ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本の心のルーツ ( No.102 )
日時: 2015/03/24 13:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tkkTP9Fk

>この国の民族気質は、一体、どこに核があるのだろうか?自ら考えて創り上げて来た社会政治的遺産なるものが、どこを見ても見つからない・・・敢えて言えば、八紘一宇がそれに該当するのか(笑)。

上に対応して、
当地の神社を守る立場の人間として訴え続けてはいますが ?

(会費徴収への挨拶)

氏子の皆様方には、須津彦神社の運営にひとかたならぬ御配慮を賜っていまして、誠にありがとうございます。
須津彦神社は西暦456〜500年の間に創建したものとされております。
当時の家屋は十数軒であったという記述もあります。

現在の位置に建て替えられましたのは西暦807年であり、創建時から言えば1500年の歴史を刻んでおります。
始原的な氏神信仰と言いますのは、我々の日常生活を脅かす自然の猛威に対して地域の「五穀豊穣」を始め、「無病息災」、「家内安全」、「子孫繁栄」を祈ることから始まりました。

他の国においても、それは同じことと思いますが、我が国の神社信仰は、未だに、その素朴な思いを全国的に保持してきている誇るべき慣習であると思います。
現代の民主主義社会も人々にとってかけがえのない素晴らしい制度ではありますが、最近の、あまりにも効率を重んじる傾向は、人々の間にギスギスとした余裕のない社会を生み出している面もあります。
この様な時代に、個人の主張から、少し離れて、地域の安寧と言う共通の思いを見直すと言うことも、大切なことではないでしょうか。

そう言う意味で、神社を通した共生の気持ちは、今後の社会を考えるとき、とても大切なことではないかと思います。
具体的な神社の活動として、村祭りや厄除け祈願、初参り、七五三、どんど焼きなどがあり、まだまだ、多くの人に受け入れられております。
氏子としての皆様の御宅の安全、繁栄もさる事ながら、このような思いを後世まで継承することも、また現代の私達の役目でもあると思います。
私たち、歴代の総代も、その様な気持ちで頑張ってきております。
氏子の皆様におかれましても、須津彦神社の運営に末長く御支援願いますよう、改めて御願い申し上げます。

平成27年3月吉日
                                            須津彦神社奉賛会
                                            

(須津彦神社例祭について)

本年度の須津彦神社の例祭を下記の日程で行います。
宵祭り  4月25日(土)
本祭り  4月26日(日)


我が国では、大昔から、それぞれの地域で祭りをしてきました。
なぜ、祭りをするかと言えば、人知を超える超自然的なものに対して、神社や寺院を舞台として地域の「五穀豊穣」を始め、「大漁追福」、「商売繁盛」、「疫病退散」、「無病息災」、「家内安全」、「安寧長寿」、「夫婦円満」、「子孫繁栄」、「祖先崇拝」、「豊楽万民」、「天下泰平」などを招福祈願、厄除祈念として行って来たものです。
現代におけるイベントとしてのパレードとは、少し異なります。
また祭りの要素として、祭祀(さいし)と祭礼(さいれい)が有ります。

「祭祀」とは神や祖先を祭ることであり、神社における神事の事をさします。
祭祀と祭礼の違いは明確ではありませんが、宗教的意味とは別に、祭礼には、神の巡行を民衆が歓迎すると言う意味もあり、山車の曳行や芸能の披露といった娯楽性も合わせ持つ様になりました。

祭りにおける具体的な祭祀、祭礼の形は、依り代(よりしろ)を立てて神を迎える行為や送る行為、神幸(しんこう=巡行)に関する行為、神饌を献ずる行為や直会などを神事とすることが多い。

依り代とは、神霊が依り憑く対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともある、祭りの祭礼の場合、神輿に神が移ると考えられている。
御幸(ぎょこう)とは、神霊が宿った神体や依り代などを神輿に移し、氏子地域内の、御旅所(おたびしょ)や元宮への渡御(とぎょ=巡行すること)することです。

これが、御旅行列のことです。
御旅所とは、神社の祭礼において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡幸の途中で休憩または宿泊する場所、或いは神幸の目的地をさす。巡幸の道中に複数箇所設けられることもある。御旅所に神輿が着くと御旅所祭が執り行われます(実際は神楽舞とか太刀の奉納が行われます)。
御旅所には神社や祭神にまつわる場所や氏子地域にとって重要な場所が選ばれている。元宮、摂末社や配偶神を祀る神社などのような社殿があるもののほか、元の鎮座地などに臨時の祭殿を設けたり、氏子の代表(頭人)の家に迎える場合などがあります。
須津彦神社の例祭では、大川神社と愛宕神社前が御旅所になっています。

須津彦神社例祭の祭祀、祭礼の概略を説明しましょう。

須津彦神社の例祭の神事は本祭りの朝、神社拝殿によって始まります。
そこで何時もは閉ざされている神殿の内扉を開き、宮司によって祈願祭を始めます。その後、お旅行列を組織し、神の巡行を促します。
お旅行列が神社に帰ると、頃合を図り、神殿の内扉を閉めます。
その後は、夕刻まで、少女神輿、神楽、太刀振りが地域を巡行し皆さんと共に御祝をすることになります。

