ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2128] 国家と政治と議会制民主主義
日時: 2014/12/05 17:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:eqmADly6

日本には、民主主義が定着していないとか、議会制民主主義が成立していないとかいう議論が出ています。
そうして、それが政治の停滞の根本の要素の様に思われています。
そこで、「国家」「政治」「議会制民主主義」について考察してみました。

まず、国家とは

国家とは、国境線で区切られた領土に成立する政治組織で、地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して排他的な統治権を有する政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能による異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。

次に政治とは

政治とは社会に対して全体的な影響を及ぼし、社会で生きるひとりひとりの人の人生にも様々な影響を及ぼす複雑な領域である。広辞苑では「人間集団における秩序の形成と解体をめぐって、人が他者に対して、また他者と共に行う営み。」としているわけであるが、政治は、社会や社会に生きるひとりひとりの人にとって そもそも何が重要なことなのか、社会がどのような状態であることが良い状態なのか、ということも扱い、様々ある人々の意志からどれを選び集団の意志とするか、どのような方法でそれを選ぶか、といったこととも深く関係している。
古典である『政治学』を著した古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、政治を研究する政治学を《善い社会》の実現を試みるためのマスターサイエンスであると位置づけている。このような位置づけは政治が理想社会を実現するために社会に対して働きかける性質を持つことを示している。政治が善い社会のために社会に作用する一方で、何が社会にとって善いかという問題に関する対立や協調も政治の領域には含まれる。この側面について政治哲学者のハンナ・アーレントは『人間の条件』の中で、政治を 自己とは異なる他者に対して言語を使って働きかけ、結合する行為であると捉えている。つまり政治とは人々が善い社会で生活することを達成するために、社会に対して働きかけることであり、また何が善いことかという判断に関する議論を伴うものであると言うことができる。

最後に、政治の形態である議会制民主主義について考えてみましょう。

「議会制民主主義は、国民が選出した代表者で構成される議会の討議にもとづいて政治を運営していくことによって、国民の合意による政治という民主主義の理念を実現しようとするものである。議会制民主主義のもとでは、議会は、国民の意思を代表するものとして、政治の中心におかれることになる。対になる概念として直接民主制がある。現在ほとんどの国が「間接民主制」である。
日本国憲法前文は、国民の代表者が権力を行使するものとし、国民は「正当に選挙された国会における代表者を通じて」行動すると述べて、議会制民主主義を採用することを明らかにしている。 議会制民主主義が本当に民主主義として機能するためには、代表者(議員)の構成が、民意を正しく反映するものでなければならない。したがって、国民の意思を可能なかぎり反映できるような選挙制度が要請される。また、議会においては、多数決による決定の前に、少数意見を最大限に尊重した冷静な討議がなされなければならない。

(ウィキペディアからの引用終わり)
 
現代社会に於いて政治を語るとき、民意が反映されているか、いないかが最重要の問題とされている。
つまり

「議会制民主主義は、国民が選出した代表者で構成される議会の討議にもとづいて政治を運営していくことによって、国民の合意による政治という民主主義の理念を実現しようとするものである。議会制民主主義のもとでは、議会は、国民の意思を代表するものとして、政治の中心におかれることになる。

また、議会においては、多数決による決定の前に、少数意見を最大限に尊重した冷静な討議がなされなければならない。」
だが、前述したように政治には次の様な使命も負わされていることを軽視している。
「古典である『政治学』を著した古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、政治を研究する政治学を《善い社会》の実現を試みるためのマスターサイエンスであると位置づけている。このような位置づけは政治が理想社会を実現するために社会に対して働きかける性質を持つことを示している。」


ここで、民主主義の名において、ある意味で、国民が主体となりすぎていることを考えてみたい。

要するに、国民の意思、望みと言うものは、具体的な政策の選択が主眼ではなく、まず、生のままの希望を訴えれば良いのである。
政策として提示されたものの選択ではなく、希望を突きつけるべきであるのである。

