ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

横綱白鵬の反発(3) ( No.107 )
日時: 2015/03/23 08:14
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

日本古典文化である相撲について、色々物議を醸した横綱白鵬、同じモンゴル出身の横綱日馬富士との大熱戦の末、優勝。日本人大横綱であり、蒙古人白鵬に相撲道のあれこれを教えて来た大鵬のそれぞれの大記録を、一つ一つ更新し始めている。

土俵際でNHKから優勝の感想を聞かれ、「色々とお騒がせしましたから」と切り出したら、観衆もその意味を汲み、ユーモラスに受け止めたかドッと沸いて、後は大拍手で歓迎。しかしNHKが続けて、今場所はどのような気持ちで臨みましたかと聞かれ、答えに窮して20秒ほども息を詰まらせながら複雑な表情を見せていた。

開いた口から、「・・・ま、がんばります」と答え、更に後輩・関脇照の富士が、追い上げて来て、横綱を狙うかと聞くとムッとして、「(マスコミは)すぐそう言うことを聞くからね」とやり返すと、会場がまたドッと沸いた・・・

まあ官制報道機関のNHKのこと、聞くことが全てに亘って味も無い決まり文句の聞き方が多く、役人そのもの。そう言えば日本相撲協会は文科省、内閣府から認められた公益財団法人だ。加えて日本伝統文化として神道にも似た精神を求められる。横綱になると明治神宮に土俵入りを奉納せねばならない。戦中では、神に対する最高の神祇官は天皇だから、奉納の時には昭和天皇も列席されておられた。

相撲が単なるスポーツではなく、よって単なるスポーツ精神だけでは律し切れない何かがある。だから昔の曙や武蔵丸、朝青竜などの外人力士が、神道的精神をくみ取るには、かなりの努力を要したことだろう。しかも官僚外郭団体の性格を持ち、神道をも利用するこの国役人どもの体質、そして報道は官制NHKだけの独壇場とあっては、外人にとっての気配りは、かなりの重圧であろう。

スポーツが神に捧げられる競技のように感じられるものに、ラグビー試合開始前の鬨(とき)の声がある。ウオークライと呼ばれるニュージーランド選手の雄叫びが有名だ。膝を叩きながら前進する仕草は、現地先住民のアポリジニの儀式から生じたものと言われている。神に生贄をささげる、何か自然に対する畏敬の念を感じさせ、あれを観るのも好きだ(笑)。

横綱年の熱の入った対戦、どちらもモンゴル人。最近の場所が盛り上がっている好取組には、先々の昇進が楽しみな照の富士に逸ノ城など、顔を見ているといつも日本人に間違えそうになる皆モンゴル人・・・蒙古の大草原の蒙古相撲が日本に引っ越してきて、楽しませてくれているのかと、錯覚してしまう。日本人大関同士の対戦は、刺身のツマ程度に思われてしまう。

詩経は中国古典だが、有名な曹操の鹿鳴(ろくめい)は、大草原にあって友人を迎える壮大な歓待の響きを伝える・・・

・・・悠々として鹿鳴き  野のへい(牧草)を食う  我に嘉賓あり  よってもって遇すべし・・・

チマチマと細かいことには能力を発揮するのも特質だが、大きく壮大な戦略にはトンと疎いこの国の民族性。神がかりな事に弱い気質が、それを利用する官僚社会を創り上げてしまった。神技大相撲にもそれを感じてしまう昨今だ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存