ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ギリシャ破綻に見る、共同体の幻想 ( No.340 )
日時: 2015/06/29 19:06
名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

理屈っぽい話をする前に、ギリシャ破綻を受けて日経平均596円安に、アベノミクスに香典を出すか、何の何の、再度札束ばら撒けば、また元に戻るとのカジノ経済に邁進すべきかなのか、ギリシャが札束発行できないが故に、国家経済破綻に陥った事と合わせて考えて見ると、行き詰まりを見せ始めた世界経済の縮図を見ているようで、久しぶりに実に興味深いものを見せて貰っている。

こんな現実の教科書と、その理論的裏付けをした経済学者の理論が一致しない事を、同時に見せて貰える機会は滅多にない。実に貴重な、そして現実的な問題を提起してくれている。

今更のことでも無い事だが、経済構造が違う国が一つになって、しかも通貨調整もできないでは、どこかが必ず破綻するでしょう。ギリシャ問題がそれを示したとも言える。いや、ポルトガル、スペインとてそうですし、イタリアなどもその範疇に入るでしょう。所謂PIGSと言われるEU加盟国がそれです。

何故EUは共同体として出発したのか、そもそもそこから振り返って見ないと、矛盾した条件のもとに、何故一体化せねばならなかったのか?ということが理解出来ない。

理屈の出発点は、やはりノーベル経済学賞のロバート・マンデルによる最適通貨圏の理想から始まっていると言える。ここにも、非現実的な理論が、ノーベル賞の対象になっている(笑)、まあ自然科学分野と違って、理想論に贈る賞だと言えばそれまでの事になるが、社会科学の分野では、人間という生き物を十束ひとからげに括って分析され、何故かくも人種、民族、その自然環境とか、それらによって形成されて来た違いを根底に置いた分析が為されないのか、いつも思う疑問だ。つまりグローバリゼイションなるものへの疑問である。

EUによる単一通貨ユーロの創設、何故それが良いとされたのか、マンデル理論の理由は単純。単一通貨圏の範囲が広ければ広いほど、為替変動が無く、通貨費用がかからなくなるというものです。ただしその条件として、労働移動の自由性、資本移動、価格、賃金の柔軟性が確保されていること、そして国情が違う国家間の格差を解消するために、財政移転の自由度=租税移転が重要な取り決めになっていないと、経済性が違う国が、ハンデイはそのままにされて、通貨発行権も無いでは行き詰まることは目に見えている。
更には上述したように、どうしてそのような経済構造になったのか、それは例えばギリシャはギリシャなりの一国として、というより世界文明の発祥地としての歴史的国家の特殊性や、民族気質なるものも、その国の在り方に大きな影響を及ぼしているのに、ただ通貨を同一にすれば発展するとするその理屈に、そもそもムリがあるのではないか。

EU加盟諸国の経済構造を、大雑把ではあるけど、ざっと見ると、ギリシャをトップに南欧諸国になるほど、生産業が少ない。ドイツにおける製造業のGDPに占める比率は25%くらいで、フランスでも16%、ギリシャやポルトガルでは9%くらい。

何が言いたいかと言えば、近代社会において一国が経済交換的に成り立ちえる基礎条件は、何と言っても必要な物資、現代社会にあってはやはり工業生産によって得られた付加価値によって、その国の生産労働者もメシが食えている。それは農業であっても構わないことで、どの分野であっても、そこで生産した付加価値によって物質的再生産が可能になってくる。経済力が弱い国で財を生産した場合、それはそれなりに通貨価値が反映してくれて、調整が行われる。通貨が弱い国ならそれなりの高価格として反映されてバランスが取れて来るものだ。そして通貨の発行調整によっても、バランス取りが出来る。

ギリシャの場合、EU加盟国だから、それが出来ない。観光と海運業だけでは事足りない。それでもここまでやって来れたのは、近代経済社会に不可欠な通貨=財政の調整を一国として出来たからだろう。

それが出来ない、<急場しのぎ>として、通貨大暴落を覚悟すれば、ドラクエ印刷で取りあえずIMFに返済は出来る。だがEU加盟した以上、勝手に通貨は発行できない。だがECBの許可があれば国債を発行して通貨の調達は可能なのだが、それもドラクエではなくユーロ通貨として財政に入っては来るが、欧州単一通貨に対し、その価値を毀損することになるから、ECBは厳しい条件を付けるのです。ユーロ通貨による国債発行であっても、ギリシャの長期国債利回りが38%=長期金利が38%という、途方もない金利となり、EU全体の経済及びユーロに大きな影響を及ぼして来る。

先週末ノユーロ・円は、\133.78だった。それが今朝では\138.05・・・一気に5円近いユーロ安円高だ。

わが国はどこの経済共同体にも属していないから、単純比較は出来ないものの、例えば現在、ギリシャと同じ状態=どこか他所に借金して、明日2000億円返済せよと期限が到来したと仮定して見る。でも、一気に通貨暴落=ハイパーインフレのリスクもあろうけど、その与件は一旦はずしても、政府が国債を日銀に引き取らせて2000億円印刷しろと言えばそれは不可能では無く、それを債権国に返済することが出来る。例えが少しズレますが、現在でもそのようなことは、税収といえども毎日現金が入って来る訳では無い、資金繰りとして日銀から借りている=政府短期証券担保にして、それも為替介入の資金源としても利用されている。

だが、ギリシャでは、自国単独通貨の発行は出来ない。為替もユーロ単一通貨が全てを背負ってくれている、同一通貨共同体なのだから、当たり前の話です。

ギリシャ問題は、狭義で見れば、さような経済のフアンダメンタルズが違う構造に対し、それ事態としての対処策が取れないことから、生じているとも言える。それが自国通貨ドラクマとしてなら、急場しのぎに発行出来ない事は無い。だがそれが出来ない。ヘビー級ボクサーに、フライ級ボクサーを戦わせるよなもので、マンデルが最適通貨圏の条件としていた財政の移転なるハンデイも何も無くて、緊縮財政をやれでは、どうしようもない。

途はEU脱退しかない。勿論、その先も茨の道ではあろうけど、経済構造からして単独行動としてはそれしかない。グローバリゼイションが成り立たない一つの具体的な例かも知れない。ハルマゲドン予言のような、その後に単一世界が出現するなど、それぞれ民族も気質も文化も含む構造が違う所え、単一の世界など出来る筈がない。資本主義では括れない、全く別の要素を無視したのでは、資本主義云々以前の問題のような気がします。お互いは違う、違う中で相手を尊重すれば、足らざるを補える、正に最適経済圏が期待できるのに、一つの共同体でさえ、この有り様だ。その兆候は既に北米共同経済圏NAFTAに出ていたのに・・・。

要するにマンデル理論も、現実の政治による経済へのひれふが、理論を歪めてしまう事に思いが行っていない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存