ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2067] ニッポンの歴史認識
日時: 2014/08/16 06:51
名前: 山の辺のボンクラ ID:Nya4vdRA

今日、偶々NHKテレビの番組を見ていて、今更のように驚きました。

7月に“靖国神社みたままつり”と云うイベントで、多分10代後半と思われる若者に、「8月15日は何の日ですか?」とお云う質問に答えられなかった者が <100人中52人であった> と言う事です。

また、「今から73年前に日本が戦争をした国は、何処ですか?」と云う質問にも、「アメリカ」と答えられた者は極く僅かで、「中国」と答えた者は、“当たらずと言えども遠からず”と思いましたが、「韓国」と答えた者も居たり、「わからない!」と答えた者がぞくぞくでした。

更に、「アメリカと戦った時に、身方に成ったのは何処の国ですか?」と云う質問には、「わからない」「無いんじゃない?」が殆ど。番組の司会者は「ドイツ」と「イタリア」と答えていましたが、此れは正直私も「身方は無かった!」と思ったくらい、太平洋戦争での「ドイツ」と「イタリア」の存在感は有りませんでした。と云うのが、此れは私の本音です。

その他、NHK は「報道」と云う自己の仕事に就いて自己弁護めいた事を色々言って居ましたが、「よく言うよ!」と云う気がしてなりませんでした。

この番組の若者達(二十歳前後)の反応を見て、先ず一番に思った事は、“今の学校教育に於ける「歴史教育」は如何なって居るのだろう?”と言う事です。こちらの勝手な解釈ですが、彼らが知らないと言う事は、今の学校現場で「本当に有った歴史を教えていない」のではないかと言う事、若しくは彼らが教えられても「右から左へ忘れてしまっている」のか?と言う事です。

幾ら、“頭パッパラパ”のノー天若者と云えど、教えられたらもう少し多くの者が理解して居るでしょうに、今の若者がこの程度の歴史認識では、現在の安倍自・公政権が、どんどん右傾化して行って居ても、その状況が何たるかを全く理解して居ない、と思われます。更に、若者だけで無くいい歳をした大人達も、今の政治状況がどれ程危険に向いつつあるかを、感じも考えもしていないのではないかと思えて来るのです。

此れでは、中国や韓国から、歴史認識が間違っていると言われても仕方が無いのではないか? 一国の総理大臣もこの国の若者たちの歴史認識と同じだと決めつけられても、反論できない有様なのですから。

昔からよく言われる事に「一犬、虚に吠ゆれば、萬犬、実を伝える」と云う言葉が有りますが、若者の教育が出来ていない事を幸い、無知な頭に洗脳をし続けているに違いありません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ニッポンの歴史認識 ( No.3 )
日時: 2014/08/16 10:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:jgjpqkeE

この問題(慰安婦問題)は確かに歴史認識の問題ですね。

言葉の使い方は何でも、昔の戦争、それも長期で大規模な戦いの場合、従軍慰安婦的な存在は、どこの軍隊でもあったでしょう。
慰安婦の徴集方法、褒められたものではなかったはず。

そうして、こういう問題には触れて欲しくないのが心情でしょう。
それを朝日新聞社は、国内の問題としてではなく、韓国に訴えかけることでスクープとしようとしました。

それも認めたがらない、国内の反応を打ち破るために偽装工作までして。
実質の被害者の申し立てを取り上げて是非を社会に問うならいざ知らず、大手メディアがやったことは、とりもなおさず歴史認識を、その意味で問いただすことになるのでは、そうしたかったと言うことと思います。

そうすると、我が国の大手メディアの歴史認識そのものが、この程度のものと伺えます。
日本人の歴史認識に必要なのは、我が国自身の歴史を正しく知っておくことではありませんか。

もっとも、過去の歴史書は、どの場合でも勝者の論理により編集されていて、権力者に取って都合よく書かれており、本当のことは解らないのが常であるとは思います。
ところが民主主義の時代と言われている現代は、権力者は民衆のはずです。
民衆が都合よく歴史を認識すること、改竄することを、過去の歴史書と同様にするべきでしょうか。

都合の良い時は、民主主義を謳歌し個人の権利を主張しながら、集団となれば、どのような欺瞞もゆるすのでは、過去の権力者と同じことではないでしょうか。

なおかつ、戦前の国民とは違い、現代人は多くの情報をもち、現代史の全容を把握しています。
で、あるなら、近代史を著述する場合、先の大戦のことを、どのように書くのか、明治維新後の日本をどのように書くのか、国民自身が責任を持たねばならないのと違いますか。

日本人として明治の時代は、それなりに肯定すべき、誇らしい歴史えあったと言えましょう。
先の大戦に至る経緯も理解しなけらばならない事情も解ります。

しかしながら旧日本軍のやったことは、国民として糾弾しなければならないことが多いのではないでしょうか。
満州国立国、朝鮮併合、これなどは侵略であり、過去はともかく現代の日本人が認めるか認めないかは重大な意味があります。

ドイツでのナチスの暴虐は知られています。
あれも、全く人非人の行為であり、そんなものを認める現代ドイツ人は、ごく一部の狂人以外はないでしょう。

日本軍の暴虐性もナチスほどではないとしても、国民の命を弄ぶ、相当あくどいものでした。
実際に、満州における関東軍の行動(抑留者ができことを承知で、一節によると、関東軍自らロシアに捕虜の提供を申し出て関東軍の脱出を図った)は、国家国民を守るべき軍隊のそれではありません。

旧日本軍の幹部の有り様は、これも満天下さんが指摘されている様に、補給の保証もないのに多くの軍兵を遠方に押しやり餓死させて平気であった。沖縄では民間人に自殺を促したなど、指導者として、国民が、当然指弾すべき人間です。

それを、こともあろうに、靖国神社の祀るとは、一体、日本人は何を考えているのでしょう。
これでは、ナチスが何百万人の同胞を殺そうが、ヒトラーやゲーリングを靖国神社に祀り、崇拝していることと同じではないですか。

多くの日本人は、それを受け入れるのでしょうか。
日本の歴史認識とは、日本のためにあるのであり、諸外国のためにあるのではありません。

先の大戦の総括が出来てないことは良く言われます。
70年も経って総括する意味があるか、否かは、さておき、戦争体験者、または戦争を理解できる我々が、このままうやむやに放置することは、当然ながら、戦争をしらない若いものは、先の大戦の教訓は何も残りません。
同じ過ちを犯すかもしれません。
終戦記念日こそ、そうした歴史を思い起こし、若者の教訓としてこそ、無念に散った、250万英霊に報いることではないでしょうか。

そうしたことが、回り回って、集団安全保障に対する判断にも影響を及ぼします。
中国や韓国の為ではなく、日本人の問題として歴史を正しく認識させることが必要と思います。

昔の独裁者の時代と違い歴史を偽る必要性などないのです。
それも民主主義ではありませんか。






メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存