ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(6)>歴史は繰り返す。 ( No.804 )
日時: 2016/03/10 11:01
名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

繰り返す歴史、繰り返して当然である。共生、公共資本に変わりもせずに、私的資本が私的利潤追求を命題とする社会のコアになっている以上、そしてこの構造を変えたくない者たちが存在する以上、同じことが繰り返される。格差が広がって当然なのに、資本主義を擁護するものたちが、それを嘆くという、実に奇妙な精神構造社会が、この国の特徴なのである。そして革命だと言い出す(笑)、支離滅裂さ。

革命を叫びながら、同じことを繰り返すこの国の歴史を見ていると、革命を叫びながら、何を革命しようとしたのかさっぱり分からないあの維新の根と、同根のようなゲノムが営々と生きている。維新とは一体何だったのかと、何を革命しようとしたのか、新時代を求めるものなら、もっと明確な国の形の青写真くらいあっても良さそうなものだが、史実を読む限り、攘夷に対抗するだけの、あるいは旧幕藩体制から抜け出そうとするだけの変革でしかなかったように思える。要するに西欧資本主義を導入したに過ぎない。

通貨制度しかりである。金銀比価についても国際市場のことが全然考慮もされずに決められ、長州征伐で借金の塊を残した幕府の負の遺産を受けた新政府にせよ、まあ他所を見てから考えようや、ということで漠然と、しかも二年弱もかけて岩倉視察団が外遊。

フランス人は走る前に考える、イギリス人は走りながら考える、スペイン人は走ってしまった後で考える、とのジョークに例えるなら、日本人はどのタイプに該当するのだろう。どれにも当てはまらないと思う。維新では志士たちがそれぞれの新たな思いは持っていたのかも知れないが、国家として一つとして纏まった青写真などは、全く持合わせてもいなかったように思える。それが欧米列強の草刈り場になった原因でもあろうか・・・そのゲノムが未だに続いている。こんなにあっさりと貢迎合外交をやる国って、他にあるか、そしてその政治権力を他よりましだとして温存する国民性、嘆く本質を全く取り違えてしまっている・・・

欧米の金融システムは、どうもよく分からない、まあとにかく行ってみようであないかと出かけた岩倉使節団御一行46名。幹部は・・・・・

団長:岩倉具視(京都公家)
大蔵卿:大久保利通(薩摩)
工部大輔:伊藤博文(長州)
参議:木戸孝允(長州)

「岩倉使節団という冒険」なる歴史書物によれば、船中でもあれこれ議論されたようだが、何しろ前代未聞の制度に関することだから、とにかく向こうに着いてからの事にしようと(笑)なって、アメリカでは200日にも亘って熱烈歓迎を受けたものだから、長々と居座ってしまい、これがアメリカ型銀行制度を受け入れる素地になったとか(笑)。でも英国武器の独占輸入権をもらっていた薩摩としては、やはり英国にも行って勉強しようとなって、アメリカの後にロンドンまで足を延ばしたはいいが、怪しげな小さい銀行に騙されて旅費所持金を無くしてしまったものだから、滞在が120日にも及んだと記されている。そして母国では前に記したように薩長土肥の権力争いが、朝鮮問題に絡んで表面化していた。

このようなドタバタの最中に、通貨問題では間抜けなことをやっていた。
銀貨幣の価値を金銀比価で3倍にまで上げたはよかったが、国際金融の中心地ロンドンでは、その比価は15倍。バカでも無い限りそのようなボロ儲けできる比価を黙って見過ごす筈が無い。

国内に居留していた外人が、母国での通貨価値基準は変わってもいないから悲鳴を上げ出す。

アメリカ公使のハリスが先ず、改鋳比価に対し猛反対の声を上げ始める(所謂ハリスショック)。政府幕府はどう対処したのか、何と、金銀実質比価の差を拡大するために今度は逆に、金の含有量を減らす策に出たのである(笑)。具体的には1両当たりの金の含有量を、天保小判の1/3に減らした万延小判を発行し、これで国際金銀比価15倍の相場に何とか近づけるというインチキをやったのである。

その結果、嗅覚に敏感な民衆の貨幣価値不信用が13%のインフレを招き、経済生活が悪化したと日本財政史に記されている。別に物資が不足した結果のインフレでもなかった。通貨のいじくり方一つで、かくも物価が変動するのである。インフレの発生の仕方は多様であり、何が原因となるかは分かったものではないが、昨今のルーブル危機によるインフレにせよ、国家財政の生命線である原油下落が、回り回ってルーブル通貨の価値を下落させてしまっている。

