ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: Back to the Edo Period ( No.186 )
日時: 2015/04/24 14:43
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

江戸時代に戻って見よう、で思い出したのが、六年前この掲示板に御邪魔した最初に、江戸時代の浪速の作家・井原西鶴の世間胸算用をもじって、当代世間裏算用なるスレッドを立てた事でした。

目的は、世界経済はインチキで成り立っているのに、その本質に迫る経済学理論及び学者が皆無となり、それを良い事に世間庶民を騙す構造が出来上がってしまっている、その構造を可能な限り追及してみたかった。

西鶴は江戸時代に既に、人は皆、渡世に油断して、そのツケが大晦日に一気に集まってしまう、めいめいの日頃の覚悟が悪いから、一年を仕舞はねばならない大晦日、その日こそ一日千金に替えがたい日なのに、人々は帳尻合わせに走り回らねばならなくなる。

江戸時代西鶴の金言をもじって、スレ冒頭の趣意文に、次のように書きました。

『・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)。

江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)。

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない。その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い。

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか。

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない。通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう。

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった。

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった』

このように書いたのですが、シンゾーの指南役、東大浜田名誉教授とその子分黒田日銀総裁。黒田総裁は浜田指南役が言うがままに物価を上げれば景気は回復すると言い、その親方浜田は、黒田が超金融緩和をやっても物価がさっぱり上がらないのを見て昨日、物価目標にこだわる必要は無いと言い出す有り様(爆笑です)。
では何の為に将来の国民生活をやばくしてしまう、超金融緩和をやって過剰国債リスクを態々抱え込むような政策をやったのか、その説明は全く無い。

シンゾーの周りにはどうしてこのような、公約通りに事が運ばないと詭弁を弄して誤魔化しを始める者ばかり居るのか不思議です。そうか、シンゾー自身が左様な人物だから、類が類を読んでも不思議でもないか・・・

西鶴はまた大晦日風景について次のように記述していました。文中シンゾーとあるのは、西鶴原文では「女が」としている箇所を、シンゾーに置き換えてもピタリとはまるからです(笑)。

『・・・銭銀のうては越されぬ冬と春との峠が大晦日、借金の山が高うては登りにくい。それも足手まといの子(国民)というものに、それぞれに相応の費用を食うからだ。差し当っては、目には見えぬが、例えば正月の破魔弓、手鞠、朔の綏(つくり)雀など、いずれは掃溜の中へ捨てられるのだが、年中に積れば、莫迦にはならぬ。なお、中の亥猪を祝う餅、氏神の御払団子、弟子の朔日、厄払いの包銭のほか夢違いの御礼まで買わねばならず、宝舟にも車にも積み余るほどの物入りである。 

ことに近年は、シンゾーも贅沢になっている上になお、当世流行の正月小袖に浮身をやつし、羽二重半疋四十五匁の地絹も大変だが、その染賃と来てはそれ以上で金一両ずつも出すのだ。つまりは、さのみ人目につかぬことに、あたら金銀を捨てるのである。・・・・腰巻も本紅の二枚がさね、白ぬめの足袋をはくなど、昔は大名の奥方も遊ばさぬこと、思えば町人のシンゾーの分際として、冥加恐しいことである。それも金銀があり余ってのことなればともかく、夜が明ければもう利子を食う、油断のならぬ銀を借りている身代で、こんなシンゾーの派手好みは、よくよく分別すればわれながら恥かしい筈。それとも、たとえ明日分散に会っても、シンゾーの諸道具は差押えを免れるから、新規まきなおしの世帯の種にするつもりだろうか。』 


全く、何の為に大枚はたいてアメリカまで大名旅行をせねばならぬのか、それで世間が新規まき直しの世にでもなれば、まだしも、テメエだけの新規まき直しだけなら、帰って来るな!お前のような輩はこの国には要らぬ。

でも江戸時代に既に西鶴が注意していた、渡世に油断ばかりする国民が増えるだけでは、一蓮托生ですね。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存