小泉内閣の時でも、小泉の示した郵政民営化の施策以外に選択肢は別にあったのである。
現代社会の困難な問題に対して国民は、ただ希望を要求すれば良いのである。
例えば、働く場所を確保せよ!と言う一言で良いのである。
それに対して方法を考えるのが政治である。

現代の政治の言う事など、まだまだ不十分であり、それ以外に出来ることがあるのに、国民が適当なところで妥協するから、政治が進まないのである。
それで持って、民意を組み上げた民主政治が出来ていると思っている。

このような面で、政治の体たらくの原因は民意にあると言える。
まあ、しかしながら政治は権力、革命的発想でなければ民意が、実際に政治を動かすことも叶わないことは解る。

ここまでは、仕方がないとして、問題は政治家の方にあるのである。
奴らは議会制民主主義を遵守することばかりに重きを置き、
「このような位置づけは政治が理想社会を実現するために社会に対して働きかける性質を持つことを示している。」

いわゆる「政治学」の存在を疎かにしているのである。
疎かにしていると言うよりも、この崇高な理念を実現できる能力のある政治家がいないのである。

独裁の危険があるとしても、政治は大衆をリードしていかねばならないのである。
それなのに、選挙の時の大衆受けばかり狙って、自己保身のために、無難な対応よりすることが出来ない、官僚の様な体質となっているのである。
政治とは大衆を操作することと思い込んでいる。

大衆の側にも問題がある。
知識の吸収のみで思い上がった大衆は、己の考えに合わせて政治を理解し、判断する。
もっと大きな優れたものの存在を求める気持ちがないのである。
こうして衆愚の政治が民主主義の名の下に蔓延しているのである。

そうしたなかで「議会制民主主義」と言う言葉だけが、弄ばれているようだ。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 国家と政治と議会制民主主義 ( No.6 )
日時: 2014/12/08 11:36
名前: 北の国から ID:JpLZ/LEw

 地方自治体の財政が、元産炭地にかぎらずたいへん厳しいということはご承知のとおりです。
夕張も、国策で石炭をどんどん掘り出していたころは、人口も11万7千人だったそうですが、
いまや(財政再建団体による住民サービスのはげしい低下などもあり)、9千人前後まで減少
してしまいました。
 夕張の財政破たんの根本要因はもちろん国のエネルギー政策の転換であります。

 ところが、夕張は市内の炭鉱が撤退しても、数年間は「産炭地特別交付金」などを過大にあ
てにして、自治体相手に商売する「企画屋」などの口車にのって「観光事業」などに多額の市
財政を支出し、しかも市の財政状況を、議会にも市民にもわかりにくくするための「粉飾」が
おこなわれていたことが、大分経ってから明るみにでます。

 つまり、夕張市民は「財政危機状況」や「その原因」について行政からも政治からも知らさ
れていなかったとぴう面があります。
 したがって、行政や夕張市議会は「財政危機状況を踏まえて、どういう地域づくりをするの
か」という問題について市民に提案していく義務が」あったし、住民自身も「産業」「雇用」
などについて住民サイドからさまざまな提案をしなければならなかったと思います。
 夕張市には、有名なメロンがあったし、特産のナガイモを材料にした焼酎も人気ブランドで
したし、スキー場や「国際映画祭」なども地域経済に貢献していました。

 ところが、地方自治体の多くは「国保財政の赤字」と「国保病院への支出」がおおきな部分
を占めていました。面積が広く、都会までの距離が50キロ、100キロという地域が少なく
ない北海道はとくに深刻な問題です。

 つまり、天橋立さんが指摘されるように、「国保」の問題も「医療過疎」の問題も根本は、
明らかに「国の政治の問題」です。その地域の産業と雇用、医療、介護に展望がなければ、
北海道の地方都市は(1次産業は惨憺たる状況)再建はむずかしいのです。

 このことを、ねばりづよく住民に知ってもらい、民意というものが、自律的な健全性をと
りもどすように、いろんな場面で努力することが求められているのでしょう。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存