インフレだけが通貨増刷発行の問題点でもない。それ以前に、人間の価値観なるものによって社会、経済システムが保てなくなる事の方が、事は重大なのである。利潤追求が唯一のシステムであるなら、そして政府がその代弁者である限り、一部だけが生き残れる形で、その限界は必ずやって来る、その兆しは既に出ている、それを解決する手法として、図画工作的製造で政府が紙幣を創れば良いとする単純さである。それ以前に何が矛盾の本質なのか、そこまで頭が回らない。矛盾の根を温存しておきながら革命を言うのである(笑)。

政治的誘惑が多い政府紙幣で事は解決するというなら、既にオカネイジリの権限を持っている政府の事、さっさとやってしまえば良いのに、国民もそれを支持しているのだろうから、やれば良いのにそれが出来ないでいる。私的資本主義の番頭であるから、出来る筈が無い。だから超金融緩和をやっても国民全体への波及効果が出ない。日銀ブタ積ばかりが増えるのは、肝心の最終蛇口を開くことができないからである。ムードでインフレにするぞと脅かせばインフレになると思っているだけで、やってしまったらどうなるかの恐怖感が捨てきれないのである。最終的には事がどうなるか分かっているのである。だから蛇口を開けない。

中央銀行制度出発時点では、国際金融資本の思惑によって、通貨の実質支配権が国家覇権の動向まで差配する構造があったが、少なくとも我が国では敗戦を契機に、何故中央銀行の独立性が必要かの本質に立った、結果オーライではあるが、一応その目的に沿った運用が相互牽制システムとしては出来ている。政府政治誘惑による暴走も、それに加担する官僚出身の総裁が居て危ない限りだが、ギリギリの線で何とか食い止めている。だが巷間では血気にはやる右翼思考の連中による政府に通貨独裁を求める声が後を絶たない。それを実行したら恐らくIMFやスイスバーゼルクラブからの何らかの制裁が起るだろう。だが頭に血が上った連中には、「志」「神道」なる字が焼き付いてしまえば、教条を掲げて四角四面となり、合理的検証など頭から抜けてしまって、また攘夷を叫び、けだかき富士を仰ぎ見た途端に、天誅とばかりにいつか来た道を走り出すのだ(笑)。あるいは中世封建時代のように、領主様によるシニョレッジに戻りたい夢でも見ているのかも知れない。

そして政治は政治で、矛盾に拍車をかけるような政策を行う。日本食を世界に広める、農業を成長に取り込むと言いながら一方で、大集約化、労働、雇用を排除してしまうような道を開くに等しいTPP政策を推進しおる(笑)。そして国民は猫の額のような狭い農地で、新種のダイコンやカボチャ栽培に成功して喜んでいる。私的資本の丁稚小僧的政治が長続きする構造は、健全なのである(笑)。政府紙幣論者は、グローバリゼイションが必然の動向として、その矛盾について何も言わない。グロービリゼイションなどと言う思想は、自然発生的に生じたものではなく、多国籍企業が意図的に仕組んだ新たな構造であることも知らずに、だからTPPと政府政策の矛盾には触れもしないのである(笑)。グローバリゼイションは人類によって自然発生したものではないことは、ジャパンハンドラーズの有力者の一人であるハーヴァードのジョセフ・ナイ教授が一部反省も込めて自ら述べている。アメリカは(多国籍企業は)余りにも相手国の文化伝統を無視してやり過ぎた、これからは相手国構造にも合わせた「ソフトパワー」的推進を心がけるべきだと・・・明確に多国籍企業が仕掛けたことであると、その思想的外交中枢に居るものが自ら白状しているのである。

実に歴史は繰り返すとはよく言ったもので、現実の市場も含む国際関係には目が行かず、通貨発行権についてもせっかくユダ菌的通貨支配構造から抜け出て本来の通貨価値維持の制度に近づいた我が国の相互牽制システムまで崩して、態々政府独裁を望む。それは右翼的単純維新ゲノムが未だに生存しているからだろう。アベシンゾーをまだましだとして支持する一派、あの満州事変、太平洋戦争にまで突き進んだ右翼的軍部思想にも通じるものが脈打っている。

もし政府権限通貨発行に切り替えてIMFやスイスバーゼルクラブが何らかのイチャモンを付けてきたら、攘夷!とばかりに真珠湾攻撃の時のように奇襲攻撃でもかけそうな勢いである(笑)。

次項で、右翼軍部が暗殺した高橋是清蔵相に触れながらレビューして見よう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存