ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

風化した財政破綻の歴史(6)>遠因は戦前からの戦争協力が招いた。 ( No.548 )
日時: 2015/09/02 04:45
名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

昨日の国民運動になった全国に及ぶデモ、今日から参院での安保法案の審議が継続されるが、シンゾーはそれでも成立に突き進む公算が強い。同胞よりもアメリカが大事なのだから、対米公約実現に邁進する。

福島原発事故の時、トモダチ作戦と称して、実際は放射能測定を含む原発事故の詳細データー収集が目的であったろう、だが自らも被爆していた原子力空母ロナルド・レーガンが横須賀基地へ再入港するらしい、まさか大きくなって来た安保反対国民運動を監視する為ではないだろうが、この費用も日米地位協定に基づき我が国が負担する。

戦争財政は財政規律を壊してしまう、ヒトラー潰しのような已むを得ぬ正義の戦争もあったが、でも戦争はいずこの国でも財政を破綻させる同じ現象が起る。このタイトルでシリーズ的に投稿している内容も、明治以来の富国強兵政策が財政負担を大きくし、挙句に金融制度を破壊し、放漫財政体質をこの国に根付かせてしまった。

人口増加と共に社会保障費が漸増し、それが財政を破壊しつつあるとの官僚によるプロパガンダ、それ以前に放漫財政を根付かせてしまったのは、戦前からの戦争財政ではなかったか・・・資本主義制度の下では戦争は、景気をよくするとかの見解もよく耳にするが、それは当事国でない場合だけである。

前稿でほんの少し第一次大戦後の好景気→世界大恐慌の史実に触れたが、米日ともに戦場ではなかったお蔭で、荒廃せず、欧州にどんどん物資を買ってもらって好景気に浮かれ、そのうち欧州が復活してくると買ってくれていた貿易がしぼんでしまって、世界中がどん底に落ちてしまった。

わが国では昭和恐慌と言われる悲惨な時代を迎えてしまった。株式市場の大暴落は、一時証券取引所を閉鎖せざるを得ない状況に追い込み、運悪く2年後の1923年(大正12年)に関東大震災に見舞われ、不況に追い打ちをかけてしまった。東北地方において子女売買が行われるような、ほんとに暗い時代に突入していったのである。

これを打開する方法として国家政策は、満州資源に目をつけて中国に進出。ここから高橋是清蔵相による放漫財政が始る。

その前に第一次大戦を巡っての世界各国による通貨価値維持戦争が起っていた。当時の金武兌換通貨制度の下ではどの国も、自国の金(カネでなくキン)保有に必死。第一次大戦勃発後の1917年、アメリカが金輸出禁止措置を取り、英国他も事実上金本位制通貨制度を停止している。

だがアメリカは、ドル威信を復活させる為に二年後には金本位制に復活、金解禁を行ったが我が国は既に満州支配の政策に着手しており、中国内部に日本軍支援網をめぐらす資金の為に、金解禁はしなかった。1920年ころから日中戦争開始に至るまでの日本財政政策はめまぐるしいものであった。

前の投稿でも書いたように、右翼政党の政友会軍事政権であった田中義一内閣が高橋是清を蔵相として起用し、対中国進出のための財政大判振る舞いをさせようとしたが、関東軍による張作霖爆殺事件で、その関東軍の処分に躊躇して内閣崩壊。

次の民政党浜口内閣における井上準之助蔵相が金兌換円を復活させたが、右翼の児玉誉士夫に監禁されたり浜口首相自身が東京駅で狙撃されたりで、対国際関係穏便派は、ことごとく妨害に出会っている。今のシンゾー右翼ジミンのようなものだ、元祖は全て大正時代から昭和初期に居たのである(笑)。戦争に向かう財政もしかりである。

金解禁によるデフレ政策に反対した軍部と政友会は、民政党潰しにかかり、1931年(昭和6年)12月に再び政友会・犬養総裁に組閣の大命が下り、犬養は早速に大風呂敷財政の高橋是清を再び蔵相に戻した。

ここで禁じ手である政府国債を日銀に直接引受させる暴挙に出たのである。これは放漫財政の極致と言われる政策である。それには伏線があった。組閣3カ月前に、ロンドンで発行していた4分利付き英貨公債が、張作霖爆殺に続く柳条湖事件の勃発により、世界の目が日本軍国主義への道を歩き出したとして、額面の6割にまで暴落。単純に言うなら利回り40%じゃないと誰も引き受けませんよ、そういうしっぺ返しを受けたのである。

ではどうするか、紙幣を日本国内で印刷するしか手がない。日銀券でなく政府紙幣を発行したらどうかとの発議もあったようだが、明治維新後の戦争通貨・太政官札による信頼無き紙幣での超インフレの再発が怖い。そして仮にも外国引受のチャンスが出た時でも、政府紙幣ではどこも引き受け手はない。

似たような影響が出る事も予想されたが、とにかくもう中国で銃口を開いてしまったのだからもたもたしていてはだめだ。そして禁じ手の日銀に直接政府借用書を買わせ始めたのである。物価は翌年11%、二年後に15%上昇。そこで高橋は、印刷円をばら撒くと同時に密かに、その円を日銀に戻す国債売りオペもやったから、3年後にはインフレ率は4%程度まで抑え込んだ。

日銀券でなく政府紙幣・太政官札ではやれないことくらい分かっている高橋他の財政家、それでも仮に太政官札でやっていたらどうなったか・・・政府紙幣は金利もヘッタクレも何も無い図画印刷物なのだから金利で調整することもできない。では公債で誰かにメリットを与えてはどうかとのトンマな考えでは、そもそもそうしたくないから政府紙幣にしてる訳なのだから、全く意味がなく、誰も信用しない故の青天井のインフレを制御する装置は何も無いのである。そして対ドル、対ポンドとの通貨調整のための通貨操作も不能となり、これを受け取る外国は、通貨価値が測定できずに、円は通貨でなくなってしまうのである。

結局、日銀券であったから国際的にはまだ評価基準があって、それでも外貨建て国債が下げ続け=円安が止まらず、なのに犬養内閣が円の5分の1切り下げをやったものだから、国際金融市場で大騒動になり、100円=$30が、$26にまで大暴落。

それでも高橋は、超金融緩和政策上、副作用は止むを得ないとし、円安による資本逃避に対しては「資本逃避防止法」まで立法して、二律背反の政策を続けた。言うなれば、風邪をひかせておいて、窓から薬が逃げないようにしただけで、薬より強い風邪菌は培養したままに放置したのである(笑)。

だが禁じ手政策の副作用は、バカでもないから分かっていたのであろう、徐々に出口=日銀直接国債買いの暴挙をやめる出口を模索し、それは軍部による予算増額要求を抑える姿勢に現れ始めたのであるが、1936年(昭和11年)2月26日、所謂2:26事件で軍に射殺されてしまった。その後のデタラメ財政は坂を転げ落ちるように規律を無くしてしまい、その年のインフレ率は21%にまで上昇。そこから太平洋戦争に至る目茶苦茶財政が続き、昨日投稿したように、国民資産預金封鎖によってしか、清算不能となる目茶苦茶国家に転落して行ったのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存