ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

風化した戦争体験>それに協力した財政政策の苦い経験の風化(2) ( No.508 )
日時: 2015/08/23 22:42
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

昨日からNHKが戦後特集の一角として、経済政策に功あった先人の一人として、高橋是清物語を取り上げていた。是清には「経世済民」の男なる形容詞が冠むり言葉として、付されていた。

もう誰もがご存知、経世済民とは中国古典に出て来る、世を治め民を救うとの、より広い政治哲学への警句だ。その警句に経済を当てはめるなら、経済財政政策は、一方に偏ってはいけない、均衡が取れたものでなければならない、左様な戒めも含んでいる。資本の為だけであってはならない、軍事の為のものだけであってもいけない。根本は民あっての世の中である。

ところが歴史的に見ても、その当たり前のことが出来ない現実がずっと続いている、それが現実である。何故できないのか、出来ないように働いているその原理も実は、簡単なことなのだ。同じ現世であっても違う環境に住んでいれば、考えもまた違ってくる。そのせめぎ合いが人間の織りなす社会というもので、これはダメだった、だから止めようとなっても、時間の経過と共に、いかなる社会になっても達成できない原理の働きが、未経験の人間には分からなくなると、また同じことを始める。その意味で歴史の検証は、有効である。

ここ数日の間に顕著になっている世界同時不況と、それを回避する戦争経済への志向も、簡単な原理の復活でしかない。

西洋列強によってこじ開けられた封建社会であった日本。維新が最初に直面した難題は、列強による脅威であった。故に我が国での近代システムによる経済諸制度の経世済民は、先ず富国強兵から始まったと言っても、間違いはなかろう。この場合の原理は、こちらの原理を追及する暇も無いままに、他所の原理に従ってしまった、ただそれだけによって、政治経済が他所の事情=それに対抗する富国強兵の原理が最初になってしまった。当時ではムリであったろうが、西洋列強による資本主義の簡単「原理」に気もつかなかったのである。

国家としてそれに対抗する為にも、経済の流通手段としての通貨発行権も、政府の専権事項でなければならなかった。
尤も封建社会から近代国家に換えるには、旧武士たちの救済を行なわねばならず、新政府による政治強権を要する已むを得ない側面も確かにあったろう。

通貨改革を要することになった遠因には、徳川末期における貨幣改鋳の失敗が尾を引いていることも影響していた。当時、銀の方が手に入りやすい貨幣素材の事情があった為に(たやすいメキシコ銀の輸入)、銀高の方向で改鋳が行われた為に、国内金銀比価は3倍にまで縮小、だが当時のロンドン国際市場では、15倍。当然の流として国際金融筋は日本へ銀を持ち込み、比価の差を利用して金に変えてロンドンに持ち込み、巨利を得、一方我が国は激しい金の流出に見舞われてしまった。

そのような伏線=硬貨主義を取って来た旧幕府による度重なる地金純度低下による貨幣の価値低下があって、維新政府が成立。新政府は福井藩士で後に由利公正と名を変えた財政家を登用して、両から円への転換となる初の全国共通紙幣・太政官札を発行させることになった。

金兌換裏付けのある政府紙幣、と言っても、太政官札100両に対し、金貨40両では民衆の政府紙幣に対する価値観は低く、徐々にインフレを起こして行くことになった。

金札の発行は4800万両相当、その内の53%は新政府財政支出とし、その4割は旧士族反乱を押さえる目的で発行された秩禄公債に充当、そして倒幕内戦に出兵した薩摩藩などに27%が充当された。

これが大インフレを招くことになる。所謂西南の役の大インフレである。政府権限による制限なき政府紙幣の発行で、当初発行の太政官札=1億1900万円が、一気に1億6900万円に膨れ上がった。庶民感覚としては、いくらでも札束を発行する政府紙幣に対する価値観喪失が、通貨価値を一気に下落させてしまった。それが端的に現れたのが100円秩禄公債が60円にまで大暴落した現実である。今で言うなら、下落分40円の金利は40%に跳ね上がったという計算になる。通貨に対する大衆の無言の感覚は、高橋是清が禁じ手の日銀国債直接引き受けをやって、円札をばらまいた時にも嗅覚が敏感に働き、インフレを起こしている。その庶民感覚の原理は、今でも変わらないだろう。

何の裏付けもなかった明治の政府紙幣、一方で経済財政の必要を満たす側面もあったが、やはり通貨の原理を見誤ったことが、明治初期の政府を悩ませるインフレとなってしまった。その結果、維新後わずか9年目に、政府紙幣は銀貨1円に対し1円80銭まで暴落、新貨2円は銀貨1円にまで、これも50%もの大暴落。

政府は遂に、紙幣発行の分離をせざるを得なくなり、中央銀行の設立を検討、松方正義大蔵卿を初代総裁とする日本銀行を設立するこになった。その手ほどきは英仏ロスチャイルドによってなされたことは何度も書いたことで、彼らの長期戦略に乗った中央銀行の設立ではあったが、その功罪は別ラインの問題であり、松方政策は通貨価値の回復に注力、その為の緊縮財政が松方デフレと批判されるようになるのだが、とにかくインフレ停止には通貨価値の回復しかないとして、当時の輸出入銀行であった横浜正金銀行(=後の外為銀行である東京銀行の前身)の輸出前貸し金融にもメスを入れる厳しさであったと記されている。

どういうことかと言うと、通貨価値の回復には、貿易収支の回復も大きな要素になる、それが横浜正金銀行による事前の、貿易金融融資に甘えて輸出検査を甘くしたままでの輸出商品が、現地到着後に粗悪さが指摘されていることを重く見、荷為替手形発行の引き受けを厳しくすることになったのである。そのような規制は政府でなく、銀行の銀行を創る事で阻止しようとした。

貿易も自由、為替も自由化された今日においては、想像もできない状況ではあったのだが、為替管理法などの規制がまだ残っていた最後の時代を経験した者にとっては、明治時代の様子も何となく実感できる。

松方正義による中央銀行・日銀創設の趣意は5項目に示されているのだが、その5番目に「中央銀行は、ポンド、ドル、フランの外貨建て手形、すなわち外国為替手形を割り引いて、金貨、銀貨を収集する」ことを目的とすることによっても、わが国の通貨価値を強い物にしようとする意図があったと思われ、その手段として上述の輸出信用回復にも注力したものと思う。

原理は単純なことで、彼我の通貨価値をいかに守るかという一点にあった。だが政府紙幣発行の初期時点では、開国によって国際化はしたものの、その諸関係要素によって受ける通貨価値の影響計量ができなかったのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存