ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

EU離脱、固有通貨ドラクマ(GRD)復帰の場合の、ギリシャ国内の状況 ( No.353 )
日時: 2015/07/05 12:27
名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

いえいえ、この質問は的はずれのものではなく、正にギリシャ危機の本質分析には欠かせない要素です。

既にデーターはお持ちだろうと思いますが、質問事項は、ドラクマ・GRDの為替大変動から予想される国内経済の混乱ですが、一応、同国の基礎データーを列記して、そこから全体を見たいと思います。この構造は、金額の大小の問題ではあるのですが、分析要素としては、アメリカだろうが中国だろうが日本であろうが、これまでの世界経済歴史が創って来て現在に至ってる諸国の分析に共通する項目です。

2013年のものが最新のデーター(IMF)です。金額は1ユーロ138円で換算。

人口 :1,081万人。
GDP:22兆円。
経済成長率:▼3.9%
失業率:25.8%
貿易総額:輸出 1兆3100億円
     輸入 5兆4924億円  貿易収支▼4兆1824億円

これを経常収支で補っているのが、観光収入
観光収入: 3兆3000億円(GDPの約15%、観光雇用は全体の20%)

貿易収支面で橋立さんが想定されているGRD下落による輸出効果ですが、上記実績の通り貿易は大幅赤字ですから、GRD下落は更に拍車をかけます。いつかの投稿でも指摘しましたが、ギリシャ経済構造は、普段の生活に要する、つまりその生産が経済の軸になる重化学工業が無いと言うことです。これを何とかすることがギリシャの生命線だる筈なのに、それを借金で輸入して来て、そしてその購買力も公務員に対する給与増やしでやってきたのですから、ドイツの怒りにも正当性があります。(ただし、ドイツ単独勝利のためにEUは共同体にされたのか、との批判もありますが、一応これは横に置くとして)。

そしてその観光収入も今年は、更に15%も減少するだろうとロイターは報じております(ギリシャ観光団体の見通しを総合した結果です)。まあ既に出ている観光客離れは、ATMでユーロ引き出しができなくなった一時的不便さの現象の所為だとは思いますが・・・

<(ハイパーインフレ)それはGRD暴落に伴い輸入品の価格が暴騰する事、対外債務の精算が極端に不利になる事に伴うと考えれば良いのでしょうか>・・・正にそういうことです。既にその兆候が出ているようです。店頭からチーズとヨーグルトだったか?消えてしまったようです。何が原因かと言えば、他国輸出業者が、ギリシャがGRDに戻ればすさまじいインフレになり、撃出価格をどんどん挙げれる思惑で、商品供給を控えているようです。

それよりも、もっと怖い影響は、離脱した場合の借金の額が目減りしても、あるいは踏み倒した場合、其の後の借入、金利は暴騰、これは想像もできません。例えば、橋立さんが何故ハイパーインフレの危険は少ないと言われているその根拠がよく分からないのですが、恐らくGRDは暴落するとして、その分金利は暴騰します。つまり正にそこに現代世界の金融システムがあるのです。言い換えますと、何も無しでは誰もオカネ貸してはくれません。何度も言いますが、その最低証書が「国債」なのです。

他国投資家、あるいは政府は、まあしょうがないな、貸してやるかとなったとしても、自国通貨価値を犠牲にするような貸出しをする国、投資家はいないでしょう・・・まあ、円をバンバンくれてやる日本のシンゾーみたいのも居るには居ますが(ガハハハッ!!)。

そこで例えば橋立フアンドが、よし貸してやろうとして、タダで貸されますか?・・・何か政府証券を出せと言う筈です。ではそれをいくらの担保価値として評価するか?ギリシャに対して90%評価で良いとされるか、その場合は単純計算でも金利10%になります。でも相手は謝金を踏み倒した国です。そこに10%くらいで貸しますか?GRD復帰した場合は為替市場がGRDを評価し、そのレートにもよるでしょうが・・・前稿で史実として紹介しましたロシアルーブル危機では、最高80%!!にまで金利が跳ね上がっております。

序になって失礼とは思いますが、橋立さんは事実誤認が多いと、少しきつい表現をしましたが、それでも<(ギリシャ)国内問題では、ハイパーインフレは起るとは思えない>と言われることが、事実誤認だと、私が申している事実誤認とは、さようなことを言ってるのです。まだギリシャはGRDに復帰した訳でもないから、事実はまだ発生していないにしても、ほぼ過去の実例から想定される事実は、そう変わるものでは無いと思います。

預金封鎖問題でも、戦後軍事国債デフオルトで、ハイパーインフレに見舞われ、結局国民金融資産で、つまり預金封鎖したことは、まさに国民資産で国債が担保されている何よりの証左なのです。それが事実なのです。だから、<担保を国民の資産であてると言っても、実質にはそんな担保は取れません(ヒトラースレ投稿NO。52)>、ということにはならないのです。

それは通常の民間での担保のように、抵当権を設定するとか、定期に質権を設定するとか、国家金融となると、最初からそのような設定は出来ないから、何故かというと、それでは金融制度が創れなくなるからですが、しかし最終結果としては、最後の権力としての、そして最強の預金封鎖なる手段を持っているから、最初からそんなことはしないだけの話で、故に国民も安心錯覚してしまうのです。

まあアメリカを始め、預金封鎖をしなかった政府は、無いと極言しても良いでしょう。やらなかったとしても、その操作は予め脳裏にある筈です。

そこで想定されるギリシャ離脱のケースですが、そのリスクプレミアムは、どれくらいに評価されているのか、GRD通貨での債務証券でなく、ユーロ国債の陰に隠れてしまっていますから、リスク評価市場=クレジット・デフオルト・スワップ・通称CDSプレミアム市場に上場されていないので、誰もがGRD下落値は予想の範囲を出ない訳ですが、どこの予想を見ても、下落率は相当なものを予想しています。

さきほどの仮定の話、橋立さんフアンドの予想では、金利設定を=ギリシャGRD国債をどう評価されるでしょうか。私なら最初から貸しませんね(笑)。まあそこに運用を任せている投資家が、利息が高ければ儲かるから、リスクを取ろうと言い出すなら話は別ですが、それではサブローン破綻・リーマンショックの再現になってしまいますね・・・しかもロシアのように世界有数の天然資源国家でもありません。上記毛叔父構造では、いくら観光業が復活したとしても、暴騰するであろう金利による借入金を、賄うことはほぼ不可能だと思うからです。

上記ギリシャの現状経済フアンダメンタルズからして、その状況の下で離脱しても橋立さんは、ハイパーインフレは無いと思われるその根拠、つまりGRDは下落しないとの予想、参考までに知りたいです。橋立フアンドとしては低金利でも貸すと言われるかどうかです。

昨日、サウジの王様が自己資産4兆円を事前異業に寄付するとの記事が話題になっていたようですが、ギリシャ救済は通常の経済金融計算では成り立たないと思います。慈善家が出てくれば、ハイパーインフレにはならないと思います。そして離脱後に厄介払いのお礼としてドイツが救済してくれるか。それしか手が無いでしょう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存