ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(5)>我が国通貨発行は、事実上政府権力で行われて来た ( No.801 )
日時: 2016/03/09 14:06
名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

維新前の徳川幕府時代は正に政治権力が通貨を発行し、その政治的恣意によって貨幣が改鋳されるなど、政治権力の都合次第でいかようにも通貨の交換価値が変えられた。

日本銀行創立前の維新前期でも、通貨は太政官札として政府権限によって発行され、政治的誘惑が通貨価値を歪めてしまった歴史もある。

日銀創設以降は、日銀総裁と内閣総理大臣がたすき掛けで交互に就任するなど、中央銀行独自の通貨発行権など持ち合わせてもおらず、政治が事実上、政治的思惑によって通貨発行を操作してきている。

中央銀行が事実上政治権力に支配され、政治的恣意によって金融政策をやることの、歴史的弊害が考慮されたのは、GHQによる一時的占領期間だけのことではなかったか。そのGHQですら、江戸幕府時代にその源を持ち、全国に広がっていた金銀扱いの本両替商と銭替え商から始まり、維新では米制度をマネし、日銀創立後は英方式を取り入れた、複雑な日本の金融制度が理解できなかったようだ。

いずれにせよ、通貨発行については事実上政府がその権力を握っていた事実は、よく分析したのであろう、おびただしい政府関係公庫の整理を強権によって始めている。だが米ソ冷戦に日本を組み入れるために、GHQが、民主化を第一義にした占領政策のタガが緩み始め、金融システムについても政府権力を強化しておいた方が何かと都合が良い・・・現にその後は、大蔵省の天下り先が日銀総裁の椅子となり、批判が強まり具合悪くなってきたものだから、一回おきに日銀出身者に総裁をやらせただけで、事実上は、大蔵省→財務省が通貨発行を管轄しているに等しいシステムになってしまった。今更政府に権限を与えよなどと事実誤認する者が、政府紙幣発行を求める。肝心の政府当局はその副作用がどういうものか先刻分かっているから、できないだけのことであって、中央銀行が国際金融マフイアに支配されているからではない。中央銀行がユダ菌に支配されているから、通貨面で経済の足かせになっているとする者たちは、むしろ政府の方が支配されている現実を知らないのである。

その歴史的順番に従って少し振り返って見ると、やはり目を引くのが、政治失政を通貨改鋳でスリ抜けようとした田沼意次を初め、天保の改革と言われた貨幣改鋳でも、時の権力は財政逼迫を通貨価値を低めるような手法で切り抜けて来ている。

江戸中期の旗本・田沼意次時代に、世界の金支配者・デルバンコのことを既に知っていたかどうかについては、定かではない。世界の民衆一般が、財の交換に使用する通貨は、金銀だとする本能的な価値観を江戸幕府も分かっているが故に、大判小判を通貨としたのであろう。そしてある範囲において科学的計算に立って、金銀の含有量を変えれば、財政操作も可能だと知っていたのであろう。

何故か数年毎に出てくる現在の政府紙幣発行論・・・これも通貨価値から目をそらさせ、財政責任から逃れるための巧妙なテクニックであろう。幕府末期天保の貨幣改悪鋳と本質は同じ策謀に基づくものであろう。

1830年(天保4年)の改鋳などは、幕府財政の元である米が大不作で、天保の大飢饉と言われる不作に端を発した幕府財政の悪化、この時幕府は、改鋳に乗じて貨幣価値を減らすべく金銀の含有量を削ったものだから、嗅覚の利く民衆は、飢饉に追い打ちをかけるように貨幣に対する信用を無くし、大インフレを起こしてしまっている。百姓一揆が絶えなかったようである。

副作用も計算できないのに、財政改善の為にはこれこれの金銀含有量を減らせば良いとの、ある種の科学的計算はできたのだろう。天保8年・1837年の改鋳益は69%にもなり、つまり貨幣の改悪鋳によって政府財政は69%も改善できたという話である。

だがその科学的計算は間が抜けていた。金の確保に比べて比較的容易であった銀に重きを置き、銀貨を多用、その為に銀貨の価値を上げて金銀比価を3倍、つまり銀高の方向で改鋳を行ったものだから、国際金融筋、特にロンドン筋は一斉にメキシコ銀買に走り、銀が高く売れる日本で銀を売り、その資金で金を買ってロンドンに持ち込み、ボロ儲けしたのである。

何故か、当時のロンドンにおける金銀比価は15倍だったからである。我が国からは激しい金の流出が起ってしまった。こういう所に、デルバンコ他の、現在ではゴールドマンサックス辺りになろうか、国際金融筋に、まさしく科学的に合理的に計算された手法によって食われてしまうのである。その歴史的原点は今も続いている。目が節穴どころか現在では、政府自らが率先して生贄になることに快感でも覚えるのだろうか、目を覆うような貢が激しい。

そしてそのような政府に通貨発行権を持たせないから、何事もうまく行かないのだという、信じられないような政府独裁を求める層が民衆にも根強く存在している。幕末天保時代のような貨幣改悪鋳を願って専制的政治を求めるから、同時に政府権限によるシニョレッジに憧憬を抱くのだろうか?・・・世界だけでなく我が国でも下手な金融システムは国際筋に狙われてしまう歴史を知った上での事だろうから、とするなら、これはヒトラーの遺言を信奉し、独裁専制を希求して止まない右翼筋からの願望ということになってくる。

この種の層は、葉面的には社会状況を憂いていながら、実のところ本音部分では独裁者を待ち望んでいる。2・26事件の本質にも似たりである。禁じ手である日銀による政府国債直接引き受けをもやった高橋是清蔵相が、それでも最後の段階では、これ以上のロスチャイルドからの軍事費借金はダメ、これ以上の政府借金である国債を日銀に買わせる政策もここまでとして、軍事費予算の増額を認めなかった為に、軍部に暗殺されてしまった。

今のアベシンゾーを見てごらんなさい。維持費を含めて4.4兆円にも上るあの欠陥オスプレイ、まだ数機しか現物は納入されていないのに、代金はどんどん払っている。米軍思いやり予算も133億円増しの約9500億円に達し、ドイツの三倍、他の米同盟国26カ国合計額よりも多くなって、だが国内では社会保障費削減の嵐が吹き荒れているというのに、豪州への潜水艦売り込みに反対の声も上がらないことと同じレベルで、民衆も鈍感なのである。

話が国際金融筋に食われっぱなしの歴史からズレたが、今や、軍事マフイアまでが重なって来た。だが何事もないようなムードで政府権力の思うがままに事は運んでいる・・・これで未来を語る気になれる?。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存