ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

トインビー ( No.223 )
日時: 2015/05/09 23:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BIVPaY1Y

満天下さんの意外な言葉に、改めて、トインビーを追ってみました。

すると、何と、

忘れられた歴史家とか、トインビーの著作が絶版になると言う情報を得ました。
なぜ、そうなったのでしょう。

私は「歴史の研究」や「宗教論」をほぼ読んでいて、その内容について関心していました。
他の歴史書と違い、史実を政治的、軍事的に追うのではなく、哲学、文明史、宗教的に追いかけ、個々の事実よりも、その流れの因果関係について語っていました。

文明の衰退と発展、試練と克服などと言う捉え方は、刺激的でした。

その様な取り上げ方は、ある程度、哲学、文化人類学、宗教に興味がないものにとっては、大言壮語、理想家と写ったのでしょうか。

また、トインビーが言っている文明の起源の話などは、プラトンの洞窟の比喩の様な趣があり、確かに歴史の記述としては、アマチュア的とか、妄想の類に傾注しすぎると言う批判があるようです。
ウパニシャッドの世界や、存在、有、無などと言う形而上学的な世界に親しんでいる人間でないと、マンガチックに見えるのでしょう(素直に読む事ができないのでしょう)。

一時はトインビーの言葉に期待をしてみたが、その不確実性故(その通りに推移しないから)に忘れ去られようとしていると言うことでした。

トインビーを乗り越えるのならば、申し分のない主張ですが、自分が感応できないからと言って、彼を避けるとは、なんという愚劣。


(以下は、その評論の一例です)

包括的な文明論というのは「大きな物語」としてそれなりに魅力のある分野ですが、昨今の流行ではないようです。
また、書店に書籍が並ぶというのはまさに人気であり流行を示すものであって、学問上の価値とはあまり関係ありません(万葉集を現代韓国語の知識で解読する・比較言語学の概念を用いずに日本語の起源を探る等)。

>主要なものを絶版にすることはまずないと思った

岩波の復刻版のフェアを見て「こんなのが版元品切れ重版未定(=絶版)になってたのか」と驚くという経験を何回(何十回?)も繰り返した自分から見ると、かなり現実離れした考え方です。

トインビーの評価としては、こちらが現代的なものとしてはほぼ満点でしょう。そのぐらいの存在意義の人です。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0705.html

大雑把に言えば宗教の役割を過大評価しすぎであり、「面白いけど現実には合ってないよね」というのが正直なところでしょうか。
見るべきところがないわけではないですが、わざわざ今読むべきかというと、「まあ暇つぶしならいいんじゃね?」レベルだと思います。

>こちらが現代的なものとしてはほぼ満点でしょう。

と言うのが、松岡正剛と言う御仁の、トインビーの批判をしているようですが、その批判の内容は、同じ書物を読んだ私から見て、どうして、そうなるのかと、耳を疑いたくなるような内容です。
そう言う解釈をして耳目を集めたかっただけでしょう。

むしろ松岡某氏にカルトの匂いを嗅ぎます。

http://1000ya.isis.ne.jp/0705.html


要するに、現代人は、物事を深いところから考える事ができなくなったのでしょう。

では、歴史に何を求めるかと、と言うことは二の次、三の次なのでしょうね。
自分のレベルで、人の粗探しばかりしていて、大きなもの、真実なものを求めようとはしません。


>包括的な文明論というのは「大きな物語」としてそれなりに魅力のある分野ですが、昨今の流行ではないようです。

この言葉など、もう、ショックの極みです。
先に民主主義で言いました様に、もはや民衆にも政治にも、インテリにも期待できるものはありませんね。

トインビー流に言うならば、現代社会に置ける民主主義の概念の混沌は、西欧第三期文明に置ける人類生存への挑戦(攻撃)であり、人はこれをどうして乗り越えるかが、試されていると言うことになります。

その昔、文明への挑戦(攻撃)は、自然災害や多民族の侵略である場合がほとんどでした。中世ヨーロッパのキリスト教による世界支配も、その一つと考えられます。だからルネッサンスが起こり、新しい文明(西欧第三期文明)が始まったとも言えるでしょう。

※ この風潮に腹がたって、追伸です。

言う事がアマチュアっぽいなどと、なんという言い草、明き盲。
私などの文章も大概、アマチュアっほく、専門用語などは苦手です。

しかしながら、その情熱は激しく、真実に迫ろうとしています。
大きな変革を前提とすれば、専門知識など逆に障害になることもあります。
トインビーも生粋の学者ではなかったから、あの文章が書けたとも言えます。
アカデミックな歴史学者としては、トインビーが目障りであったのでしょう。

歴史家として希に見る情熱を注いで書いた、トインビーの著作を、アマチュアっぽいと避けるなど、なんという無知蒙昧、見当違い。
何の為に意見を言い、著作に打ち込んでいるのか。

要するに流行に乗って金が稼ぎたいのか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存