これが祭りの意味、内容です。
最後に、須津彦神社例祭の祭礼の内容(催し物)について説明します。

「太刀振りの意味」

太刀振りの風習は神楽舞(獅子舞)ほどではありませんが全国的に行われています。ですが丹後地方の立ち振りが一番盛んな様です。
丹後地方の太刀振りの源流は、籠神社に発しているようです。
全国の太刀振りと言いましても皆様が目にされているようなものではなく、舞いの形も、獅子と太刀を持った人間との戦いの様子を見せたり、かたき討ちなど物語風の演出を伴ったり色々あります。

籠神社系統の太刀振りが盛んであるのは、大太鼓を中心にした囃子方も充実していて、村内を巡行することを重視しているからではないかと思います。他地域では神社での奉納だけの太刀振りもあるようです。

太刀を振ると言うことは、その太刀で邪鬼や災厄を打ち払い、家内安全、無病息災、五穀豊穣をもたらす事を願っているのです。
そうして、それは男の役目でもあったのです。
祭礼の後、各戸へ巡行し太刀振りを奉納すると言うことは、その御宅の邪鬼を打ち払い、家族の安寧を願ってくれると言うことです。
後に述べます、神楽舞と比較して頂ければ、その違いもお判りになると思います。
太刀の種類も、通常使う太刀と神社で奉納するときに役振りがつかう槍、薙刀があります。

「神楽舞の意味」

剣の舞)

先にも紹介しました様に、獅子が宝剣をくわえて舞うことで、天地四方を清めます。宝剣を抜きはらって天地四方の邪気を切り祓う悪魔祓いの舞いとして知られています。
剣の舞は、各戸訪問の時は、そのお宅を正面として、1方だけのお清めをするのですが、本祭で神社で奉納する剣の舞は、3方の舞と言って四方すべて(地区全域)の邪気を祓いう中心的な神事です。
神社におけるこの舞には天狗が登場します。
天狗の役割は、獅子の真似をして舞うことです。神様が乗り移った獅子が民の為に厳かに舞う、その様を真似る天狗は、我々、民を暗示させているのではないでしょうか。

(鈴の舞)

門付けなどで最初に舞うのが「鈴の舞」。これは竈払い(かまどばらい)を意味します。現代でこそ、竈(かまど)は使われませんが、竈(かまど)は一家のいのちの根源です。火をおろそかにすると、すべてを失います。だから、「火の用心」なのです。獅子舞いは人々のいのちの根源たる竈(かまど)に感謝し、災いがおきないように最初に「鈴の舞」を舞うのです。            鈴と御幣を持った獅子が軽妙で確信的な笛の音色と共に舞う姿は、神様の満足ぶりを現しているのでしょう。

(乱の舞)

伊勢大神楽のなかに、跳の舞(とびのまい)と言う舞があります。       神楽では静かな所作から跳躍、登攀、飛び降り、逆立ち、旋回と回転、首振りと激しく動き回る仕草があります。これはすべて獅子神の悪魔調伏の威力を誇示する表現です。これを「狂い」と言いまして、激しい舞を見せることによって神の力を表現し、その力を皆さまに授けるのです。              

(笹の舞)

笹の舞は、神が宿った獅子が、のんびりと休んでいるところに天狗が登場し、獅子をからかうと言う想定で舞がなされています。この物語を神事として、どのように解釈するかが問題でしょう。以前にも言いましたが、須津彦神社の神楽舞では、神が乗り移られた獅子が登場します。その神をからかうなどと、とんでもない話ですが、天狗を民衆の代表とすれば、恐ろしい神を信じ親しんだ結果の民衆の姿を想像できます。                                この場合、天狗は笹をもち、片手には扇子を持っています。あまりにもしつこいので、休んでいた獅子も扇子を取り上げようとしますが、天狗は、その都度、巧妙に交わして逃げます。獅子はいやいやながらも3回ほど繰り返しますが、容易には取れません。結局は4回目で扇子を取り上げ、舞は終了するのですが、この過程を長々と舞い、神楽舞の中では一番長い舞となっています。あまり短くては値打ちがないと言うことでしょうか。  この様に笹の舞は、神を身近に感じた民衆が登場する、なごやかで、独特の神事であると言えます。

神道での神は荒魂(あらみたま)と和魂(にぎみたま)と言う二つの面の認識があります。荒魂は神の荒々しい側面、荒ぶる魂です。天変地異を引き起こし、病を流行らせ、人の心を荒廃させ争いへ駆り立てる神の働きです。祟りは荒魂の表れです。
それに対し和魂は、雨や日光の恵みなど、神の優しく平和的な側面です。神の加護は和魂の表れです。
荒魂と和魂は、同一の神であっても別の神に見えるほどの強い個性の表れであり、人々は神の怒りを鎮め、荒魂を和魂に変えるために、神に供物を捧げ、儀式や祭を行ってきました(これが神社信仰です)。

以上、須津彦神社の祭りの内容について説明させていただきました。
須津彦神社の例祭を記述した最古の古文書は1608年にあり、祭りの日付が11月10日から9月1日の変わったと有ります。
1787年には、洪水に見舞われ宵い祭りの挙行が大変であったと言う記述も有ります。
幕末の1865年には、祭具を新調したとあり、その時の祭具が今も使われています。

このように須津彦神社の例祭は残っている記述から見ても400年以上の歴史があり、毎年多くの方の協力で行われてきました。
本年も例祭の準備は、3月の初めから行われており、200名を超える関係者によって挙行されます。
皆様方におかれましても、このような須津彦神社例祭を理解していただき、より一層の御支援を賜りますよう御願い申し上げます。

平成27年3月吉日
                                            須津彦神社奉賛会
                                            
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存