ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

身勝手なギリシャ ( No.347 )
日時: 2015/07/03 17:30
名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

数日前のNHKクロ−ズアップ現代で、ギリシャ年金生活者の女性が、これまで年金月50万円くれていたのに、今や半分にされて生活が苦しくなったとボヤイている映像を見て、これじゃあドイツが怒るのもムリはないと思いましたね。

半分にされたと言っても、まだ月25万円もある(笑)。

EUやIMFの改善案に不満を唱えて、EU脱退するのか残留するのか、2日後の国民投票で明確になるとは思うものの、EU案を一気に実行するのではなく、段階を踏んで実行する妥協案を提示したので、その国民投票も実施されるのか中止されるのか、報道を見ても日替わりで予想が変わり、その日になってみないと分かりませんね(笑)。

私はどちらかと言うと、ギリシャ国民は意外に残留を選択するのではないかと読んでいます。何故かと言うと、独立した場合の自国通貨ドラクマの大幅下落を怖がっているからです。これほど世界に注目されるデフオルトをしながら、悪性インフレになっていないのは、物資需給状況よりも通貨がユーロだからです。独立した場合の為替は、かくも大きな変動要因になって、通貨価値の下落が為替に反映されて下落を招くことが、怖がられている何よりの、現実の証拠なのです。

少し横道になりますが、別稿で目下対論しました通貨の価値が何で担保されているかの、絶好の教科書をギリシャが示してくれています。何やら別稿では、何を言ってるのか、国民貯蓄の額で国債は担保されるものではなく、経済規模=GDPの範囲が国債発行の限度だとか、そう言いながら最後で発行額は税収が限度だとか、さっぱり理解できない矛盾記事の引用をされているようですが、何を言ってるのかよく分かりません。

ま、そこで質問することにしますが、国債による通貨価値の担保保証、それは正に現実の国民経済力、その結果としての国民貯蓄が担保しているのであって、1400兆円の金融資産に特に意味は無いとするなら、出は何故、ギリシャ、昔ではアルゼンチンなど預金封鎖したのか、その説明がないから、さっぱり分からなくなってしまっている所です(笑)。

そして為替暴落によるハイパーインフレなどあり得ないとの推測も、その根拠が理解出来ません。これも何度も紹介した現実の事例ですが、1992年のロシアルーブルの大暴落によるすさまじいインフレ、何と2600%にも上昇しました。それは旧ソ連からロシアに戻る時、ルーブルを単純印刷でバンバン発行していたからです。

対ドル為替は10ルーブルくらいから9000ルーブルにまで大暴落しました。IMFがルーブル単純印刷に警告を発し、具体的に金融が調整出来、国民経済力が担保する国債発行によって通貨を発行せよ、さすれば資金貸し付けるとの条件によって、8年くらいかけてやっとハイパーインフレも終息しました。

最も最近の例では、15年前のアフリカジンバブエのハイパーインフレです。何と2億3100万%です!(笑)、物資の不足が原因ではありません。これも何度も紹介したことですが、独裁者ムガベ大統領が兵士の給与を9倍に、公務員の給与を6倍に上げ、その財源としてジンバブエ中央銀行のゴノ総裁にジンバブエドルを印刷させたからです。

同時にIMFへの返済期限到来で、米ドル調達のために約60兆Jドルを「印刷」させた事が重なって、史上最高の為替暴落から、史上最高のハイパーインフレを招いてしまいました。北朝鮮と違うからハイパーインフレは我が国では起らないとは言えないのです。

そして通貨価値は、信用で成り立っているとの論、それも漠然としていて、でも現実には債権債務なるものは、与件を一枚一枚剥がして行くと、最終的には結局通貨で清算せなばなりません。そしてその通貨価値を担保している物が、問われてしまいます。現にギリシャとIMFがそうなってしまっています。IMFも漠然とした信用でオカネ貸してきた訳ではありません。EU国債と言うちゃんとした担保があるからです。そしてそれを最終的に担保する者はギリシャ国民であるから、故にギリシャは銀行を閉鎖してしまったのです。もし、信用してくれよの交渉だけで済むなら、預金封鎖などすることもありません。戦後の我が国が、軍事国債デフオルトで、預金封鎖をしてしまい、給与の一部にも引出制限をかけてしまいました。

最後は結局、信用してくれよでは済まないことの例で、そんな話は史上多々あります。アジア通貨危機もそうです。あれは国際金融マフイアが仕掛けたものでしたが、それが実行できる『営業制度』を容認していたことが悪いのであって、管理通貨制度が悪い訳ではありません。だからアメリカは、第一次世界恐慌の際に金融規制のために制定したグラス・ステイーガル法、それを後に一旦解除した為に、リーマンショックを起こしてしまい、そしてオバマがまた一部復活させましたね。まあマフイアどもは管理通貨制度の隙をついたとも言えましょうが、でも管理通貨制度の所為でも無い。それはデリバテイブなる金融商品を無制限に認めた「制度」上の問題です。

ギリシャ問題に話を戻して、結局ギリシャ民衆はドラクマ通貨復帰を怖れている、それは、正にロシアがそうであったように為替暴落におびえています。だからユーロ通貨が欲しい。各経済誌がドラクマ復帰でその為替相場をあれこれ予測しています。結果は誰にも分からないとしつつも、ブルームバーグなどは、平常交換価格から900倍、悪化するとの予測を出している。

通貨価値の下落は為替だけに限らないとしても、先ず為替に反映されてしまうのです。例え米ドルと連動・ペッグ制にしておいても、相当悪化するでしょう。だからアメリカはギリシャ、EU双方に対し、最後まで話し合うことを望んでいる訳です。それ以前にギリシャは、その甘え体質から抜け出すためにも、EUから脱退し、通貨価値の本質について、復習してみる必要があります。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存