ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

根本解決にならないギリシャ妥協案>日本人とギリシャ人の似ている所(2) ( No.424 )
日時: 2015/07/24 11:40
名前: 満天下有人 ID:SpeoNxU6

 この通訳の方、記者時代にローマ支局に4年駐在した時、ギリシャ人から「一度心を許せば一生の友」「友のためなら全てをなげうつ」といった言葉をよく聞いた。義理人情はいい面もあるが、政治や社会を混乱させた一因でもある。つまり、まずはコネや地縁血縁で動く世界だ。

ギリシャの政府債務が膨らんだのは、1980年代から政党が票の見返りに公務員を増やしたのが原因で、人口1100万人の国に、(国からの)年金を受け取る人が300万人もいる、その根にあるのが「義理人情」だ。
今の公務員数は緊縮策で60万人程度まで減ったが、ピーク時は推定100万人。全被雇用者の3分の1に達し、当時は政府も実数をつかんでいなかった。地方再生などを旗印に「政権交代の度に新たな政府機関を作り、議員の支持者らに職を与えたせい」だと。

「長い歴史の中で領土も国境も頻繁に変わったせいか、ギリシャ人は国を信頼しておらず、国などなくても生きていけると思っているところがある。だから、自分の利益になるかどうかでしか政治を考えない」。こう語るのは、ギリシャ近現代史が専門の東大特任講師、村田奈々子さんだ。

(あっはっは、ここは日本そっくりだな。笑)

「図書館長に地元名士の妻が就いたり、役所の備品を私物にしたり……。欧州連合(EU)の農業補助金も有効に使われていません。実態を調べようとしても、政府の統計やデータは適当なものが多くて、大変なのです」

 日本にも「コネによる就職や昇進」はあるが、最近はさほど露骨ではない。「コネをまずなくせ!」とEUに絞られても旧来の文化を変えられないギリシャの方が頑固ということか。

「世襲政治」はよく似ている。例えば09年秋に前の政権の粉飾会計を暴露し、ギリシャ危機を招いたパパンドレウ元首相。戦後政治を動かしてきた左派の祖父、父の後を継ぐ3代目で、政界のサラブレッドと評された。日本でいえば、安倍晋三首相、麻生太郎氏、鳩山由紀夫氏といったところだろうか。

「軍政から民政移管した74年から今回の危機まで、票の8割を握ってきた2大政党はいわば世襲の党。ですから、どうしても二、三の政治一族が主体となり、彼らを超える政治家が出てこないんです」と東大先生の村田さんは言う。

政治家の子が難なく当選する日本とよく似て、党首を決める際も、たたき上げの実務派より、政治一族の血統がものを言うムードがある。そんなに血が大事なのか。「国民の多くは先代を知る政治家には思い入れがあるし、利益を求める自分との関係も分かりやすいからでは」と村田さんは見ている。

では、実際の政党政治はどう動いているのか。ギリシャでは民主化以来、1党が長年政権を握ったのではなく、右派と左派の2大政党が率いてきた。危機が始まる09年以降も、2大政党が交互に政権を取り、一時は大連立を組んで対応したが、事態を収められなかった。国民は旧来型の政党に嫌気がさし、今年1月から、万年野党だった左翼政党を束ねるチプラス首相にどうにか懸けている

「チプラス首相は『自分たちは、国民のことを考える最初の政権』と言いますが、要職に友人を就けるなど、やっていることはこれまでと同じ」と前出の柳田さん。なかなか義理人情から脱せないようだが「それでも『世襲はさようなら』って感じはありますね」と村田さん。自民も民主も支持率を落としていた時、「第三極」が期待された日本がダブって見える。

米軍基地問題を抱える立場も似ている。両国は、米ソ冷戦時代、「西側の最前線」に立たされ、米国の「核の傘の下」にいた。それでも、対米従属を嫌い、米国にあらがい続けたのがギリシャだ。今、EUに対しているようにあらがうのが得意な国なのだ。

「80年代、アテネや4カ所の米軍基地周辺で、米軍基地の撤去、米軍追放を求めるデモが広がり、『米軍を追い出す』と公約した左派政権が、小国ながら米国に圧力をかけ続けました」と、アテネ在住の政治学者、ツァルダニディス氏は語る。既に触れたパパンドレウ一族の2代目首相は「外交の独立」を掲げ、ソ連(当時)に接近したほか、リビアやシリアなど反米のアラブ諸国への軍事協力をあえて行い、米国を揺さぶった。

「領空や領土内での米軍の移動は全てギリシャ政府の許可が必要」「米兵犯罪はギリシャ国内法で裁く」など米軍に不利な条件を出した。功を奏したかは不明だが、「戦後世界軍事資料」によると「ギリシャは米国から年間5億ドルの援助を得ていた」という。
 常駐兵員は一時、陸海空合わせて3200人ほどだったが、冷戦後は「お役ご免」と4基地のうち3基地を閉鎖させ、240人ほどに減った。 駐留米軍の経費の一部を負担する日本にツァルダニディス氏は首をかしげる。「逆じゃないですか。なぜ日本が……。払うのは米国でしょう」

(・・・まあ、戦争で負けた日本だから、事情は違うにしても、ギリシャのような根性は、砂川事件で途絶えてしまった。)

五輪開催国である点も同じ。ギリシャでは04年のアテネ五輪開催が決まった98年ごろから「建設バブル」が始まり、04年の財政赤字は国内総生産(GDP)の7%強と99年の倍以上に膨らんだ。22の施設新設だけでざっと100億ユーロ(当時1兆4000億円相当)を投じたが、五輪後も利用されているのは半分程度。「今はほとんど使われず、野球場などは雑草に覆われヘビが出てきそうです」と柳田さん。

国の債務が1000兆円を超える世界一の借金国、日本が新国立競技場の建設を急ぐ姿に、五輪前の勢いだけで施設を造ったギリシャが重なる。でも日本政府はもっと緻密だ。負担できない建設費のツケを国民に回すなんてこと、絶対にない……はずだ(笑)。

(何の、頭良い日本の官僚のこと、巧妙な誤魔化しはいくらでもやるよ)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存