

 福島県はホームページで、「美味しんぼ」での表現が「福島県民などの心情を全く顧みず、深く傷つけるもの」と指摘した。


 被災者の内部被曝調査を行い、被災者や子供への影響を不安視する母親らの相談に乗っている南相馬市立総合病院の非常勤医師、坪倉正治医師も「ストレスによりめまいが増えたとの話を聞くことはあるが、鼻血で搬送された患者の話は聞いたことがない」という。

 「(原発事故から)3年たっても急性放射線障害についての誤った認識が議論になることに驚いている」という坪倉医師は、「これでは5年たっても10年たっても状況は同じではないか」と語った。

 東京電力によると、福島第1原発では現在、1日3000人から4000人の作業員が、被曝管理を徹底した上で高線量下の収束作業に当たっている。夏場などには、作業員に熱中症などの体調不良が多発するが、東電によると、被曝によって鼻血が出るといった体調不良について、福島第1原発に常駐する医師らからは報告されていないという。

 福島第1原発で勤務したことのある作業員は「収束作業の現場を必要以上に不安視されてしまうことが残念でならない」と話した。

(引用終わり)



先に挙げたチェルノブイリの例などは、漫画の作者、行政とも解っているはず。
その現実を、行政は行政なりに、どのように受け止めているかが問題であり、どのように対処しているかが問題である。

除染、除染と騒いでいるが、除染作業などはマヤカシである言は解っている。
http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?mode=view&no=1911

そうかと言って、国土の狭い日本ではソ連の様な移住策も容易ではない。
それでも放置もできない。
大変な困難があるのである。

直接の個人的疾患の問題もあるが、風評被害に基づく婚姻などに及ぼす人間的差別の問題も深刻であるであろう。

このような問題を不用意に漫画で訴えることが、果たして得策であったであろうか。
それは問題としても、少なくとも原発に対する行政の反応は、取るべき姿ではないことは明確である。

経済的な理由で、原発再稼働を目指す政府の対応について、もっと、もっと厳しい否定の意思表示をすべきである。
それなのに地元に落ちる補助金に目がくらみ、優柔不断の姿勢を取っているのが現実である。

そう言う意味では、漫画で騒ぎ、行政を追い詰めることも有益ではあろう。
その追い詰めが可能かと言えば、福島、大阪などの反応を見ると、とても、その方向へは向いていないように感じる。

一旦、漫画で公になった、この問題、ウヤムヤに済ませることを一番に危惧するものである。
ウヤムヤに済ませることは行政、政府、東電に免罪符を与えることにつながる。

要するに、漫画の世界の問題にするのではなく正当にこの問題を取り上げなければならない。
それが出来ていないことが問題である。

漫画の世界の問題とされれば、それは漫画と言う手法を取った作者にも問題が生まれる。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存