ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ガチョウに無理矢理エサを詰め込むフオアグラ製造が如き金融政策 ( No.695 )
日時: 2016/01/30 16:38
名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

約2.5か月に亘る地獄のような闘病、気がついたらまだ生きていました(笑)。でもまだ頭が朦朧として、時々意識が沈殿してしまうようで、意識が戻る時にしか書けません。それにしても退院後に最初に遭遇したのが、シンゾー取り巻きの甘利大臣の不祥事、アベノミクスを担う重要閣僚であるから、ここでアベノミクスを挫折させてなるものかと、日銀黒田に効果も期待できない追加金融政策を発動させた。こんな有り様を見るなら、意識も沈殿させたままの方が、良かったと思います。

これまでと同じ批判を繰り返しますが、日銀黒田バズカー砲と囃されて始まった超金融緩和政策。スタートしてかなりの時間が経過したが物価の上昇も無いデフレ傾向が続いているものだから、暴落した株価支えの目論見も兼ねて日銀は新たな金融緩和政策に踏み切った。

その方法は、これまで市中金融機関が保有する国債を日銀が大量に買上げ、その代金の一部を日銀当座勘定に預けさせ、それに対し僅か0.1%の金利を付けていた。ただ同然の金利だから、市中金融機関は貰いが少なく、ならば預け金そのものまで、貸し出しに回し経済活性化が見込まれるとしたのだが、どっこい貸し出しは増える傾向にならなかった。

そこで日銀は、預かり当座預金の金利をマイナスにすれば、つまり市中金融機関が借り出さないならば逆に手数料として0.1%日銀が銀行から徴収するという手段に出た。これなら銀行も当座勘定から資金を引き出し、市中への貸し出しも増えて、経済が活性化するとの目論見である。ただそんなことしても、銀行の僅かの利益が上下するだけで、むしろ銀行はリスクを警戒するだろう。

シンゾー政権は遮二無二、アベノミクスを推進することが内閣の命と思っているからには、中央銀行の独立性はとっくの昔に捨て去って、政権のポチに成り下がった日銀としては、何が何でもシンゾー政権を支えねばならない。

だがこれまでの実績を見ても、物価はインタゲ2%の目標にも達せず、実質賃金も一部大企業だけが上昇しただけで、実質家計生活状況も全体としてさっぱり伸びていない。

なのにシンゾー政権は年初に、アベノミクスによりデフレは脱却したと大向を張ったくせに、一昨日、経済司令塔である甘利大臣の不祥事に際し、アベノミクスは正念場を迎えているこの時に甘利大臣の辞任は認めない、引き続き司令塔としての職務に専念して貰うと宣まっていた。

アベノミクスによりデフレ脱却したとの宣言は、単なる見栄を張っていただけで、実態は何も変わっていないから、次には正念場にあると本音を曝け出し、具体的な手法は日銀に押し付けたのであろう。その日銀腹クロ総裁も、今年後半にはインタゲ2%を達成すると言いながら、マイナス金利発表と同時に、そのインタゲ実現時期も来年中に先送りしてしまった。(笑)

シンゾーを取り巻く一派って、ほんとに何が分かっているのであろう(笑)。経済構造の世界規模での行き詰まりについて、何も解っていない。取り巻く御用学者どもも、一時の現象として応急処置をどうするか、小手先の事にしか頭が回らない。

世界三大珍味の一つにフオアグラがある。ガチョウに腹一杯エサを詰め込んで肝臓を肥大させて取り出す珍味である。正統派はガチョウを苦しめ傷めずにフオアグラを育成して取り出すそうだが、そうでない者は、無理矢理エサを口から詰め込んで、元も子も無くしてしまうケースもあるとか・・・
アベノミクスによる通貨のばら撒きは、これに似ていないか?これでもか、これでもかと通貨を市中に詰め込んでいる様は、フオアグラ製造と似ている。そこには何の効果も生じていない。このまま続けば大きな副作用が出るだけで、日銀ともあろう者が、企業よ、お金はふんだんに注ぎ込んでいるのだから、頼むから設備投資をやってくれとお願いする無様な姿を晒らけだしている。

経団連もそうである。個別企業に対し賃上げを行えと、人為的な手法しか取れない。

何故、企業が生産投資しないか、その素人でも分かる経済構造を解っていないのだろうか?世界的に需要限界の時代に突入し、需要が衰退し始め、そこえ中国の成長破綻の兆しが出て、そして中東産油国が原油市場の暴落で株式売却に走り始めた世界経済の構造変化の下で、お金だけを注ぎ込んでも効果が無いこと位、分からないものだろうか。金融市場では株価が下がると円高に振れる奇妙な現象が出ている。ジャブつく円を市中に流すだけの円価値毀損が、そうならずに何とか信用を維持しているのは、投資(投機)資金というものが、リスクオンの市場から逃げ出す時、例えば株式市場が暴落に転じた場合、リスク資産を売って安全資産に逃避する。現状では逃避場所が円になっているだけのことである。一時的な現象に過ぎない。円の真の力が強くなって円高になっているのではない。

では何故金融投資資金は「円」を安全資産として円買いに走るのか・・・それは円市場が他通貨比、比較的整備されており、中国のように市場原則を無視して政府権力がサーキットブレーカとして突然に元通貨流通に制限を掛けるようなことはしないと信用されているからである。

逆にアベノミクスで円安傾向が続き、輸出企業が儲かっていることだけを囃しても、海外直接投資先での利益は、現地通貨比円安でかなり目減りしている筈である。

いずれにしても今回の日銀追加金融政策に対し、海外有力経済マスコミは、批判する傾向が強い。
い。米WSJは、黒田はバズカー砲を連発しても、効果が出ないことに不安を覚え、その不安を払拭するために第三次緩和に走ったと酷評。英FTは、日銀当座預金を全額マイナス金利にするのではなく、大半はプラス金利となっており、ブレーキとアクセルが同時作用し、効果は疑問視されると。

最も本質を突いた論評は、英BBC放送である。黒田総裁は、投資家を驚かせることで知られている、としてサプライズ効果で株価が上昇したことを伝えたものの、「企業が必要としているのはお金ではなく投資機会であり、必要なのは金融政策でなく構造改革だ」と指摘している。

このような的を突いた指摘をするマスコミ、識者が一人も居ないのが、ニッポンなのである。逆に甘利の潔い決断として、それを褒める風潮と同じレベルで、アベノミクスの根本を、日銀政策の根本を見直す事より、暴落中の株式下落を一時的に止めた事を称賛する風潮が強い。これがニッポンなのである。

でも英BBCが指摘する構造改革とて、私的資本主義の構造の限界を暗示しているとも言えない。世界経済の行き詰まり現象は、需要減退の他に最も根本的な要因は、私的資本主義なるものは、私的利潤確保とその蓄積が命題であり、例え社会貢献であっても、私的資本の命題を突破してまで構造を変える事は出来ない。ここを何とかしないと、同じことを繰り返すだけだろう。

デフレから脱却できない最大の要因は、生活者の将来不安が日増しに強くなっている事ではないか。それを払拭する政策も無で、お金だけを使えとする政策の不毛さに気がつかない稚拙さ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存